こんにちは!

先週末の釣行ですが、少し場所を変えてチニングを試すことにしました。

リバーでの底ズルチニングも考えたのですが、リールのラインがあまり残っていないことを思い出して、投げる釣りは止める(諦める)ことにしました。

そこで、この日は少し西に走ったエリアにて壁ドンを試してみることにしました。

ちょうど1ヵ月ほど前に壁ドンチニングの状況をチェックした場所ですが、時期が進んでどうなっているのか?

また、場所が変わると攻め方も変わるのか?それとも同じ攻め方が通用するのか?

ちょっとチャレンジ要素を多めにした“チニングDay-9”、いってみたいと思います。

まずはレンジ探しにひと苦労

タイミングは少し遅めで、完全に下げている最中に釣りを開始しました。

西からの風がそこそこ強く吹いていて、潮の動きはしっかりと目視できる状態です。

状況は良いはずと判断して釣りを開始しましたが、いつもの場所と違うので魚のレンジがなかなかつかめずに苦戦します。

底ズルの場合は狙いはボトムなので、バイトが無ければ広く探るか場所移動するしかないのですが、縦の釣りの場合はレンジを合わせるところが一番大事なので、それが見えてくるまではなかなか大変。

どんなに小さな反応やバイトでも良いので、ファーストコンタクトが待ち遠しいところです。

すると、かなり探り周ったところでようやくバイト。

早アワセですっぽ抜けは嫌なので、しっかり送り込んで待ってみると、かなり送り込んでもまだ持って行く感じ

これは間違いないと判断してフッキング!

飲まれているのが怖かったのですが、水面に浮いてきたところでリグが見えない。

飲まれています!!

そこからは無理をせずにやり取りをして無事にネットイン。

時間が結構かかりましたが、ファーストフィッシュをようやくゲットできました。

因みに、リグは【デコイ チヌヘッド 1/32oz(0.9g)】に【ジャッカル ちびチヌ蟹 1in】のコンビでした。


バイトはあれど、ヒットが遠い~

この1匹が釣れたことで、近隣の別のポイントの状況が気になって移動することに。

近隣であれば、だいたいタナは似ていることが多いので、釣れたタナ前後を意識して狙っていきます。

すると、時々バイトが出るのですが、どうも水潮の影響なのか?反応が薄いというか弱い。

しかも、雨後ということでとにかくゴミが多い。

ゴミが多く通過する場所は、潮当たりが良いはずなのですが、軽いリグで探っている釣りにおいてはゴミの多さはかなり阻害要因になります。

ゴミの動きからも潮はかなりしっかりと動いている感じを確認できていたのですが、なかなかバイトは得られずに時間が経過していき、気が付くとタイムアップのお時間となってしまいました。

まぁ、数を釣ろうと考えての釣行ではなく、調査目的なので良しとしましょう。
※自分に甘い・・・

まだ数回の釣行ですが、タックルは良い感じで仕事をしてくれたのが収穫でした。

【ABU Revo ALC-BF7】はクラッチレバーがソフトクラッチになっているので、魚が掛かった後のクラッチワークが快適に実施できます。

本当は壁ドンではなく、軽量プラグや軽量ジグ単の釣りで活躍してもらうつもりのタックルですが、いろんな釣りで活躍してくれること、間違い無しのリールです。

チニング Day-9 まとめ

以上、あっさりペースのチニングでした。

とことんイクのも良いのですが、ほどほどで終わらせておくのも次の釣りの楽しみですかね?

どの釣りも奥は深いので、どこまでやっても満足することは無いと思いますので~

で、帰りにちょこっとだけ魔界(=釣具屋)に寄ってみることに。

お目当てはハサミです。

どんなハサミかと言うと、【第一精工 MCシザーズ】

少し前に発売されているはずだったのですが、どこの釣具屋でもお目にかかることができずでした。

ちょっといつもと違う釣具屋なので、置いてるかな~?と思って探してみたら、ありました!


   
このハサミ、何が探し回る魅力があるかと言うと、下の赤丸の中を見てください。

透明な素材なのでわかりにくいのですが、ここにシリコン製のバンドが仕込まれていて、未使用時にはハサミの先が閉じるようになっています。

私は、釣り用のバッグの外に、ピンオンリールで小さいハサミを付けてブラ下げているのですが、ハサミの先端が開いているのを気付かずにハサミを握ったりすると、手が切れるなどの危険性がありました。

意識的にハサミの先を閉じるようにはしていましたが、当然、ブラブラしている間にハサミの先が開くこともありますので、キャップ付きのハサミを探すなど、少し苦労をしていました。

安くて、PEラインまでしっかり切れて、しかもキャップ付きのハサミって、意外と売ってないのです。

そこで、ネットでこの商品を見た時にはピンと来て、探し回っていたのです。

因みに、このハサミは、前述のシリコンバンドだけでなく、指を入れる部分の輪っかも大きく設計されていて、グローブを着けたままでも充分指が入ります。

カラーはMC(ミリタリーカラー)シリーズなので、ダークアース/フォリッジグリーン/ブラック、の3色のラインナップです。

以上、ちょっと便利な小物のご紹介でした。

BlogPaint

<参考>タックルデータ

ロッド:Fishman Beams inte 7.9UL
リール:ABU Revo ALC-BF7 + KTFフィネススプール“KAHEN”
ライン:東レ ソルトライン®アジングPE 0.4号+バウオ®️エクスレッド 6lb

■第一精工 MCシザーズ


■NABRA Chase Fishing TOP へ