こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing(N.C.F.) GONTA です。

さてさて、今週の初釣行。

潮回りはあまり良くありませんが、風が弱いという予報が最大の釣行動機となりました。

本当は、出撃直前までメバリングをしようと思っていたのですが、タケ師匠からもちょっとしたヒントをもらったこともあり、その確認の為にアジングで出撃することにしました。

結果は、満足と言い切れるものではないながらも、今後の道筋を見いだせたような気がしました。

では、釣行記いってみたいと思います。

ご都合のよい時間でお付き合いいただけると幸いです。


ヒントから選出したポイントにて

さて、ここ最近の傾向で、仕事が終われずに出撃したのは21時を回ったくらいの時刻。

先にも書いた通り、会社を出るまでは、というか前の日から、この日はメバリングで行こうと考えていたので、ベイトリールのラインも巻き替えるなど、メバリングの準備バッチリでしたが、出撃途中にアジングに関してのヒントをタケ師匠からもらった為、それが確認してみたくなり急遽アジングとして出撃することにしました。

まぁ、常にどちらでもできる準備はされているので大きな問題はないのですが、気持ち的にメバリングにシフトしていただけに、これでダメだった時のことを考えて少し迷いましたが、気になることは確認すべしとの思いを優先させることにしました。

と言うことで、自分なりに考えて選んだポイントに入ってみると、アジンガーらしき先行者が2名ベスポジに陣取って釣りをされていました。

邪魔をしないよう、少し離れたところから釣りを開始します。

潮は見た目にはほぼ動いておらず、あまり生命感が無い印象。

ボトムまでは結構な水深があるのですが、ベスポジ(少し浅い)で釣りをしようと思ってリグをセットしてきたのでジグヘッドは【サーティフォー 34 ストリームヘッド 0.8g】です。

なので、ボトムまで落としきるのは潮が動いていないと言いつつもなかなか厳しい感じ。

そこで、中層をメインに探ってみることに。

カウント10~カウント20の間を丁寧に探ってみますが、反応はありません。

釣りをしつつ、遠目にベスポジの釣果状況をチェックしてみますが、そちらも釣果は上がっていない感じ。

外したのか・・・

と思いつつ、周囲を探っている間にベスポジの方が帰られたので、念のためチェックしてみることに。

二人がかりで釣って反応が無いのであればダメなんだろうと思いつつ、先ずはワンキャスト。

案の定、反応が無く、即移動しようと思ったのですが、海面を見ていると少し流れが出てきている感じがあったので、もしかしたら浮いているかも?との思いが浮かびます。

潮位もかなり下がってきているので、カウント5くらいで巻き始めてみると~

グンッ!!

中層で誘いながら巻いているロッドに重みが乗って、生命反応が伝わってきました。

しかも結構重いし、密かに結構引く~~

引きからしてサバではないし、これはもしや??

しかし、このもしや?に何度も騙されているので半信半疑です。

そして、抜き上げてみると~~

中アジ!!

には、ちょっと小さ目な感じですが、明らかに20cmアップの良型アジです。

しかも、なかなかのナイスプロポーション!

探しまわっていた魚にようやく出会うことができました。



とにかく浮いていることを意識して次の魚を狙ってみると、カウント3~カウント5くらいのレンジで食い上げように抜けるような感覚をキャッチ。

すかさずフッキングするとこれまた快適な引きが伝わってきました。

先ほどと同じくらいの魚のようで、魚に振り回されるようなサイズでは無さそうですが、明らかに小アジとは一線を画す気持の良いやり取り。

この魚もなんとか浮かせて無事に抜き上げ成功。

食い上げのアタリが出ただけあり、リグは丸呑みでした。

これまで探し回っていたサイズのアジがまさかの連発です。

この日は持って帰る準備をしていなかったので、早々にリリースして3匹目を狙いましたが、数が少ないのか?その後アタリが続くことなく時合終了?

ただ、このエリアに中アジが入っていることがわかったので、周囲の怪しい明暗をチェックしてみることにしました。



目ぼしいポイントはギャングの巣

明暗と流れをキーワードにして、アジの付きそうなポイントを順に撃っていきます。

しかし、そんなに甘い話しはなくて、見た目は絶妙でも魚が付いていない場所ばかり・・・

そして数ヶ所目、フォールさせているリグにアタリとも取れないような違和感を感じたので、誘ってみると手応えがスカスカに??

