こんにちは!

NABRA Chase Fishing (N.C.F.) GONTAです。

昨夜は風もなく、雨の前の影響か?心なしか暖かい夜でした。

釣行のターゲットとしては、先週の状況の再来を求めてアジングにするか?そろそろ本格化するであろうメバリングの先取りか?迷ったのですが、メバリングに決めて出撃しました。

潮回り的には長潮でしたが、ナイトタイムは安定的に潮位が下がるタイドグラフになっていたので、それなりに潮は動くだろうとの予想です。

実際には、少しだけアジの様子も見たのですが、この日はメバリングと決めていたので、メバルをしっかりと狙ってみました。

では、釣行記いってみたいと思います。


表層でかわいいメバルを捕獲

さて、ポイントに入り水質を確認すると、かなりクリアな状態。

これはワームもクリア系で控え目に、且つ、ラメか何かそれとなくアピールする作戦がいいかな?と思い、【サーティフォー 34 オービー “わせれもん”】を選択。

ジグヘッドは、風は無いので軽めをと思いつつ、0.5g前後のジグヘッドを忘れてしまったので、仕方なく【土肥富 Odz オッズ Flow Drive Head 0.8g】で釣りを開始します。

ジグヘッドが重いので、漂わすことは難しいことから、レンジを決めて速くレベルストロークのイメージで攻めてみることにしました。

何ヶ所か気になる場所をチェックしてみると、かなり表層で時々ちょっかい程度のバイトがあることが確認できました。

そこで、バイトがあったエリアを重点的に何度も攻めてみると、浮きゴミに軽くスタックした直後に

ビビビビッ!

と元気なバイトがロッドに伝わってきました。

フッキングも決まり、ヒットレンジが表層付近だったので瞬殺で決着!

まずは、ここ最近のアベレージサイズの18cmくらいのメバルを捕獲しました。



浅いレンジに居ることがわかったので、同じレンジを集中爆撃。

水面にライズが出るようなことは無いのですが、上手く魚とリンクさせることができればバイトは出ます。

しかし、乗らない?

魚のサイズが小さい為に、ワームだけ咥えて反転する感じで、フッキングに至らなかったり、合わせてもすっぽ抜けを数回繰り返します。

恐らく、ジグヘッドのサイズを落とせばすんなりと食い込ませることが出来ると思われますが、あいにく持ち合わせがない~

という事で、タイミング良く喰ってくれることを祈ってバイトがあるレンジを繰り返し攻めて、ようやく2匹目のフッキングに成功。

繊細なアジングロッドなので、小さくてもやり取りは楽しめます。

小気味良い引きを楽しみつつ、2匹も抜き上げ成功。

サイズは変わらずでしたが、これで複数匹ゲットとなりました。



レンジを下げてサイズアップ成功

ここまで、とりあえず釣れるには釣れましたが、もう少し手応えのある相手が欲しい~

と言うことで、バイトがあったエリアは何らかのメバルが寄る要素があると判断し、そのエリアで少しレンジを落としてサイズアップを狙いにいきます。

しばらくはノー感じの時間が続きましたが、ようやく待望の~

コンッ!!



待ち構えていたので、フッキングもバッチリ決まりました。

これまでと少し手応えが違う感じ。

いい感じに良く引いてくれます。

アジングベースの緩いドラグがジィィィィィと出されます。

ラインが細いので無理をせずに、ロッド操作でいなして障害物を回避。

浮いてきたところで、ネットも無いので思い切って抜き上げ~~

足元に横たわったのは、これまでと少し違うシルエット!

嬉しい、久々の20cmフィッシュとなりました(カツカツでしたが)



最後はアジングで撃沈

とりあえずこの日の目標は達成できたので、メバリングは終了し、最後にアジングを試してみることに。

少し移動してアジングを再開します。

まずはボトムから調査を開始しますが、反応無し。

丁寧に探れば少しは手応えが出るかと思って頑張るも、どうも反応がありません。

ノーリアクションはあり得ないと思いしつこく粘りますが、本当にノーバイト。

浮いているのか?と思い、浅いレンジもチェックしますが全くの無反応。

この時期に、ここまで居なくなることがあるのか?と首をかしげたくなりますが、実際、私の探れる範囲はどんなにアプローチしても答えは返ってきません。

回遊魚、恐るべし!

と思いつつ、しばらく粘ってアジを探しましたが Give UP!

ダメな時は仕方ないと割り切って、この日の釣りは終了としました。



メバリング Day-60 まとめ

ということで、二兎追うものは何とやら~で、尻すぼみな釣行となってしまいました。

メバルは間違いなく状況が良くなってきていますが、例年ならまだまだイケるはずのアジが一気に不調になってしまいました。

また、何かのきっかけをもってアジは湾奥に戻ってくるかとは思っているのですが、微妙に年によって状況が変わるので難しいところです。

まぁ、自然相手の釣りなので、思い通りにいかないところが難しくもあり面白いところでもあるのですが。

だだ、ここ数回の釣行では、明らかに釣れる時はアジに限らず多くの他魚の反応があるので、やはりプランクトンやベイトフィッシュの存在が魚影に大きく影響している感は否めません。

そのようなフィールドの状況を経験から読んでアジャストしていけるようになればいいなと願う今日この頃でした。


<参考>タックルデータ

ロッド:サーティフォー 34 アドバンスメント DFR-511
リール:ダイワ 15ルビアス1003 + ティクト CBSスプール-D
ライン:東レ ソルトライン® アジングフロロ1.3lb

■サーティフォー 34 FREELYスリムケース
使ってみた感想は、使い易い!もう一つ買い足して合体させて使ってみたいと思います。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

34 FREELY スリムケース 【2個までメール便OK】
価格:734円(税込、送料別) (2017/11/14時点)


■ティクト CBSスプール-D
ダイワ版しかまだ出ていませんが非常に使いやすく、ドラグも秀逸です。
シマノ版が待ち遠しいところです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】ティクト CBSスプール-D レッド/ガンメタ
価格:16200円(税込、送料別) (2017/11/14時点)



■NABRA Chase Fishing TOP へ