こんにちは!

北風が連日吹くようになり、湾奥もようやく水温が下がってきた感じですね。

アジングは元より、メバリングもそろそろシーズンインしそうですが、私の中での年間スケジュールにおける大きなイベントであるサヨリパターンのシーバスゲームもようやくシーズンインした感じです。

早い年では、9月頃に開始することもあるサヨリパターンですが、今年は私に地元への台風直撃なども無く、海水温が下がりきらないままにきた結果、サヨリパターンの開始が例年になく遅くなった感じです。

開始が遅いからと言って、ENDの時期が延びる訳ではないので、今年は短期間勝負となりそうですが、まずは今年の初サヨリパターン釣行行ってきましたので、その内容を書いてみたいと思います。

因みに、今回は夜中まで仕事のトラブルの関係で出擊できず、釣りを開始したのは超真夜中からとなりました。

始まっている場所を探すのが困難

2週間ほど前から、アジングなどの帰りにずっとチェックしていたのですが、定番ポイントでは始まっていませんでした。

ここしばらくは、本当に湾奥のサヨリは小さくて魚影も薄い状況でした。

しかし、似たようなシチュエーションのポイントをチェックする中でようやくサヨリに群れに付いてボイル祭りをしているシーンに遭遇することができました。

自分の気持ちの中では、今年は無いかも?と思っていた節もあり、全く準備ができていなかったのですが、とりあえずはアリモノをかき集めて釣り開始です。

これが、後々後悔を招くことになるのですが・・・

さて、サヨリのゲームはベイトタックルで、と決めていたので、【ヤマガブランクス バリスティックベイト 93M NANO】に【ダイワ モアザン PE-SV】、そしてラインは【東レ ソルトラインPE F4】の2号に【東レ パワーゲーム ルアーリーダー】の30lbというセッティングで釣りを開始します。

今回の釣行では全てにおいて準備が悪く、ルアーのフックも交換していない(約1年前のフック)し、ウェーダーも持ち込んでいないのでほぼ立ちこむこともできない状況。



それでも、時折サヨリを追ってボイルするシーバスの様子を観察し、ボイルが出るタイミングや場所、コースなどを覚えて、チャンスを見計らってはキャストを繰り返します。

まぁ、そう簡単にヒットしてくれるサヨリパターンではないのは百も承知なので、ヒットしなくても根気よくチャンスをうかがいます。


ようやくのヒット、そしてバラシの連発

過去の経験からして、ボイルの出方からシーバスの個体数はあまり多くない感じですが、開始時間が遅いだけに、それまでがどうだったのかさえ不明です。

ボイル開始時はもっとシーバスが居たのか?最初から少ないのか?

そして、結構時間が経過したタイミングで、ここぞというタイミングでここぞという場所にドンピシャで入ったルアーにゴンッ!!と食ってきてくれましたが、フッキングして乗ったと思った瞬間フックアウト・・・

一瞬針には乗ったと思うのですが、刺さりきることなく滑った感じです。

フックを替えてきていない報いかと思いつつ、もっとしっかり食ってきてくれれば釣れるはず、とキャストを繰り返します。

しかし、明け方にかけてどんどんと周囲は沈静化の一途を辿ります。

明るくなる前に、疲れ果てて帰ろうかと思ったのですが、どうせここまで居たのだから最後まで見届けようと明るくなるまで続けることに。

そして、そのチャンスは訪れました。

明るくなりかけたタイミングで、沖に出ようとするサヨリを狙ってかなり大型の(サイズも数も)群が入ってきて、十分な射程圏内で大ボイル祭りが始まりました。

そして、狙ったラインで待望の

ゴンッ!!

しかし、フッキングと同時に一瞬重みが乗ってバラし・・・

マジかぁ~~~

と久々に心で叫びつつ、まだチャンスは続いているのでキャストを繰り返すと、すぐに

ゴン!!

しかし、フッキングと同時に重みはどこへやら・・・

くぉぉぉぉぉぉ~~

全て食ってきてくれているのに、フックが滑って口に刺さらなかった感じです(涙)

明らかなる手応えと味わいつつ、この不甲斐ない結果。。。

そして、明るくなり、ナイト決戦は終了し、ベイトが入れ替わってしまいました。

多分、イワシかな??

明るくなったフィールドを見つつ、一服し、再起を誓ってポイントを後にしました。


サヨリパターン Day-1 まとめ

と言うことで、帰宅してサヨリパターン用のプラグボックスを改めて確認すると、入っているプラグ全てのフックがサビサビでした。

黒ずんでいるフック有り、完全に溶接部から錆びているフック有り・・・

こんな甘えた準備ではダメですね。

シーバスに改めて怒られた感じがします。

次戦、必ずリベンジします!!


<参考>タックルデータ

■タックルデータ
ロッド:ヤマガブランクス バリスティックベイト 93M NANO
リール:ダイワ モアザンPE-SV
メインライン:東レ ソルトライン シーバスPE F4 2.0号
リーダー:東レ パワーゲーム ルアーリーダー フロロ30lb

バリスティックベイト 93M NANO
ルアーの飛距離はスピニング並です。こいつでランカーを釣りたい!!

■NABRA Chase Fishing TOP へ