こんにちは!

前回のチニングにて久々に連発ラインブレイクを経験し、自分のやり取りの下手さに悔しさ満載だったので、リベンジに行ってきました。

これはもう、完全に自分との戦いです。

ラインシステムは弱めですが、強度的には耐えれるはず。

ロッドも非常に柔軟なモデルだし、ランディングネットもあるので、ラインの限界を意識してやり取りがちゃんとできれば獲れるはず。

ということで、比較的簡単に釣れることで甘く見ていた壁ドンチニングを改めて見直しつつ、出撃してきました。

さて、またイワされるか?リベンジなるか?

釣行記いってみたいと思います。


やり取りに集中でリベンジ!

この日はとりあえずラインは巻きなおしてきました。

例えPEラインと言えども、何度も使用していることで傷も付いているでしょうし、劣化もしているかと思いましたので、太さは変えずに【東レ ソルトライン®アジングPE 0.4号(5lb)】を利用。

リーダーは少しだけ太くして【東レ バウオ®エクスレッド 7lb】を利用することにしました。

リグについては、ここ最近好調だった【ジャッカル ちびチヌ蟹 1"】が在庫切れとなったので、この日は最初から1軍4番バッターの【ダミキジャパン バンザイ太郎 2in】を投入することにしました。

まずはレンジの確認から。

ここ最近は雨も降っているので濁りや水温、塩分濃度などいろいろな条件が変化していると感じます。

いきなり深めを探って、魚がもっと浮いていると困るので、まずは上のレンジから簡単にチェックしていくことに。

釣れる可能性がある最上層レンジを探っていくと、ババタレっぽい軽くて持っていかれるようなバイトはありますが、良型のゴンッ!もしくはグッと止まるようなバイトがありません。

そこで一通り探ったところでレンジを順次落としていきます。

すると、自分が意識している有効レンジの比較的上の方で、少ししっかりしたバイトをキャッチ。

しかも、乗り切らないながらもバイトが頻発しだしました。

そこで、少し落としの動きを意識して誘いを入れていくと~

ゴンッ!!

いきなり、且つやっときました!!

ヒット後、一気に走るパターンでロッドがバットから曲がって持っていかれますが、ここは反省を活かして、止め切らないように少しずつラインを出しながら、不利な方向へ走られないように魚を誘導します。

しかし、よく引きます。

水面を一度は割らせたいのですが、なかなか水面を割るまで浮かせることができません。

ある程度浮かせてきては一気に潜られる・・・を繰り返しつつ、焦らないように留意してやり取りを続けます。

時間をかけてようやく浮いてきた魚は、まぁまぁのナイスサイズ。

小さいネットに押し込んで無事にランディング。

上がってきたのは、ジャスト40cmのキビレ~ヌでした。


レンジがわかれば怒涛の逆襲開始

バイトの多いレンジ、そして食ってくれるレンジがわかったような気がしたので、この日はそのレンジを中心に攻めていくことに。

すると~飽きない程度のペースでバイトが続きます。

横の動きと縦の動きの両方を試しますが、明らかに縦の動きに軍配が!

まだ、そういう時期だと言うことを実感。

そして~

ドンッ!

40cm

   


ほどなくして~

ドドンッ!

40cm弱


 

更に更に~

ドドドンッ!

40cm前後




まだまだ~~

ドドドドンッ!

今度は良く引いて手こずりましたが、やはりの40cmアップフィッシュ!

 

更にサイズアップを狙うも

ドドドドドンッ!

サイズダウン・・・

   


まだまだ粘るも~

ドドドドドドンッ!

伸び切らずの35cmちょいフィッシュ




残りの時間を見つつ、次が最後と決めたタイミングで~

コンッ?・・・

思いっきりサイズダウン。

これで踏ん切りがついて、ここでストップフィシングにすることにしました。

   

チニング Day-12 まとめ

と言うことで、結構しっかりとリベンジが果たせた釣行となりました。

今回は勿論、ラインブレイク無し。

バランスを意識して集中してやり取りをすれば十分通用するタックルという確認もできました。

フッキング直後の初動も大事ですし、無理をしないことも大事ということで、いなすやり取りに徹しました。

これまでの壁ドンチニングタックルでは、完全の剛のやり取りメインでしたが、柔のやり取りもまたスリリングで面白いですね。

ちょっと負けているくらいがちょうどいい??

カツオの一本釣りではないので、せっかくルアーを喰ってくれたからには丁寧にやり取りを楽しませてもらわないと、と言う感じです。

フックも見た目は頼りないバス用のジグヘッドですが、細軸が故にしっかりとフトコロまで掛かるので、問題ないことも確認。

パワーゲームは太軸でないと、という思い込みも払拭できた釣りとなりました。

そして、色あせない釣果をただき出す【ダミキジャパン バンザイ太郎 2in】

なかなか補充のタイミングが難しいルアーとなりましたが、市場から完全に消えないことを切望します。


<参考>タックルデータ

ロッド:Fishman Beams inte 7.9UL
リール:ABU Revo ALC BF7 + KTFフィネススプール“KAHEN”
ライン:東レ ソルトライン®アジングPE 0.4号+バウオ®️エクスレッド 7lb

■東レ ソルトライン®アジングPE
アジングの名前がついていますが、チニングでも活躍してくれます。
ディープピンクカラーがリーダーの結束もし易いラインです。

■土肥富 オッズ Odz ミドスペショット
フッキングはチニングにもバッチリ。
フックポイントが若干アップになっているのでショートバイトも拾ってくれます。
価格も安めなのがオススメです。
ウェイトは1/32ozと1/20ozが使い易いウェイトです。


■NABRA Chase Fishing TOP へ