食い上げているのかと慌ててラインスラッグを巻き取ってみたのですが、魚の手応えもありません。

結果、リグが無くなっていました。

キャスト切れした形跡も無いのです、不思議に思いつつ、再度ジグヘッドをリグって釣りを再開。

すると、移動した先のポイントでピックアップ中のリグに魚が食いついてきました。

結構水面に近い場所でヒットしたので、ヒットした直後に魚が何となく見えたのですが、長くてギンピカ (汗)

こないだとは全く違う場所なのですが、タチウオが入っていました。

ちょっと予想外の展開でしたが、地元のサーフの浅瀬にてパラガスで釣れるので、ベイトさえ入ってきていればそれを追って入ってくるのがタチウオです。

少しの間やり取りはしたのですが、こないだのように歯に当たらないように上手くフッキング出来ている訳でもなかったようで、あっさりラインブレイクとなってしまいました。

少し水深のある明暗ポイントはどこもタチウオが入っているようなので、ここで諦めて、最初に中アジが釣れたポイントを再度チェックして帰ることにしました。



丁寧に探れば絞り出せる!

さて、最初のポイントに舞い戻ってみましたが、新たに釣り人がいるでもなく、雰囲気はスッカラカンな感じ。

水位もかなり落ちてきてしまっており、釣れそうな雰囲気はありません。

しかし、せっかくなので少しだけ探ってみることに。

水深が浅いので、まずはボトムをチェック。

そして、バイト無し~~

そこで、少しレンジを上げてみるも、バイト無し~~

更に狙い目をズラしていって、明暗の外側にさしかかったところで待望のバイトをキャッチ。

先ほどの中アジのように問答無用で食ってくれる感じではありませんが、何とか釣り上げてやろうと思わせる感じの頻度でバイトが出ます。

結構威勢がいいのに乗らない。

サイズが小さいのか?

そんなことを考えながら浮かせ気味にして探っていくと、バイトと同時に一気にロッドを絞り込む元気な魚がヒット。

来た、中アジか?と思ったのも束の間、引きは小アジの手応えとなり難なく抜き上げ~

サイズは上がりませんでしたが、何とか食わせてやった気持の良い1匹でした。



ヒットした場所の周辺を探るも、どうもバイトが出るのは非常に限られた範囲のようです。

とりあえず、そのゾーンを通すようにして、浮かせるでもなく、ボトムでもないレンジを辛抱強く探っていくと~

コンッ!ビビビビビ~

セカンドフィッシュがヒット!

サイズは変わらない感じですが、浮いている魚を狙うと、掛けるのは難しいですがヒット後の引きはかなり楽しめるものがあります。

リグを丸呑みの嬉しい小アジ2匹目 (^^



バイトの頻度から、絞り出せばもう少し釣れるかも?と言う感覚持てたので、時間はどんどん遅くなっていきますが釣りを続けることに。

そして、ここから痺れる連発劇に突入していくことになりました。

簡単には食わないけど、食うタイミングを演出してやると乗せることができる。

釣れてくるアジはどれも豆アジではなく、それなりの小アジ。

後1匹、後1匹とついつい居残ってしまいましたが、とりあえずの区切りである『つ抜け』となったところで、この日のアジングを終了することにしました。






 








中アジ捕獲釣行 まとめ

と言うことで、前半はタケ師匠のヒントのお陰で久々の中アジをGETすることに成功できた、嬉しい釣行でした。

ここ最近は完全に諦めかけていたので、ヒントがなければ中アジには出会えなかった気がします。

しかし、今回の釣行をヒントに、12月に入ってももう少し中アジを追いかけることができそうな気がしてきました。

そう簡単には実現できなさそうではありますが、諸条件を加味しつつ、もう少し狙っていきたいと思います。

そして後半戦は小アジとの我慢勝負的な釣りになってしまいましたが、丁寧に探ることで数を絞り出すことができ、こちらはこちらで良い勉強になりました。

ここ数日の天気が暖かいせいかも知れませんが、ボトム優位の雰囲気は感じられず、如何にアジがいるレンジを見つけられるかで、完全スカで帰るか?アジを手中に収めて帰れるかの違いが出ることもわかり、自分の狙い目を探すスキルの向上にもつながってくれた感じがします。



更に気になったのは、ワームカラーとポイントとの相性です。

水の濁り具合、常夜灯の灯りの具合など、ポイントが変われば色々な条件が変わるのは理解していますが、とあるポイントと明らかに相性の良いワームカラーがあることを最近感じています。

この日のポイントは、明らかに【サーティフォー 34 オービー “わせれもん”】が強いのです。
image

他の色もいろいろ試していますが、毎回、このカラーへの反応が明らかに良いことを感じます。

他の場所では“だいだい”が強いところもありますし、何らかの条件の違いで相性の良いワームカラーが出来ているのかな?と思います。

以上、また長くなってしまいましたが、神戸港アジング以来の久々の中アジング捕獲釣行でした~


↓ブログを気に入って頂けましたらポチッとお願いします。更新の励みになります(^^
にほんブログ村 釣りブログ アジングへ

<参考>タックルデータ

ロッド:サーティフォー 34 アドバンスメント DFR-511
リール:ダイワ 15ルビアス1003 + ティクト CBSスプール-D
ライン:エステルライン0.25号+東レ パワーゲーム®ルアーリーダー

■NABRA Chase Fishing TOP へ