こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing (N.C.F.) GONTAです。

昨年末にシマノの18ステラについて記事を書いてみたのですが、その時点から気になっていたことがありました。

シマノの旗艦リール『ステラ』に対峙する、ダイワの旗艦リール『15イグジスト』。

ステラと比べると1年早いサイクルではありますが、今年辺り更改が来るのでは?と思っていました。

そして、2018年がスタートし、ダイワから情報が発信!!

やはり出ます、『18イグジスト』

ダイワの60年の歴史を懸けてリリースされるとのことです。


18イグジスト

見た目のシンプルさと言うか、雑味の無さは、シマノのステラと申し合わせたかのような感じです。

まだ詳細は公開されていませんが、新機能としてはスプールが遠投性能を追求した『ロングキャストABS』になっていたり、『タフデジギア』が採用されていたり。

個人的には、あまりギア素材に気合を入れて欲しくない(アタリが付くのに非常に時間がかかる)のが本音。

ハイパーデジギアのゴロゴロ感は正直我慢できませんでした。

しかし、上位機種には長く使える機能が求められるので、仕方ないのかも知れませんね。

また、ATDやマグシールド搭載は当然ですね。

グリップなども新しい形状が採用されるようです。

しかし、現在公開されている情報で特筆すべき点としては、フィネスモデルには『マグシールドラインローラー』や『マグシールドボールベアリング』が採用されない点。

リールの軽量化が目的のように書かれていますが、マグシールドはそんなに重いパーツなのでしょうか??

実際には極細ラインでテンションが掛かりにくい状態では、ラインローラーにマグシールドは不向きである点をメーカーとして受け入れられたと感じます。

また、マグシールドボールベアリングも、どの部分に使わないようにしているのかがわかりませんが、巻き心地のタルさを回避する為に抜いたのかな?と感じます。

管釣り用にマグシールド抜きするのは、今や常識とさえ感じるくらい皆さんされていますし。

その他の重量情報などは今後掲載とのこと。

次回の追加情報は1月11日とのこと。

チョイ出しするな~~~ (^^;;

新機種の情報を簡単にオープンにしないのがダイワさんのこれまでのスタンスなので、戦略として受け止めたいと思います。

実際、気になるのは事実ですね。

このネタはまた、情報が見えてきたら続報を書いてみたいと思います。

■ダイワ 18イグジスト
全貌が明らかにされていない?のに、既に予約販売が開始されているという事実(^^;;
既にショップの購入画面では、ラインナップや重量などのスペックが掲載されています。


■NABRA Chase Fishing TOP へ