こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing (N.C.F.) GONTAです。

寒さは相変わらずで、今朝などは地元の気温は1度台だったようです。

12月末にしては少し寒すぎるのでは?と思いますが、こんなことでメゲている訳にはいきません。

ということで、昨夜も深夜の修行に出撃してきました。

出撃タイミングも遅くなってしまったので、思い切ってメバリングとアジング両方やってみる覚悟で行ってきました。

翌日のことなど、さて置いての釣行でした。

さて、結果はどうなるか?

釣行記いってみたいと思います。お付き合いのほど宜しくお願いいたします。



1stラウンドは、メバリング!

釣り場の向いながら、メバルから狙うか?アジから狙うか?潮位はどうかな?などといろいろ考えてみたのですが、タイドグラフ的に下げ5分よりも下がっていそうだったので、先にメバルを狙ってみることにしました。

メアバリングと言えば、ここ最近はベイトタックル押しだったのですが、イメージ的に少し投げて中層も探ってみたかったので、敢えてスピニングタックル×PEラインで臨むことにしました。

久々に登場の【リップルフィッシャー リアルクレセント 65TZ/JH】に、PEラインの0.3号をセットです。

風が弱いので、ジグヘッドは軽めの【サーティフォー 34 ドライバーヘッド 0.5g】に、実績の高い【サーティフォー 34 タープル “はながすみ”】をセットして釣りを開始。

波も低く、表層付近に浮いているだろうと考えて、広く表層を探ってみますが反応無し。

しばし、キャストをせずに観察してみるも、ライズらしき反応も一切無し。



あれ?イメージと違う??

一抹の不安を抱きつつ、気になるポイントは何度も入り直してチェックしてみますが、ヒットどころかバイトを感じることさえないままに時間が経過します。

浅いレンジはダメなのか?と2m前後に沈めて(イメージ)狙ってみますが、それでも反応無し。

居ないはずはないのに、と思うのですが、結果が返ってきてくれません。

半ばあきらめかけた頃に

ツンッ!!

とメバル特有のアタックするようなバイトをキャッチ。

すかさずに再度同じラインを通してみると

ココ、ブルブルブル~~

ようやくヒットです。

サイズはそれほどでもなく、タックル的には瞬殺でしたが、サイズでは測れない満足感がありました。



結果は、少しだけレンジが入った感じでした。

イメージですが、水面下20cm~50cmくらい。あくまでイメージです。

場所は変えつつ、レンジは合わせるように意識して探っていくと、しばらくして

コンッ!

気持の良いバイトでフッキングもバッチリ。

サイズは1匹目と同じような感じでしたが、何とか2匹目をGET。

この魚も17cm前後という感じ。

何とか20cmの壁を超えるべく探しまわったのですが、結果はノーアンサー~

回遊してくるメバルも居ますが、基本は居ついている魚を狙っているイメージなので、これだけ状態が把握できていないからには、この日は厳しいと判断し、深夜ながらもアジングの為に移動することにしました。





2ndラウンドは、アジング!

さて、移動した先では風も完全に止んでおり、ライトゲームには最高の条件。

しかし、問題は潮位。

タイドグラフだと、夜中の1時55分がド干潮。しかも、ド干潮まで行くと潮位はマイナスになります。

とりあえず、実績のある場所を探って回ってみようと思い、タックルを持ってポイントへ。

アジングなので、タックルは安定の【サーティフォー 34 アドバンスメント DFR-511】です。

ワームは、意外と効果的であることが体験できた、【サーティフォー 34 オクトパス “きん”】

因みに、先般のブログではワームカラーを“ぎん”と書いたのですが、昨夜に良く見てみると“きん”でした~ (^^;;

気になるポイントを撃っていきますが、カウント5~カウント10のレンジではバイト無し。

しかし、それより下げてアジが居るとも思い辛いので、このレンジでアジが居る場所を探してみる作戦にして、転々と場所を変えて探っていきます。

とにかく、潮の動きが無い~~~



少しでも潮の動きそうな場所を求めて移動してみると、ゆっくりですが水に動きを感じられる場所を発見!

