こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing (N.C.F.) GONTAです。

気温が一気に下がった今週。

状況の変化を確認すべく、昨夜も出撃してきたのですが、天候が・・・

11月は全般的に良い条件に恵まれていたのですが、昨夜は久々に厳しい条件に晒されました。

顔が凍る勢いの天候下でのアジング釣行。

さすがに連続釣果もストップか?という危機的状況でした。

では、釣行記、ささっといってみたいと思います。


心折れそうな激風の下、何とかアジをGET

本当は満潮前後を釣りたかったのですが、仕事が思うように片付いてくれず、出撃したのは完全に下げ始めてしまっているタイミングでした。

しかも、会社を出た時点で、ここ最近では経験していない強風を確認。

気温も低くて厳しいので、釣行そのものを断念しようかと迷うほどの天候でした。

しかし、ここで諦めては湾奥アングラーがすたる、と言うことで、懲りずに釣りに行くことにしました。

天気予報を見ると風裏は期待できない風向きだったので、風表で釣りをする覚悟でポイントを選択しました。

実際、ポイントに着いてみると、マジで真正面からの風!!



萎えそうになりつつ、少し重めの【サーティフォー 34 ストリームヘッド 1.3g】をセットして、いざスタートフィッシング!!

水質自身はクリア系なので、点発光ラメの【サーティフォー 34 オクトパス 1.8in "ふよう"】を先頭バッターに選択しました。

キャスト後、ロッドティップを水面近くまで下げて極力風の影響を受けないように工夫をしますが、それでもラインが風を受けてリグがなかなか沈んでくれません。

リグの重さを利用して、辛うじてラインテンションを確保し何とかアタリが取れそうな状態を維持します。

すると、数投目にアタリのような怪しい反応をキャッチ。

アタリなのかどうなのか?明確にはわからないのですが、疑わしきは確認すべしと言うことで、再度同じような状況になるようにキャスト&ラインメンディングをしてみます。

すると、フォール中と思われるタイミングで重みを感じたので、見込みでフッキングすると~

プルプルプル~

ロッドに生命反応が伝わってきました。

見込みフッキング(空合わせ)成功です。

ヒットしてしまえば、ほどほどに良い引きが楽しめるのがせめてもの救いです。

とは言え、サイズは小アジの域を脱せずという魚でした。


少し浮いている?と感じたので、風に流されるラインでドリフトをするような感じで、流しながらレンジを入れながらという感じで釣っていきます。

すると、時々、明らかにアジが突っついている反応がロッドに伝わってきます。

後中潮で潮位の変動も大きい為、潮の動きも出ていて、気温は低くても魚の活性は高いようです。

乗らないバイトに集中して待って、少しでもハッキリと変化を感じた時は積極的にアワセにいく感じでやっていくと、何とか2匹目のフッキングに成功しました。


風が強い中でも何とかなるもんだな~と思いつつも、風はどんどん強くなる一方。

こんな時はもっと重いジグヘッドで広く速く探ってみるのも面白そうだったのですが、こんな時に限って、せっかく追加調達していた【サーティフォー 34 ストリームヘッド 1.8g】は車の中に・・・

少し場所を移動して魚を探しましたが、このポイントは風裏が無いので、ここでの釣りは諦めることにしました。


往生際悪く、別ポイントで延長戦の釣りを

さて必死の思いで2匹のアジを釣り上げた訳ですが、釣りバカは『他の場所で釣れる可能性があるのではないか?』とのスケベ心が頭をもたげてくるものです (^^;;

移動しながら、気になるポイントへ気持が飛んでいきます。

とりあえず、ダメ元で調査してみようと思い、現地に急行してみることに。

風の影響を心配していましたが、最初の場所よりは少しましな感じ。

サイドキャストで風の影響を抑えつつ、釣りを再開します。

潮位はかなり落ちてきており、潮の流れもかなりキツくなってきています。

これはチャンスあるのでは?と期待を膨らませますが~

現実はそんなに甘くなく、バイトは一向に感知できません。

始めは明暗の境目をメインに狙っていましたが、これまでの経験から明暗の外側にも結構魚が居ることが多かったので、少しエリアを広げて調査をしてみると

ツツッ!

と待望のバイトが。

バイトが得られたのはありがたいのですが、それ以上に、レンジを刻んでいた最中のバイトだったので、かなり浅いレンジでバイトが出たことが把握できたのは大きなヒントになりました。

カウント3くらいからバイトに注意して釣りを展開していくと、フォール中のルアーが

ビビビッ!!

と持っていかれます。

反射的にフッキングすると、乗ったはいいけど、超軽い手応え??

魚が掛かっているのか?と思いたくなるような引き。

お口の外に掛かっているくらいの浅いバイトで、豆アジに近い小さいアジが上がってきました。



アジが居ることは確認できたので、その後もあちこちと移動してアジの釣れるエリア、そしてレンジを探しまわったのですが、やはり風の影響で狙えない場所が多く、これ以上続けてもこの日は得られるものは少ないと感じたので、ここでストップフィッシングとしました。

激風アジング Day-40 まとめ

と言うことで、厳しいのは承知の上での釣行でしたが、真剣に厳しかったです。

こんなことから大人しく映画でも見に行っておけば良かった?と少し反省。

しかし、良い時も悪い時も釣りをしているからこそ、今後の釣行において良し悪しが判断できるのだと自分に言い聞かせます。

と言いつつ、ここで自分で気付いた事実が?

そうです。状況が良かろうと悪かろうと、釣りをする前の事前判断で釣りをしなかったことなどありませんし、たぶん今後もそんなことは無いでしょう。

と言うことは、何の役にも立たない経験になってしまうんですね、これって (^^;;



ただ、風に強い時は普段あまり使わない、重めの1.3gのジグヘッドでも風を利用して流すことができるという経験ができたのは成果でした。

シーバスでもウィンドドリフトなどと言うメソッドがあったような気がしますが、ライトゲームにおいてもワームやプラグをドリフトさせながら魚にアプローチする方法は、釣果に繋がる可能性の高い、強い釣り方だと感じました。

これからのメバルのシーズンで、少し腕を磨きたいと思います。


<参考>タックルデータ

ロッド:サーティフォー 34 アドバンスメント DFR-511
リール:ダイワ 15ルビアス1003 + ティクト CBSスプール-D
ライン:東レ ソルトライン® アジングフロロ 1.3lb



■NABRA Chase Fishing TOP へ