こんにちは!

今回はちょっと釣りから離れて、パソコン関連のネタを書いてみようと思います。

最近ではいろんなことがスマホで出来るので、意外と自宅でもパソコンを使わなくなってきていますが、それでもプリンターを使うなどの要件でパソコンを使う必要があることもしばしばです。

しかし、少し前までWindows7や8.1を使っていたユーザの方は、無償でWindows10へアップグレードできるからするようパソコン起動の度にポップアップが上がってきて、うっとおしい経験をされていたのではないかと思います。

マイクロソフト的には、どうしてもWindows10にアップグレードさせたかったらしく、2~3度、OSのセキュリティパチに紛れこませて自動アップグレードへ誘導するソフトをインストールさせられました。

ポップアップが起動の度、もしくは一定時間以上起動していると上がってくるので、「アップグレードしない」を選ぼうと思いつつ、つい気付かない間に「アップグレードをする」を選んでしまって、次回起動時にアップグレードが走り出して止めることもできずにWindows10にアップグレードさせられたという方も多いのでは?


因みに私もその部類なのです。
仕事でもパソコンは常時使用しているので、留意はしていたのですが、自宅のパソコンから自動アップグレードの誘導をするパッチソフトを外すのを忘れており、気が付いた時には手遅れでした。

ちゃんとアップグレードできるのか?と心配に見守ったのですが、最初は一応、うまく移行できたように見えました。

しかし、その後のパソコン起動の度に挙動がおかしくなり、OSの起動失敗が頻発するようになり、何度か起動したりシャットダウンしたりしている間に、とうとう一切起動しなくなってしまいました。

しかし、古いOSがインストールされているパソコンのスペックを無視してアップグレードを迫るとはなんという強引で無責任な話しでしょう!!

と怒り心頭しても、お亡くなりになったパソコンは息を吹き返しません。

そこで、自分で調べたり、有識者に聞いたりして、Windows10へのアップグレードで起動できなくなったパソコンのリカバリ方法を発見しました。

始めは、OSのソフトを買ってリカバリしないといけないのか??
無償で配布されたものを買うんか??

と憤りましたが、ちゃんと無償でOSのリカバリができるソフトがダウンロードできるようになっていました。

以下に簡単ですがリカバリの手順を記載してみたいと思います。

なお、大前提として、この作業には死亡したパソコン以外のパソコンで作業をしないといけませんので、別のパソコンを探すか?優しい知り合いを探すか?そこからスタートしてください。


リカバリの為のツールをダウンロード

http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

こちらのサイトにアクセスをすると、下の画面が出てきますので、
「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。

20160906_0

すると、下の画面に遷移しますので、ライセンス条項に同意して次に進みます。

20160906_1

次の画面に進むと、アップグレードする端末の選択を聞いてきます。

もちろん、「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択して次に進んでください。


20160906_2

アップグレードするパソコンの言語とOSバージョンとアーキテクチャを聞いてきます。

ここはほとんど変更する必要はありませんが、希に自宅用でも64bit機の場合もありますので注意してください。

20160906_3

次に、ツールをどんなメディアで作成するか?を聞いてきます。

簡単なのはUSBメモリースティックなどのUSBフラッシュドライブかと思います。

ISOファイルは、いわゆるインストールDVD-ROMなどの中に入っているソフトのイメージですが、ここの処理ではパソコンにISOファイルをダウンロードするところまでしかできませんので、別途メディア(DVD-ROM等)を準備してそのメディアにコピーしなくてはなりません。

CD-ROMやDVD-ROMの作成に慣れている方は問題ないかもしれませんが、慣れていない方には少しハードルが高いかもしれませんね (^^;;

20160906_4

パソコンをUSBドライブから起動する

さて、これまでの作業で作成したリカバリツールを、お亡くなりになったパソコンで使ってみます。

因みに、先の作業では、USBフラッシュドライブを作成したことを前提に進めます。

ここからは、普段はあまり使うこともみることもないBIOS設定画面を使います。

BIOS設定画面のハードコピーが準備できていませんが、BIOS設定画面をみるにはパソコンの電源を入れてすぐに「F2」や「F4」などのファンクションキーを押すとBIOS設定画面が表示されます。

このファンクションキーは、端末によって違う(正式にはマザーボードの種類による)ので、電源を入れた時にちらっと表示されるFの文字を確認してください。

ここで、パソコンをBOOT(起動)するドライブを選択できるので、元はHDDなどのパソコンのハードディスクになっているはずですが、USBドライブに変更し、設定を保存します。

全部英語で表示されている画面ですが、だいたいの操作はわかると思います。
保存する為にも、どれかのファンクションキーになっていますので、SAVEの記載を探してみてください。

設定が終わったら、先ほど作成したUSBメモリースティックをUSBポートに挿して、パソコンを再起動してください。

すると、以下の画面が表示されるはずです。

20160906_11

ここで、「次へ」をクリックすると、下の画面が表示されます。

ここで「今すぐインストール」をクリックしないよう注意してください!

それをすると、OSが新規にインストールされてしまいます。

クリックするのは左下の「コンピュータを修復する」です。

ここ、間違わないよう注意してくださいね (^^

20160906_12

そうすると、トラブルシューティングをするか?電源を切るか?を聞いてきますので、「トラブルシューティングをする」をクリックしてください。

そうすると、PCを初期状態にするか?詳細オプションを表示するか?を聞いてきますので、「詳細オプション」を選択してください。

次に、下の詳細オプションを選ぶ画面が表示されます。


20160906_5

ここで、まずはPCが起動しなくて困っている訳なので、「スタートアップ修復」をクリックしてみてください。

お手持ちのパソコンが重症でなければ、ここでパソコンが正常に起動するはずです。

起動したら、普通に一度シャットダウンして、正常に再起動したら修復完了です。

しかし、修復が成功しなければ下の画面が表示されます。

残念ながらこれは重症です。

こうなったら諦めてクリーンインストールをするしか無いのか?

過去のハードディスク内の情報や写真などのデータはどうする?

となりますよね?
20160906_7

こうなったら、再度詳細オプションに戻ってください。

メニューの中に「以前のビルドに戻す」と言うメニューがあります。

これを選ぶと、アップグレードする前の状態(Windows7やWindows8.1)に戻すことができます。

20160906_8

Windows10のアップグレードプログラムには、このロールバック機能が含まれているのが救いです。

そもそもWindows10にアップグレードしたくてした訳ではないはずですから、この際、元のOSに戻してしまいましょう。

問題が完全に解決した訳ではないかも知れませんが、元のOSで正常に機嫌よく動いていたのであれば、とりあえずはそれでいいですよね??

以上、Windows10に無理やりアップグレードさせられた際のトラブルシューティングに関する記事でした。

実際には端末毎にいろんな不具合が包含されているかと思いますが、パソコンが使えなくて困っている方に対する応急処置としては有効ではないかと思います。

■NABRA Chase Fishing TOP へ