こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。



先週末は大阪湾奥アジングをしてきたのですが、その記事をアップする間もなく、今年9回目のSAFCの大会が来てしまいました。

SAFCの大会を開始してからの通算で見ると第21回。

なんだかんだで、良く1年半も毎月開催の大会が続けていられると思うと感慨深いものがあります。

そして、前回の大会は淀川ハゼクランク大会でしたが、今回の大会はライトゲームの王道"アジング大会"です。

アジングについては日々鍛錬していることもあり、ライトゲームのベーシックでありつつ、ある意味負けたくない試合。

大会のフィールドは普段アジングの練習に励んでいる場所ではない、神戸のポートアイランドです。

アジングのメッカではありますが、私自身は年に数回しかアジングをしない場所でもあり、あまり良い印象が無いのが正直なところです。

と言うことで、終盤戦に向けて、ある意味大事な位置づけでもある今大会。

勝利の女神は誰に微笑むのか?


今回はとりあえずの速報です。

偶然見つけた非常にニッチなポイントにて、私自身のアジング記録更新となるアジ3匹を含めて3時間の大会時間内に18匹をキャッチし、無事優勝を確保。

また、20cmアップのアジを3匹ゲットすることができ、サイズの方の賞も奪取しました。












因みに、私の異変をキャッチして駆けつけたタケ師匠は、私よりも数回多くBigアジのバイトをキャッチしていたのですが、私が隣から呪詛をしたので、無事に3回ほどラインブレイクをしていただきました。

フロロカーボンラインの1lbをブチ切られているのを見て

『1lbはやっぱり怖ッ!!』

と思ったのですが、実は、自分はエステルラインの0.2号を使っていました。

これって、0.9lbなんですよね・・・

後で気付きましたが、もっと怖っ!

因みに、タケ師匠のラインブレイクは全て根ズレ(堤防へのスレ)だったそうです。

ご愁傷様です・・・

あ、こんなことを言っていると、次はイワサレル・・・・



という事で、第9回のSAFCの大会は、私の2連覇で幕を閉じました。

え~~、一言で表現すると"コテンパン"でしょうか?

これが良いんだか、悪いんだか微妙だとは思いますが、ひとつ言えるのは、日頃のアジング修行の成果は少しは出たかな?と言うことです。

詳細は改めてアップしますが、結果が出るのは理由がある?

ある意味結果論で、答えの後付け的なところもありますが、ちゃんと因果関係は整理できたような気はします。

アジングにおいてはケイムラが最強と言うことを、普段釣りをしている場所とは違う場所で結果によって確認できたことも大きな成果でした。

また、最近流行りの点発光のラメも非常に効くと思います。

■サーティフォー 34 オクトパス "だいだい""こもれび"
20170924

どちらも、確信犯的なカラーですね (^^



後は、釣りのもう一つの楽しみ、キャッチ&イートです。

大きなアジは別としても、小さなアジについては、自分で研いで準備万端の【オピネル OPINEL】で捌いてみたいと思います。


また、こちらについても別途ブログの方で使用感も含めてアップしてみたいと思います。

振り返って思ったことですが、今回のように予期せぬタイミングで、グッドサイズのアジが釣れることもありますので、釣り場には必ず魚をシメるアイテムは持っていった方が良いと感じました。

■オピネル OPINEL
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OPINEL(オピネル) ステンレス#9 41439【あす楽対応】
価格:2332円(税込、送料別) (2017/9/24時点)





では、また、改めて詳細な釣行内容はアップしたいと思います。

しかし、北島康介ではありませんが、久々に"チョー、気持ちいい~~"釣行でした。

全く予期していなかった釣果ですが、これはこれで釣りの本質を垣間見た感じ。

ライトゲームをやってきてよかった~と感じれた釣行でした。

ライトゲームって、本当に面白いっす!

引きずり込んでくれがタケ師匠には、改めて感謝ですね。

最後に、大会後半で、初めて釣りに持ってきた【プルームテック PLOOM TECH】が行方不明に。

大アジを釣った時くらいに、カプセルが切れて釣りのバッカンに放り込んだ"つもり"だったのですが、釣りが落ち着いた時に探してみると、ありません!!

何となくバッカンに入れた記憶はあるのですが、どこに入れたのか全く覚えておらず、バッカンの中身を全部出しても見つかりません・・・

途方に暮れていた時に、ふと覗いたたロッドスタンドに【プルームテック PLOOM TECH】入っていました?

ほっと一安心の一幕でした。

人間、テンパッていると意味不明な行動をするものだと思った今日この頃でした。



■NABRA Chase Fishing TOP へ