こんにちは!

週末の釣行記です。土日はほぼ出撃できないので、実質、今週の釣りはこの日が最後。
さて、目標のサイズアップはなるのか?


思いの釣りをやり通す覚悟で

前日の釣りを参考にして、最初からフロートの釣りで開始します。

相変わらず、活性の高さは感じられませんが、潮が動くタイミングでは何らかの反応があります。

しかし、この日もバイトが小さくて浅い・・・

乗らないバイトに苦戦しつつ、何とか大きめのバイトをキャッチして1匹目をゲット。

しかし、とにかくバイトが浅い。

反転バイトのはずなのに、口の皮一枚に掛かっている状態。

これは、この日も苦戦すると思いつつ、大きなメバルのバイトを待って釣りを続けます。


前日にフロートごと持っていかれたようなサイズを待ちながら、小さいバイトも逃さないように集中して釣っていきますが、たまにいいアタリが出ても、どの魚も判をついたように20cm前後の魚。

どの魚も綺麗なメバルで、釣っていて気持ちいいのですが、残念ながら狙いの魚ではありません。


バイトは飽きない程度に出るのですが、とにかく乗らない。

何とか捻り出していきますが、周囲を回遊しているのか?どうなのか?

潮の動きのあるところへ移動するのか?

バイトが無くなると、一切反応が消えてしまいます。

それでも、食う時は、【サーティフォー オービー1.6in】のはなちらしカラーがコンスタントに魚を連れて帰ってきてくれます。

ジグヘッドが、ストリームヘッドorドライバーヘッドの形状で軽いものがあればいいのですが、残念ながらありません。
その他のジグヘッドはフック形状が従来の形なので、ショートバイトに弱い感じがします。

サーティフォーさん、0.1gとかのジグヘッド出してくれないかな~ (^^


時間的にも、かなり潮位が上がってきている時間帯になってきて、ややフィールドに活性が感じられます。

これはチャンスか?と集中すると、すぐにバイト。

結構、良い出方だったので、一瞬テンションが上がりましたが、直後にバチャンと水面で暴れます・・・

あゝ、チーバスちゃんですね (^^;

チーバスちゃんを反応させないように、更にスローに探ると、それが良かったのか、メバルが連続で反応してくれます。

しかし、どの魚も元気なのですが、サイズは同じくらいです。

夜もすっかり更けてきたことから、この辺で諦めて撤収としました。

 

まとめの代わりに、気付きと確信

今回の釣行は、最初から最後までフロートにジグヘッドリグで通しましたが、フロートの釣りで釣れる時の条件としてほぼ間違いないのは、上げでも下げでも潮が動いていないとバイトが出ないと言うこと。

そして、巻いてはいけないと言うこと。

潮が動いている時はいいのですが、潮が止まっていると、ついつい巻いて動かしたくなります。
しかし、巻くという動きでは、メバルの反応はほぼ引き出せません。

どうしても、潮が止まっている時にも攻めたいと思うなら、まだトップのプラグで攻めた方が効果があると感じました。

しかし、プラグはプラグで、活性が高い時はバイトもハッキリと激しく出てくれていいのですが、活性が低い時は、ツンツンとつつきには来ますが、食ってくれません。

なかなか、思うようにはいかないものです。

でも、先週の渋いタイミングでの釣りを続けてみて、いろいろと気づくことも多くありました。
やはり、渋い釣行の方が勉強できることが多いのは間違いないですね。

さて、そろそろチニングのシーズンも到来します。
と言うか、当来している??

まだまだ忙しいですね~ (^^


<参考>タックルデータ

ロッド:リップルフィッシャー リアルクレセント 65JH/TZ
リール:シマノ ソアレCI4+ C2000PGSS
ライン:東レ ソルトライン メバリングフロロ 2.5lb

ヒットルアー・リグ
サーティフォー オービー1.6in
 もう手放せない一軍ルアーです。
■自作ジグヘッド
オーシャンルーラー アクティブフロートLC
 固定式のフロートですが、めっちゃ飛びます。



■NABRA Chase Fishing TOP へ