こんにちは!

え~~、昨夜から今朝にかけて、SAFCのライトゲーム大会に行ってきました。

今回も4名と少な目のメンバー構成ではありましたが、少ないメンバーながら楽しんできました。



行先は前回の失態の汚名挽回を果たすべく、同じ場所へ懲りずに行ってきました。

で、結論は、私は汚名挽回できず。

ベイトフィネスタックルでひたすら投げまくりましたが、数回バイトがあったのみ。

バイトは何百回あったって、釣りあげていなければ全く意味がありません。

そして、ブッチギリと言うか、独り舞台で優勝したのは師匠。

まぁ、今年は何度も通っておられるので、さすがの一言。

この状況を一言で言い表すと

コテンパン!

はい、間違いありません。

冒頭、楽しんできましたと書きましたが、楽しんだのはタケ師匠だけ。

他のメンバーは、昨夜にあそこで居た事実を抹消したいはずです。


しかも、28cmクラスを一人で2匹!!

そりゃ、楽しかったことでしょう。

やはり、ザクではありませんでした。


私的に得られた収穫は、【FCT ストリームドライブ CB】のクリアピンクは釣れるらしい、と言うこと。

私はひたすら【スミス ガンシップ 45F】と【スミス ガンシップ 45SS】を丁寧に投げ倒しましたが、ボリュームの違いによる差があったようです。

この差が何なのか?

これは継続調査しないとわかりませんね。

さすがに2回連続は悔しすぎます。

やっていることは大きくは違わないはずなのですが、短い時合により、持っている人と持っていない人のこの差は大きく出過ぎです。

メバリング、わかっていることなのですが、奥が深いっす (^^;;

あ、それともう1つ収穫が。
ライトゲームでのスピニング最強説は揺らぎつつあるということです。

バイトフィネスタックルでのルアーの飛距離は、スピニングと遜色無くなってきているのは間違いありません。

タケ師匠も、飛距離には驚いていました。

ファイブコア×ラッキークラフト FCT ストリームドライブ 45CB


■NABRA Chase Fishing TOP へ



   
少しだけ書き忘れていた事があったので、追記しておきたいと思います。

メバリングにおいては、潮の動きは必須ですが、やはりフルムーンはキツイですね。

日頃やってる湾奥の釣りなら、水質の悪さや、元から多い街明かりの影響もあって、月の明かりが煌々と照らしていても釣れる事が多いのですが、少し郊外になって水質がクリアになってくると、月明かりはかなり影響すると感じました。

釣り場に着いて、タケ師匠がパタパタと釣ったタイミングまでは、月が雲に隠れていたのですが、そこから雲が晴れて月がモロに出始めてからは、一気にバイトがなくなりました。

まぁ、それはそれで攻め方もあるのでしょうけれど、表層付近の釣りには影響が悪い方に大きいと感じました。

月が出るまでに釣れなかった自分の未熟さですね。

これも、今後の釣りの参考にしていきたいと思います。