こんにちは!

今回は、最近、NEWロッドが増えてきたこともあり

改めて、ロッドの初期メンテナンスの話しです。


ガイドや、ティップ部分にフッ素コートや、ボナンザスプレー

と言うのは、良く聞きますし、されている方も多いかと思います。

が、意外と気にされていない部分が

ロッドの継ぎ目のメンテナンスです。



スピゴットフェルール、印籠継?

シーバスもライトゲームも、ほとんどが2ピース以上のロッドかと思います。

バス用ロッドのように短くないこともあり

車に積む時は、基本は、バラシてたたんで積みますね。

と言うことは、ほぼ毎回、継ぎ目は、継いだり、抜いたりを繰り返します。

ほとんどの場合が、ティップ側にバット側を差し込むタイプかと。

これを繰り返すことで

気付かない間にバット側の樹脂は徐々に削れて痩せてくるのです。


これを更に放置し続けると

接合部が甘くなり、スッポスポになってしまい

キャストの度にズレたり、回ったりすることになります。

いわゆる、肉痩せ です。

そこで、これを事前に防ぐのが

フェルールワックス、と言うグッズです。

私の知る限りでは、3社ほどから出ています。

例としては、スミスさんや、ティムコさんがメジャーかと。

・スミス社製
スミス~1


・ティムコ社製
20150414_2_tiemc



どれも、見た目はほぼ同じで

リップスティックのような感じです。

これを、バット側の継ぎ目にうす~~く塗ります。

いわゆる、ロウのような素材感なので

塗り過ぎると、差し込みにくくなりますし

抜けにくくなります。

こんな感じで、ソフトにこすり付けてあげるだけでOKです。
20150414_3


これで、ベースの樹脂部分の肉痩せが回避できるので

肉痩せに気付いてからでも遅くはないのですが

できれば、事前にメンテしておいて回避したいですよね。

高いグッズではないので、ひとつ持っておいて損は無いかと思います~



■NABRA Chase Fishing TOP へ


■スミス フェルールワックス


■ティムコ フェルールワックス