こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing (N.C.F.) GONTAです。

さて、今回はフィッシングアイテムのインプレです。

先日の試投ガイドの時に、自分のフィッシュグリップを持って行くのを忘れた為、まえやんさんに【サーティフォー 34 HMグリップ】をお借りしました。

このHMグリップに関するインプレ記事を書いてみようと思います。


既存製品の第一精工 ガーグリップ

私が使っているのは、第一精工さんのガーグリップです。

今やアジングには必須アイテム。

忘れてポイントに着いてしまうとテンションだだ下がりになるくらいです。


口が柔らかいアジにおいては素手でアジの口を持つのは難しいし、非常に暴れる魚なのでボディを持つと鱗だらけになってしまいます。
image

私が使っているガーグリップは、ハサミの部分にサーティフォーさんのロゴを刻印したもの。

昔は髭屋さんで刻印作業を請け負っておられたようですが、最近では受付をされておらず、新品は手にはいらなかったのですが、中古品を見つけて購入しました。

この製品については、アジをしっかりホールドできるのは良いのですが、ハサミの部分を開いた状態だとグリップ側の開き確度が大きく、手の大きな人(男性くらい)であれば不自由は無いかと思いますが、手の小さい方はグリップ部分の開き幅が大き過ぎて握り込みにくいのでは?という気はしていました。

また、握ったら握ったで、かなりしっかりと魚を挟んでしまうので、ちょっと強く握り込むとアジが『キューキュー』と鳴いてしまい、かわいそうな状態になっていました。

なので、HMグリップがリリースされた時はアジング用と言うことで注目したのですが、ガーグリップとそんなに違いがあるとは思えず、購入は控えていました。

サーティフォー 34 アジング用フィッシュグリップ HMグリップ

さすがアジング用と思える使い勝手

第一精工のガーグリップは、元々アジ用という製品ではなく、場合によってはタチウオなども掴むので、しっかり挟める機能が必要なんだと思いますが、先にも書いた通り小型のアジを挟むには少々忍びない感じでした。

しかし、新製品の【サーティフォー 34 HMグリップ】は、3点ほどの特筆すべき改良点が確認できました。



①グリップ部分の工夫

これは、使い勝手の部分で一番大きな改良点かと思いますが、グリップ部分の開き幅が小さいのです。

下の画像を見くらべてもらえばわかるかと思います。

■ガーグリップ

gargrip

■HMグリップ
HM_grip

この差が実際に使ってみると、かなり大きな差として体感できます。

ガーグリップの方がより獲物をしっかり握れる仕様になっているのは間違いありませんが、先ほどから書いている通り、そんなに気合を入れて握らなくても十分ホールドできるのがアジですので、グリップ部の握り易さを優先させるとHMグリップが優位なのも間違いない感じです。

②ハサミを閉じた時のクリアランス

これは魚の挟み心地にも影響するのですが、ガーグリップよりもHMグリップの方が、閉じた時の歯のクリアランスが少しだけ広いように感じます。

勿論、魚がすり抜けて落ちてしまうほど広い訳ではないのですが、豆アジでも優しく挟むことができるくらいのクリアランスになっています。

なので、慣れないとソフトにハサミ過ぎて、豆アジなどは落としてしまうことがあると、まえやんさんは言われていました。

少なくとも、15cm程度の魚であれば落とす心配は全くありませんでした。

③重量の改善

こちらについては素材の工夫で実現されている改善点です。

既存のガーグリップでもそれほど重さで困ることはありませんが、軽いならそれに越したことはありません。

HMグリップについては、本体部分をカーボン素材を利用することで軽くすることを実現しています。

目に見える性能面では無いにしても、ユーザーとしては嬉しい改善点かと思います。



サーティフォー HMグリップ まとめ

と言うことで、実際に使ってみることで良さが確認できた、というインプレ記事でした。

ロッドでもリールでも、何でもそうですが、実際に使ってみないと良し悪しがわからないことが多いですよね。

身近に利用者が居る場合は、少し使わせてもらうのがベストですね。

今回紹介のHMグリップも、価格的にはガーグリップと比べてかなり高額になっています。

それは、先の特徴としても挙げたカーボン素材の使用が原因になっている部分もあり、そのコストパフォーマンスをどう取るか?で購買の意思決定がなされるかと思います。

実際、メバリングではあまり使うことは無いので、あくまでもアジングメインのアイテムと言う感じで、アジを年中探し回っている方には重宝するアイテムではないかと思います。

因みに、一番肝心な入手方法ですが、現在では実店舗やネットショップで扱っているところは無い様子で、サークル34のWEBショップでのみ購入が可能なようです。

以上、簡単ですが、【サーティフォー HMグリップ】のインプレ記事でした。


↓ブログを気に入って頂けましたらポチッとお願いします。更新の励みになります(^^
にほんブログ村 釣りブログ アジングへ

■NABRA Chase Fishing TOP へ