こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing (N.C.F.) GONTA です。

最近は新製品情報が多くなっていますが、時期的に仕方ないと思ってお付き合いください。

さて、今回は私も日頃愛用しているライトゲームロッド、【リップルフィッシャー リアルクレセント】が2018年にリニューアルデビューするとのことで、その内容に触れてみたいと思います。
realcressent

現在使っている機種でも、これ以上の出来は他に無いだろうと確信できる素晴らしい出来なのですが、それを敢えてリニューアルされてきました。

そして、特筆すべきは、待ちに待っていたあのラインナップが追加されたこと!!

では、製品チェック、いってみたいと思います。



NEWリアルクレセントはナノアロイブランクス

ヤマガブランクスのライトゲーム用ブランドのブルーカレントでは、既にNANOシリーズがリリースされていましたが、リアルクレセントではTZシリーズ(トルザイトリングシリーズ)は出ているものの、NANOシリーズは発売されていませんでした。

まぁ、軽さとシャープさが売りのリアルクレセントなので、NANOの必要性はあまり感じていなかったのですが、ブルーカレントのNANOモデルを使っていて、あの独特のしなりと戻りはキャスト性能にも貢献しているし、魚とのやり取りにおいてロッドがしっかり曲がり込むので、釣っていて楽しいロッドというイメージがありました。

そして、今回、万を辞して登場するNEWリアルクレセントは、とうとうブランクスにナノアロイを適用しています。

リップルフィッシャーのロッドは、他のマグロ用やショアジギ用のロッドではNANOが適用されていたので、次のリニューアルではNANOモデルになるだろうと思っていましたが、期待を裏切らずにやってくれました。

NANOロッドの特徴は何といっても柔軟なしなりと、戻るパワーの凄さ!

メーカーHPの商品紹介でも、旧モデルとは全く別モノと書かれていますが、どのように別モノなのか?一度振ってみたいものです。

試投では、地元の専門ディーラーさんである
アースフィールドさんで試投ロッドがあるとのことなので、近々行って、振ってきたいと思います。

因みに、デザインの全貌はわかりませんが、元々質実剛健なデザインのリアルクレセントなので、そこは従来の延長でいってくれていると信じています。



そして待望のベイトモデルがラインナップ

ヤマガブランクスからは、先行してライトゲーム用ブランドのブルーカレントからベイトモデルがリリースされており、その中の1本を買って使っています。

これはこれで良いロッドなのですが、スピニングロッドでリアルクレセントを使っていて、ベイトモデルが欲しいなぁ~とずっと思っていました。

カスタムオーダーで作ってもらおうかな?とさえ思っていた矢先、NEWリアルクレセントのラインナップを見て驚き!!

ベイトモデル、出ているじゃありませんが!!

決して気持ちが届いたとは言いませんが、ベイトフィネスリールの普及もあり、ライトゲームでもベイトタックルがスタンダードになりつつあるんだということを感じさせてくれます。

因みに、ブルーカレントベイトは6.3フィートの一番ライトなモデルですが、ブルーカレントではNANOを適用しているのは一番長い7.8フィートのロッドだけでした。

これに対して、NEWリアルクレセントはベイトモデル全てにNANO適用。

スピニングロッドよりは張りを持たせた設計になっているようですが(下のベントカーズ図参照)、NANOロッドは無負荷の状態で振った感じのシャープさ(硬さ)からはわからない柔軟性とキャスト性能が備わっています。

メバリングのハイシーズン、リアルクレセントのベイトモデルで楽しめるのが嬉しいですね。

realcressent_3

NEWリアルクレセント まとめ


ということで、早速
アースフィールドさんにお願いして予約をしてしまいました。

一応、6フィートのモデルを頼みましたが、正直RC57Bも魅力ですね。

ここ数年、ベイトタックルでもライトゲームをやってみて、アジングにはスピニングタックルが合っているという結論に至っている私ではありますが、RC67Bを使ってみてその考えが変わるかもしれません (^^;;

どこまでいっても消え去らないベイトタックルの魅力って何だろう?と思うのですが、その答えは使い続けないとわからないのかも知れませんね。

タックルの進化によって、昔は出来なかったようなことができたりと、その恩恵は計り知れないものがありますが、せっかくなので預かれる恩恵には最大限預かってみたいと思います。

なお、このNEWリアルクレセントは、これから始まるフィッシングショーでも実際に触ることができるようです。

気になる方は、是非、フィッシングショーで振ってみていただきたいと思います。

フィッシングショーOSAKA 2018に関する情報

リアルクレセントの振り抜け感は感無量なものがありますよ (^^

■NABRA Chase Fishing TOP へ