こんにちは!
 

夏も終わったので、親水公園シリーズはまた来年に持ち越しですが、【子供の遊び場】シリーズとして、虫の好きなお子さんが居られる方は特に楽しめる、伊丹市昆虫館を紹介してみます。

場所は、兵庫県伊丹市の昆陽池公園の敷地の中に施設があります。
それほど大きな施設ではありませんが、蝶の飼育ではかなり有名なようです。

後で書きますが、蝶のサナギを常時展示していて、展示中に羽化する事があり、運が良ければサナギが蝶になるシーンを実際に見る事ができます。

公演の入り口に駐車場があり、そこから池の外周に遊歩道があり森のトンネルのようになっています。その森の中を抜けて、昆虫館に行くのですが、既に涼しくなっていると言いつつ、森のトンネルは非常に涼しくて気持ちがいいです。

森のトンネルを抜けると目当ての昆虫館の施設が見えてきます。入り口は、こんな感じ。花壇も綺麗に手入れされています。



横に見えるガラス張りの温室のような所で蝶を放し飼いにしています。

中に入ると、森のオブジェがあり、そこにいろんな昆虫の模型が隠れています。
更にその奥には、かなり大きなミツバチのオブジェが(^^;
後ろの操作パネルで左右に動かして遊ぶことができます。
結構リアルで、大人でもちょっとビビります。
そして、一階の奥には特設のイベントホールがあり、いろいろな企画イベントが行われています。


テーマが昆虫だけに、暖かい時期はいろんなテーマ目白押しですが、冬場は若干、ネタが寂しい気はします(^^;
この日は、世界のカブト虫や、クワガタ虫が展示されていました。
数年前には、クワガタや外国産カブトのブリードもしていたので、ファンにはヨダレもののクワカブが勢ぞろいしています。

ニジイロクワガタは、クワガタと言いつつ、カブトムシのような性格でした。見た目の珍しさに反して、ブリードは意外と簡単でした。
 

知らない人は居ないのでは?と思えるほどメジャーな、ヘラクレスオオカブト。やはり、風格はキング・オブ・カブトムシと言う感じですね。かっこいいの一言です。ブリードは、幼虫の期間が若干長いので、カブトムシにしては繁殖が難しい部類でしょうか?

最近では、ちょっと力の入ったペットショップに行けば、様々な外国のクワカブを見る事は出来ますが、ちゃんと見えるように、綺麗に飾られているので、見ていても楽しいですね。

周りに昆虫が並んで見える装置?もあり、お子さんが字が読める歳になっていれば、いろんなクワカブの姿と名前を覚える事が出来るチャンスです。

そして施設の2階へは、階段やエレベーターでも上がれますが、先ほど書いた大きな温室内に坂の通路があり、その通路を通って蝶が乱舞する中を2階まで進みます。
非常に蝶との距離感は近いので、虫が苦手な方は、正直無理かもしれませんね。普通に体に蝶がとまりますし。

この日は、私はオオゴマダラと言う蝶に、服の卵を産みつけられました(^^;
何か変なフェロモンが出ていたのでしょうか??

2階には、図書館を兼ねたホールがあり、例の蝶の蛹が展示されています。
この日も、1匹が羽化していました。

金色の、とても自然の中でできたモノとは思えない蛹も居たりして、大人でも充分勉強になります。


他には、小さなシアターのような施設もあり、日に何回か、テーマを決めた昆虫関連の映像を見る事ができます。
上演時間は5〜7分くらいなので、小さなお子さんでも我慢できると思います。

以上、興味がある方は、一度行かれてはいかがでしょうか?
市営なので入場料も安いです。年間パスも安いので、私は上の子と年間パスを買ってます。

■NABRA Chase Fishing TOP へ