こんにちは!

今回は、ネットで見つけて便利そうなので購入してみた便利アイテムについて書いてみたいと思います。

ショアアングラーなら、ポイントへのアプローチの際に“ロッドを放して両手があけば上がれるのに”なんてことを一度は経験しているのではないでしょうか?

護岸を上ったり、テトラポッドを渡ったりと、ボートアングラーでは考えられない不自由をしながら、みなさんいろんなポイントに行って釣りをされていると思います。

釣り場に持ち込む道具の中で、圧倒的に邪魔になるのがロッドです。

長いし、バランス悪いし、ランディングネットなら少々何かに当てても気になりませんが、ロッドはそういう訳にはいきません。

また、釣りの最中にも、少しロッドを手から放したいというニーズがある時でも、ウェーディングしている時などは竿を置く場所がなく、脇などに挟んで対応するしかありません。
その時にうっかり脇から離れて落とそうものなら、リールは確実にメンテナンス行きです (^^;;

ウェーディング以外でも、下が岩場だったり、砂地だったりして、ロッドをできれば下に置きたくないシーンはいろいろありますね。


そこで持っていれば何かと助かるのがロッドホルスターです。

ライトゲームなどで、アプローチの良いポイントだと、バッカンやクーラーボックスににロッドホルスターをセットできるものを持っていればそれで済むのですが、ポイントまでの道中に足場の悪いところやテトラポッドなどがあるとそうはいきません。

シーバスフィッシングなどでは、ライフジャケットにロッドホルスターを取り付けている方も良く目にしますが、ウェストポーチタイプのライジャケを利用されている方ならそれも無理。

と言うことで、ズボンのベルトや、ショルダーバッグに装着できるロッドホルスターがあったらなぁ、なんて思っていました。

今までも決してなかった訳ではありませんが、何らかの製品とセットになっていたり、特定の製品にしかセットできなかったりと、気軽に単体購入して利用できるものはあまりありませんでした。

そんな中、何気なくネットショップを見ていて、自分のニーズに合った商品を見つけました。

ダイワ ロッドホルスター

下の筒状の部分はPVCでしっかりしています。

いいなと思った点は、ロッド受け部だけでなく、ブランクスを固定するベルクロベルトが付いている点です。

ロッド受け部だけだと、元々隙間があるので、ロッドが斜めになって傾いたり、ちょっと高いところから飛ぶとロッドが抜けてしまったり~

と不便を感じることがあるのですが、このベルクロベルトがあれば、そんな心配からも解放されます。


そして、肝心の裏面です。

ここがどのようになっているかで、装着パターンの種類が変わってきます。

この製品は、横に日本のベルクロテープが付いていて、これはよくあるパターンなのですが、本体に対して縦に2本の長いベルクロテープまで付いています。

これのおかげで、縦にも横にもセットすることが可能です。

また、一番上の部分にはカラビナが付いていてD管などに吊り下げることもできるし、カラビナを使わない時にはカラビナ固定用ゴムバンド(赤いゴム部)が付いていて、カラビナがブラブラ遊ぶのを防止することもできます。


そこで、私の場合は、“俺のバッグ”のショルダーベルトに装着してみることにしました。

俺のバッグは、再度部にも装着可能なのですが、小物入れなどを付けているので、敢えてそれを外して付けるのではなく、ショルダーベルト部に付けてみました。


置いた状態ではわかりにくいので、背負っている状態を写真に撮ってみました。

ショルダーベルトは、カバン部を後ろに回している時はほぼ垂直に立っているので、ロッドが背中でまっすぐに立っているイメージです。

俺のバッグはショルダーベルトがワンタッチで伸縮可能なので、ロッドを取り出す時は、ベルトを伸ばして体の前面に回すことで簡単にロッドを取り出すことができます。

 

こんな使い方ができる【ダイワ ロッドホルスター】

定価で2,300円(税抜)ですが、実売ベースでは2,000円未満で入手可能です。

楽天でポイントが沢山付くタイミングでポチッとしてしまいました。

これで、次回からの釣行では、ロッドをズボンのベルトに挟み込んだりしなくても済みます。

便利グッズ系は、ちょっとした違いでかなり利便性が変わってきたりします。

釣り友さんなどにもいろいろ教えてもらったりしますが、今後も便利グッズ、探していきたいと思います~

釣りに行くこと自身が楽しくなりますよね (^^

ダイワ ロッドホルスター

ダイワのレッグホルスターと組み合わせることもできるようです!
20161023_1

■NABRA Chase Fishing TOP へ