こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます(^^)

さて、昨夜はかなり悩みながらアジングに出撃してきました。

と言うのも、ここ最近、アジングで連続ポーズを食らっていて、かなり凹んでいたところでした。

バイトはあるけどあまりに散発でとても掛けにいけるバイトではないような状態が続いており、正直アジを見失っていたのですが、釣りに行かなければ釣れない、と言うのもポリシーであり、昨夜はダメ元での出撃でした。

しかも、朝方には警報レベルの雨も降り、水潮と相まって厳しいだろうという予測の元での出撃。

しかし、釣りはやってみないとわからないものと言うか、やはり行かないとダメという事を思い知らされた釣行でした。

では、釣行記いってみたいと思います。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ごろっと変わったフィールド状況

仕事を終えて会社を出ると、予想外の天気の悪さ。

夜には雨は止んでいると思っていたのですが、ポツポツと小雨が降っています。

一瞬、釣りは諦めようかと思いましたが、この機会を逃すのはよくないと思い雨が止むことに期待して出撃することに。

幸いにも釣り場に着いた頃には雨が止んでくれたので、急いで準備をしてポイントへ。

この日のタックルは、いつものアジングタックル【サーティフォー 34 アドバンスメント DFR-511】に【ダイワ 15ルビアス1003 + ティクト CBSスプール-D】、そして【ナチュラム オリジナルエステルライン “2.5lb”】です。

ラインについては、先のインプレ記事で書いた通り、正体不明のダマダマが付いていますが、とりあえずはそのまま使うことに。

ポイントに入ると先行者の方がおられたので状況を聞くと、結構上のレンジで豆アジがアタルとのこと。

情報にお礼を言いつつ、少し離れたポイントで竿を出してみます。

雨の後なので、とにかく浮きゴミが多い。

しかも、潮が適度に動いており、ゴミが右に左にと行ったり来たりしていてゴミを避けるのが結構大変です。

まずは、聞いた通りの浅いレンジをチェックしてみようと、カウント5をレベルストロークで通してみると、2投目にいきなり

ココンッ!!

そのまま一気に、ジィィィィィィィィ

聞いていたサイズと違う?

良いサイズのアジかと期待したのですが、引きとして突っ込みが違う・・・

ファーストフィッシュは20cmほどのサバでした。

魚のアタリが出るのは良いことですが、サバではな~と思いつつ、サバを避ける為に少しレンジを下げることに。

カウント7~10くらいを意識して釣ってみると、すぐに

ツツッ!

とアジらしき反応が!

しかも、先週までのような微細なバイトではなく、結構やる気を感じるしっかりバイト。

そこで、次のキャストでは集中して通してみると

クンッ!!

明確なバイトに即アワセ!

バッチリフッキングは決まったのですが、またも聞いていたような豆アジの引きではありません。

またサバか?と一瞬思ったのですが、サバの引きでもない。

上がってきたのは紛れもなくアジ!!

エイヤ~~で抜きあげて、久々のアジゲットに成功しました。

サイズ的には軽く15cmは超えている感じで、中アジと言えるサイズでした。

因みに、使ったワームは【サーティフォー 34 オクトパス1.8in “こもれび”】でした。

会員限定販売カラーで、クリアベースのケイムラに青と金のラメ入りのワームでした。



久々に連発の快適アジング

これは釣れると確信したので、1匹目は早々にリリースして次のキャストに。

浅いレンジは捨てて、ボトムより少し上のレンジを意識して釣っていくと、こないだまで沈黙していたバイトが頻発します。

明らかに前アタリと思わしきモゾモゾも頻繁に感じられ、少し上げたり下げたりすると、そのアクションをトリガーにして一気にバイトに!!

自信をもってフッキングできるところがアジングの醍醐味。

極小ワームを使わなくても十分深いバイトが引きだせて、面白いの一言に尽きます。






ケイムラの効果を実感

写真を撮るのも惜しいくらいに釣れ続き、ひとしきり釣ったところでワームを変えてみることに。

水はまぁまぁ濁っいるので、ラメが効くのか?ケイムラが効くのか?

それを確認する為に、クリアケイムラの【Go-Phish タケダクラフト まる山のみ太郎】にチェンジ。

リグのウェイトが少し軽くなったので、飛ばないのですが、それでも比較的近いゾーンでもバイトは連発。

まさに『まる飲み』状態で、バラシ皆無で釣れ続きます。





時々、ギャラリー?にアジを振る舞いつつ、気がつけばあっと言う間に20匹近く釣れてしまいました。

魚がちゃんと居てくれればこんなもの?

非常にありがたい状況に感謝しつつ、ひたすら釣り続けたのですが、こんな時に限って雨がポツリ・・・

雨は上がるとの予報になっていたのに、と思いつつ、一気に降ってこられるとかなわないので、少し時間は早かったのですが、ここでストップフィッシングとしました。


快心アジング まとめ & ラインインプレ

と言うことで、短時間ではありましたが十分アジングを楽しめた釣行となりました。

やはりアジングはしっかりとバイトを掛けにいかないと楽しめませんね。

渋い時にはそれなりの対応もできないといけないのは理解していますが、明確に出るアタリに対して積極的に掛けにいけるのは、やっていて一番楽しさを感じれます。

この状況がいつまで続くかわかりませんが、時間を作って出撃したいと思います。

また、ラインについてですが、【ナチュラム オリジナルエステルライン】については今回の釣行で2回目です。

釣行記内には書きませんでしたが、今回は釣っている途中でピョンキチが出てしまい、10mちょいのラインをカットしました。

まぁ、これまでのラインでも巻き替え直後の釣行では糸ヨレが出易いので、【ナチュラム オリジナルエステルライン】がダメという判断にはならないかと思います。

今回は実際にバイトを取って、魚も釣り上げているので、感度面と強度面は全く問題ないことが確認できました。

後は、数回使ってみて、更なる糸ヨレの発生状況を確認してみたいと思いますが、正体不明の糸くず以外は取り立てて不満は感じませんでした。

また、正体不明の糸くずも、キャストに影響がある訳でもなく、気にしなければ何かの不具合に繋がるというものでも無さそうです。

最後に、今回使ったワーム【サーティフォー 34 オクトパス1.8in “こもれび”】ですが、予想通りアジの反応は非常に良かった感じです。

まる山のみ太郎と比べると倍近い(まる山のみ太郎は1インチ)サイズですが、中アジレベルであれば全く問題なく飲みこんでくれる感じでした。

ラメによる集魚効果もあると思いますので、クリアケイムラ、ソリッドケイムラ(だいだい)などと使い分けつつ、反応の違いの確認や、スレ回避策として使っていきたいと思います。

なお、【サーティフォー 34 オクトパス1.8in “ふよう”】はまだ使っていません。
こちらはグロー系なので、ケイムラとグローの効果の違い検証を進めたいと思います。



<参考>タックルデータ

ロッド:サーティフォー 34 アドバンスメント DFR-511
リール:ダイワ 15ルビアス1003 + ティクト CBSスプール-D
ライン:エステルライン0.25号+
東レ パワーゲーム®ルアーリーダー 3lb

■ナチュラム エステルライン


ティクト CBSスプール-D
ライントラブルなどで釣りができなくなってしまう残念な結末回避の為にも非常に便利なアイテムです。且つ、このスプールのドラグはとても良い感じです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ティクト CBS SPOOL-D
価格:19440円(税込、送料別) (2017/9/13時点)



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■NABRA Chase Fishing TOP へ