腰を据えて釣りをしてみることに。

すると、釣りをしている間にも徐々に強い流れが出てきてくれました。

ド干潮前の最後の動きという感じです。

そして、流れを見つつ、暗部から明部へ流し込んだリグに

ツツッ!

とようやくアジらしきバイトが出てくれました。

なかなかイージーに食い込んでくれませんが、『アジを焦れさす作戦』で何とかフッキングに持ち込みました。

上あごの良いところへ、しっかりフッキングでアジ1匹目!!



アジの居場所は見えたので、ここで、なが~~いケイムラワームならもっと反応するかも?とワームを交換。

【MARS ストレンジャー30 GIGA】にチェンジしてみることに。

反応があったゾーン&レンジにリグを入れ込んでいきますが、予想に反して反応無し・・・

下げの潮が効き始めたようなので、少しエリアを広く捉えてサーチしてみますが反応無し・・・

潮が動いて魚が浮いたか?と思いレンジを上げても反応無し・・・

まぁ、オールマイティなカラーがあれば、それしか売れないので、その時々で当たりカラーが変わるのは理解していますが、なかなか思うようになりませんね。

同じポイントに固執していても釣果が伸びそうになかったので、ここで少し大きく移動することにしました。



移動した先で、ようやくアジの忘年会場所を発見??

少し移動してアジ調査再開。

先ほどと同様に少しでも潮の動きがある場所を探して行くと、実績のあるポイントで~

ツン!ツツンッ!!

これは期待できる生きの良い反応。

再度同じラインを通してみると、食い上げのようなアタリので出ないようなバイト?

誘おうとアクションを付けた時にフッキングしました。

引きは極貧でしたが、とりあえず2匹目GET。

この魚も【サーティフォー 34 オクトパス “きん”】で食ってきたのですが、このカラーは本当にここ数回の釣行内では当たりです。



ここで再度、ワームカラーを変えてみることにしました。

懲りずになが~いケイムラワームを投入しますが、やはり反応無し。

昨日は一応2匹は釣れたのですが、この日はこのカラーにはいよいよ反応がありません。

そこで、再度【サーティフォー 34 オクトパス “きん”】に替えてみると、カウント10くらいのレンジで早速反応が!

これだけ反応が変わるにも、アジングならではの面白さかも知れませんね。

反応が出たエリアを重点的に探っていくと、明確なトントンッ!というバイトの後でぐっと入る手応えに反射フッキング!

今度は少し良い手応えで、上がってきたのは20cm弱クラスの良いアジでした。



潮位が潮位だけに、カウント10クラスはほぼボトムのイメージ。

再度同じゾーンを狙っていくと、誘いはじめくらいの早いタイミングでバイトが出ますが、それ以上誘っても追い食いはしてくれません。

とりあえず、最初のフォールに集中して待っていると~

トン、トトトンッ!

待っていただけにフッキングに成功。

エステルラインは伸びが少ないので、反射的にフッキングした際の掛かりは抜群ですね。

この魚も引きはまぁまぁで気持ちよくやり取りを楽しんで抜き上げ~~

綺麗に硬いところへ貫通フッキング (^^

ここまで来て、ようやく魚の密度が濃い場所へたどり着いた感じです。



厄介な邪魔者登場?

さて、時間は遅いけど、ここから巻き返す気満々で釣りを続けます。

魚の魚影が濃そうと言っても、少し前のような入れ食いになるような状況とは大違いです。

他よりはバイトが多いというくらいで、コンスタントのバイトは出ますが、乗らないバイトも多くて苦戦を楽しむようなドMな釣りになってしまいました。

シビアなバイトを掛け損ねて、ロッドを戻した時にフォールしたワームに食ってきました。

今度はしっかり掛けにいって、何とか1匹を追加!

