こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing (N.C.F.) GONTAです。

昨夜は、たまたま釣り友さんとコラボ予定が入り、ちょうど調査しようと思っていた地元調査に出撃することにしました。

調査対象はメバル。

あまりメバルの情報が無いポイントですが、条件的には釣れてもおかしくなのでは?と思っていたので、年始早々にチェックしに行くことにしました。

さて、調査結果はどうなるか??

釣行記いってみたいと思います。




情報無しの地元ポイント調査

スタートフィッシングは深夜0時。

待ち合わせをしていた釣り友さんに、頼まれていたアイテムを渡しつつ、タックルの準備をしてポイントに入ります。

タイドのタイミングとしては午前4時半頃が干潮なので、かなり潮位が下がっています。

満潮時には水没しているストラクチャーも露わに出てきており、水深が無いのであれば表層から、と言うことで、まずは【土肥富 Odz オッズ Flow Drive Head 1.0g】で表層を探っていきます。

気になっていた場所を数ヵ所チェックしましたが反応無し。

ならばと、少しレンジを下げて探ってみますが、水深が浅くなっている分、水中のインビジブルストラクチャーへのコンタクトが多くなってしまい、根掛かりそうで攻め切れません。

ならばと足元チェックに走って、延々と探っていきますが、サッパリ反応無し。

風が微妙にあり、ライトリグの操作が思うようになりにくい状況なので、ここで軽量リグでの表層ゲームを諦めて、中層ワインドを試してみることにしました。

【デコイ デルタマジック】で中層をメインにワインドで探っていきますが、全くの無反応。

途中で釣り友さんと会ったので状況を聞くも、全くダメとのこと。

その後、1時間ほど寒空の中で粘りましたが、満月で明るい上に澄み潮ときては釣れそうな気がしません。

結果は得られず、地元調査はここで終了にすることにしました。

次にここを調査する時は、新月のタイミングで来たいな~と感じました。

   
やはりボトムロックは期待を裏切らない

さて、一旦釣り友さんと別れた後、新年早々にノーフィッシュは辛いな~と思い、ボトムロックに遊んでもらうべく河川絡みのポイントの様子を見に行くことにしました。

この時点で風はほぼ無風状態。

ド干潮までは2時間ある無しの時間帯。

ここでは狙いをボトムロックに絞ってチェックしてみることにしました。

リグは【デコイ デルタマジック 1.8g】で釣りをスタート。



根掛かりを回避する為、あまりボトムステイを長くしないようにして、ラインテンションを維持しつつボトムで見せて食わせる作戦で攻めていきます。

ガシラでもタケノコメバルでも、何でも食ってきた魚は獲るつもりで集中して探っていると、誘い上げたリグがボトムに落ちたかな~というタイミングで

コンッ!

すかさずフッキング!

グイグイとボトムへ走る気持ちの良い引き~~

なかなかの重みにほくそ笑みつつ、抜き上げた魚はタケノコメバルでした。

とりあえず、これで完全ボーズは回避できました (^^



気を良くして釣りを続けると、バイトをキャッチ。

フッキングに至らなかったのですが、再度同じラインを通すと~

トンッ!

ボトムロックは期待を裏切りません (^^!!

フッキングもバッチリ決まってファイト開始。

これも良く走るのでタケノコメバルっぽい!

そして上がってきたのはタケノコちゃん。

サイズもアベレージくらいでしょうか?20cmくらいのちょうど良いサイズです。

やはり河川が近くにあるポイントはタケノコメバル率が高いです~~



更に更に探っていくと、コツコツと小さいバイトが?

乗らないので、再度通すと~

コツ!!

フッキングすると生命感は感じますが、重みは極小・・・

とりあえず、3匹目のタケノコメバルをGET!





更に更に、サイズアップを目指して撃っていきます。

タケノコメバルも大きくなれば尺は超えるので、決して油断はできません。

しかし~~

次のバイトでヒットしたのは、またまた可哀そうなくらいの極超タケノコ。

よくこのリグを食べたね!と驚くくらいのサイズでしたが、しっかり食いついています。

よほどお腹が減っていたのでしょうか?

すぐに海に帰っていただきました。

次は尺超になって釣れてくれることを祈りつつ~ (^^




サイはともかく、複数匹釣れてくれたので、心は随分満たされてきました。

最後に、魚の居そうなストラクチャーの際だけチェックしてみようとリグを投入すると~

ツ・・・ツツツ!

ロッドティップを持っていくくらいの勢いの良さ。

すかさずフッキングするもすっぽ抜け~~

針には掛からなかったので、再度同じラインを通してみると

ツンッ!ツツ・・・ツツツツ~

今度はしっかり送り込んでからフッキング!!

しかし、すっぽ抜け(涙)

ぬお~~乗らん!!

念のため、再度同じラインを通してみると~~

ツツ、ツツツン!!

まだ食うか?どんだけお腹減っているのだ、君は?

と思いつつ、送り込んでみると、グングン持っていきます。

最大限送り込んで~~フッキング!!

ようやく乗りました!!

グイグイとまぁまぁの重さで引いてくれます。

最後のタケノコか?と思ったのですが~

上がってきたのは、ソイ系の魚でした。

黒くないのでムラソイではないんじゃないかと思いますが、お魚の勉強不足で正解はわかりません。

とりあえず、2種目をGETしたところで、この日の釣りは終了としました。



メバリング Day-3 まとめ

という事で、地元でのメバリング調査は失敗に終わりましたが、心優しいボトムロック癒してもらい何とか枕を涙で濡らさずに済みました。

毎年、この時期はメバリングで苦戦してボトムロックに癒してもらっている記録が残っていますが、ボトム周辺の研究を重ねる価値について、今年はちょっと関心度が高まってきています。

浅いレンジの魚は存在も分かり易くてねらい易いのですが、深い魚は改めて難しいと感じています。

難しいだけにヤリガイがある?

アフターの時期になる前に、要攻略です!!




<参考>タックルデータ

ロッド:リップルフィシャー リアルクレセント 65JH/TZ
リール:シマノ 16ストラディックCI4+ C2000S
サーティフォー 34 ゼログラダブルハンドルVerⅢ
ライン:東レ ソルトライン®️メバリングフロロ 2.5lb

■東レ ソルトライン® メバリングフロロ
バス用のフロロカーボンラインよりも細くてしなやか。
ソルトのライトゲームには使い易いラインだと思います~ (^^
メバリングには2.5lbくらいがちょうど使い易いです
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東レ メバリング フロロ 150m 2.5ld(0.5号)
価格:1360円(税込、送料別) (2018/1/7時点)



■NABRA Chase Fishing TOP へ