こんにちは!

今年はサヨリパターンが始まるのが少し遅かった感じがします。
11月に入って、ようやく?と言う感じでしたが、ここ数日を見ているともう終わり?と言う感じもします。




まぁ、去年が良すぎたので、これが普通に限りなく近いという感じもしますが、自分的にはそれなりに楽しませてもらった今年のサヨリパターンでした。

と言いつつ、まだ、今年のサヨリパターンを振り返るには少し早いので、まだ、もう一潮楽しめる可能性と期待を込めて、サヨリパターンで気をつけないといけないコツについて書いてみたいと思います。
 20151125_2

サヨリパターンの特徴を考えてみる

サヨリパターンの攻め方のコツは前にも1度記事にしています。

■過去のサヨリパターン攻略に関する記事

コツは幾つかあるのですが、その幾つかの中でも、タックルや釣法ではない目線で、1つコツがあると考えています。

それは、サヨリそのもの、の攻略です。

サヨリパターンは、基本的にベイトがめちゃくちゃ集まっている時に釣るパターンなので、サヨリ対策が大事です。
これはカタクチイワシや、マイワシも同じですが、サヨリは特に対策が必要なパターンだと思っています。


私の経験上、フックに掛かったサヨリにバイトしてくるシーバスは皆無です。
やはり、動きの違和感がシーバスに伝わるんだと思います。

なので、ルアーにサヨリを引っ掛けるのは全く持って無意味です。

もっと言うと、サヨリがフックに掛かって暴れると、シーバスにプレッシャーを掛けるのでマイナス要素以外の何ものでもありません。
サヨリパターンで気を付けないといけないコツは、サヨリを引っ掛けない事なのです。
こんなことになっているようでは、シーバスのバイトはなかなか遠いです (^^;
20151125_1

サヨリのフッキング回避は止めればいい?

「そんなの、ゆっくり巻けば引っかからないんじゃないの?」と思われますよね?
そう思われる方は、あまりサヨリパターンをされたことがない方かも知れません。

残念ながら、サヨリの濃い場所を通すと、止めていてもサヨリが暴れると勝手にフッキングします。

そのまま放置して外れる時もありますが、多くの場合はそのまま引っかかったままで取れません。
しかも、放置するともっと悪い事態が発生します。

サヨリが暴れてラインが絡むのです。

サヨリパターンに関して良く受ける質問があるのですが

Q:サヨリパターンでは止めておくんですか?

A:答えはNOです。

止めておいたルアーに、たまに勘違いバイトもありますが、止めておくと、多くの場合は見切られます。
よく、止めてあるルアーの横でボイル、なんて事も多いのは、見切られていると思っています。

サヨリパターンの時期は、水温が急激に下がっている時期になるので、ほぼ毎年、水はスケスケの事がほとんどです。

余程、真っ暗でなければ、シーバスはルアーを視認して避けてくると思います。

更に止めておくと、先に書いた通り、サヨリが勝手に引っかかって、暴れてライントラブルにつながります。

なので、私はサヨリパターンでは、必ず巻いて動かします。
巻き速度は、その時により変えていますが、完全に止めてしまう事はほぼありません。

巻けば引っかかり易いサヨリパターンで、巻いても引っかけない。
これで気付かれる方も多いかと思いますが、これ以上は今回は書きません。
ただ、これがサヨリパターン攻略のひとつのコツだと思います。

地味な話しですが、皆さんも是非、フィールドで意識的に試してみて下さい。
これでシーバスのバイトを引き出せる確率は少しは上がると思います(^^

最後に コツ2はフックの選択

最後に、サヨリパターン攻略の2つ目のコツを書いておきます。

それは、使用するフックです。

私自身、サヨリパターンや大型のシーバスを意識的に狙う時は、【カルティバ スティンガートリプルエクストラ STX-58】を使うようにしています。
これは決して宣伝ではなく、実際に使って試してみてくれた釣り友さんも、80cm近いシーバスをゲットした際にSTX-58に助けられています。

本人からも、フックを替えておいて良かったと喜びを伝えてもらいました。

標準で付いていたテール側のフックは針が2本伸びていますが、センターのSTX-58は伸びていません。STX-58が伸びなかった為にランディングまで持ち込めたと言っていました。

(友人からの報告のLINEから引用)

サヨリをしっかり食っているシーバスは、とにかくコンディションが良いので引きが強烈です。

中途半端なフックでは、ドラグを締めたやり取りではフックが伸ばされてしまいます。
もちろん、ちゃんとフックのふところまで刺さってくれていればいいのですが、2本同時に引っかかったりすると力が分散して刺さらず、掛かった時は良くても、その後のやり取りで伸ばされてしまいます。

刺さり重視で言うなら、シングルフックのバーブレスが間違いなく刺さりはいいのですが、食ってき方が悪いとフッキングせずにルアーだえ弾かれてしまいますので、そう単純な話しでもありません。

サヨリパターンでビッグフィッシュをゲットしたいなら、フックに拘るのも、ひとつのコツ、というお話しでした。

カルティバ スティンガートリプルエクストラ STX-58
#6が基本でいいと思いますが、ルアーの浮力が高いなら#4もありですね。





■NABRA Chase Fishing TOP へ