こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing (N.C.F.) GONTAです。

さて、今回は新製品というか、既存製品の派生品で便利アイテムを見つけたので軽くご紹介してみたいと思います。

ターゲットは【MAGBITE×INX label コラボ RUNGUNコンテナー】

rungun_1
<出展:INX label Fish-IN

しっかりとシーリングロックされて、万が一水に落としても浮くし浸水しないMAGBITEさんのタックルボックスは【マグタンク】として結構前から発売されています。

また、ガンクラフトさんでジョイクロを入れておく為のルアーボックスを出されていたり、その他いくつかのメーカーさんとコラボした商品も出ているのですが、今回紹介するのはINX labelとのコラボ商品になります。

ライトゲームブランドのINX label として、ライトゲーム用のプラグを収納することを意識した設定の商品になっているところが今回の商品の特徴かと思います。



RUNGUNコンテナーは、本体側と蓋側の両方にプラグが収納できるようになっています。

蓋側は浅いので、小型のプラグをメインに収納する感じ。

長さ的には75mmまでのプラグなら収納可能のようです。

ちょうど、INX labelコラボ商品の【バスデイ S.P.M 75 超色】くらいまでが収納できるようになっています。

細身のプラグなら各仕切り内に2~3個は収納できそうな感じです。

rungun_3
<出展:INX label Fish-IN

続いて、本体側について。

こちらは深さがあるので、メバペンマグナムやザラ・パピー、ザラ・タイニートーピード、そしてスープラ65PDなどのファット且つボリュームのあるプラグの収納が可能です。

この辺りのボリュームのあるプラグは、小型で薄型のタックルボックスには収納し辛いので、深さがあるスペースは嬉しい限りです。

rungun_4
<出展:INX label Fish-IN

全部で約40個ほどのプラグが収納できるようで、釣りに行く時にはこのボックスにその日使おうと思っているプラグを選択して入れておけば、ほぼ一日困ることなく釣りができる感じではないでしょうか?

実際、それ以上持ち込んでも使わないことが多いですからね (^^;;

また、カラーラインナップはレッドとイエローの2色なので、デイゲーム用とナイトゲーム用や、シンキング系とフローティング系などに分けておけば、釣り場でルアーをセレクトする際にも判りやすくて便利そうです。

rungun_2
<出展:INX label Fish-IN

また、蓋のロック機能についても、ベースのロック機能に加えてロックラッチが備わっており、謝ってケースが開いてしまう危険性もありません。

しかし、開閉は片手で簡単にできるようになっているので、使い勝手に支障はないようです。

釣り場で謝ってプラグケースの蓋が開いてしまい、プラグを落としたり、バッグの中でプラグが散らばってアチコチにトリプルフックが掛かってしまい大変になった経験もあるので、ちょっとした工夫なのかも知れませんが、安心して使うことができる実釣機能かと思います。

rungun_5
<出展:INX label Fish-IN

また、同時にリリースされている商品として、仕切りや内部構造物が一切無いフリーコンテナーがあります。

こちらは大きなプラグやリーダーやハサミなどの小物を入れておくのに使えそうです。

とにかく水の浸入を防いでくれているので、雨の日や塩水をかぶるような状況では効果を発揮してくれるのではないかと思います。

使用したプラグを分けて入れておくなどの使い方も良いかもしれません。

rungun_6

と言うことで、釣りを快適にしてくれるアイテムとしてのご紹介でした。

ボリューム的には少しかさばるのが気になるところではありますが、釣りをしている間に手元に置いておくプラグを1つのBOXで賄えるのはありがたいところです。

因みに私も気に入ったので、レッドとイエロー、それぞれ1つずつポチっとしてしまいました。

手元に届いたら、このコンテナーに入れて釣りに連れていくプラグの選択をするのが楽しみです (^^

■MAGBITE×INX label ランガンコンテナー








■NABRA Chase Fishing TOP へ