こんにちは!

今日は、浸水で修理の必要になったウェーダーの修理対応に関するお話しです。


少し前に、浸水で使えなくなった

マズメさんのブーツフット・フルオープン・ウェーダーですが

その後、オレンジ・ブルーさんに直接相談をすると

修理対応していただけるとのことで

入院させていました。


補修箇所の確認結果がすぐにメールにて送られてきました。

非常に早い対応でした。


浸水の原因は、てっきりウェーダーの生地か、長靴との接合部だと思っていたのですが

確認してもらうと

なんと、長靴のつま先の部分が裂けているとのこと

荒磯を歩き回った訳でもないので

まさか、長靴部分がダメになるとは思っても見てませんでしたが

ゴロタ浜を歩き回っていたので

その中で、傷が入り裂けたのかと(^^;;

補修前の状態はこれ

修理しなかった方の足です。

それほど使い込んでいないことは

つま先のフェルトの減り具合でわかるかと思います。

20150420_1



で、補修後はこれ

思いっきり、つま先部分ですね (^^;

20150420_2



自転車のパンク補修材的な感じのものが貼り付けられています。

ダメな箇所が自分でわかっていれば

自己補修できそうな感じもしますが(^^;;

とりあえずこれで、一安心



気になる修理代は、3000円でした。

※実際には、これに着払いでの手数料等が掛かりました。


本体の値段を考えると

これで治ってくれたのならOKでしょうか。



また、今回の修理劇の副産物として??

この子の入院中に

とりあえずで購入した、PROXのネオプレンウェーダーですが

寒い季節に、ネオプレンの保温効果を十分体感させてもらいました。

冬のウェーディング用に

ネオプレンのウェーダーはアリかな?

と感じています。

水に浸かっている部分の冷たさが、普通のウェーダーと全然違いしたし

生地がある程度伸びるので

サイズぴったりでも、快適に歩き回る事が出来ました。

さぁ、これからのウェーディングのシーズンが改めて楽しみです。

エイだけは気をつけないと (^^;;





■NABRA Chase Fishing TOP へ