しかし、ここから事態が変わることになってしまいました。



少々大袈裟に言い過ぎましたが、この次のバイトが問題になりました。

更に次のアジを狙っていると、いきなり

トンッ!

一際大きなバイトが出て、反射的に合わせたのですが、手応えが???

しかも、一緒にジグヘッドの手応えが無くなってしまいました。

??

ラインを回収してみると、ほぼジグヘッドの付け根部分でラインが切れていました。

アワセ切れはほぼしたことが無いのですが、結び目が弱っていたのか?と思いつつ、再度リグってキャストを続けました。

少しずつキャストの確度を変えていくと、ポロポロとバイトが。

バイトがあって乗らなくても、メバルのように送り込んでも食い込んでくれないので、逆に『アジを焦れさす作戦』を展開して、何とか次の魚のフックアップに成功。

ほとんど押さえ込むようなバイトに近く、大きなバイトを出すように積極的にいかないとバイトが拾いきれない感じです。



更に欲張って、あと1匹、と思いキャストを再開すると、またも大きめの鋭いバイトが出て、そのまま手応えが無くなってしまいました。

ボトムを釣っていたので意識していなかったのですが、これって、タチウオ??

ここで、手持ちの【サーティフォー 34 オクトパス “きん”】も在庫切れ~~

他のレガシー系のカラーの“うみほたる”に替えてみるもバイトなし・・・

ということで、かなり時間も遅くなっていたので、ここで諦めて帰ることにしました~~

往生際が悪いですね (^^;



ダブルヘッダー釣行 まとめ

と言うことで、厳しいダブルヘッダー釣行でしたが、それなりに気付きは得られた釣行でした。

メバリングについては、年が明けて産卵後のメバリングをメインに過去やってきたこともあり、産卵前~産卵期のメバルの探し方がまだ確立できていません。

アフターは浮いている場合が圧倒的に多いのですが、今の時期は浮いている魚も居れば少し沈んでいたり、何かのシモリに付いていたりする個体も多く、探す時に決めてに欠ける感じで苦労中です。

浮いている個体は一言で言うとライズしたりして存在確認が楽ですが、沈んでいる個体はそのゾーンやレンジを見つけるのが難しいので、何らかの法則性を見出さないことには行き当たりばったりで終わってしまいます。

産卵前の期間が短いので、この検証は今後の大きな課題です。

また、アジングについては、今年に関しては今まで調査していなかった場所にテリトリーを広げていることもあり、新たな気付きが多くあります。

恐らく、過去も気付いていなかっただけで12月~1月でも少ないながらにアジは居たのではないかと感じています。

海水温が下がり切るのは2月~3月頃なので、1月も水深次第では居残っているアジが居る場所があるとの仮定でもう少し調査を続けてみたいと思っています。





↓ブログを気に入って頂けましたらポチッとお願いします。更新の励みになります(^^
にほんブログ村 釣りブログ アジングへ

<参考>タックルデータ

■メバリング
ロッド:
リップルフィシャー リアルクレセント 65JH/TZ
リール:ダイワ 15ルビアス1003 +
ティクト CBSスプール-D
ライン:PEライン0.2号+東レ パワーゲーム®ルアーリーダー

■アジング
ロッド:
サーティフォー 34 アドバンスメント DFR-511
リール:ダイワ 15ルビアス1003 + ティクト CBSスプール-D
ライン:エステルライン0.25号+東レ パワーゲーム®ルアーリーダー

■サーテッィフォー 34 オクトパス
カラーバリエーションの多いこのワームですが、古いカラーやご当地カラーで面白くて良く釣れるカラーがあります。私は“きん”が最近お気に入りですが、“なみのはな”も良く釣れるカラーですし、“こもちわかめ”はメバルに効果が高いカラーです。




■NABRA Chase Fishing TOP へ