こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing (N.C.F.) GONTAです。

ここ最近、ライトゲームで使うラインで迷っています。

と言うのも、今の時期のライトゲームのメインターゲットはメバルであり、メバリングにおいては、その釣り方や魚の特性を含めて、いろいろとラインに期待する要素が多く、何の要素を重要視するかで適合するラインが変わってくるからです。

しかし、実際に釣り場に行って、そうそうラインを状況に合わせて変えてもいられません。

そこで、今回はメバリングを意識したラインの検証を記事にしてみることにしました。

そして、その延長で、是非試してみたいラインを見つけましたので、そのご紹介もしてみたいと思います。

お時間のある時にお付き合いいただければ幸いです。


感度と強度で勝るPEラインも、実釣では風に対する弱さがネックになる

ラインについては、アジングであれば、ここ数年の経験により、自分の中での答えは出ており、それは『エステルライン』になります。

ギガだとか、テラだとかのレベルのアジが釣れる地域ならいざ知らず、私のメインフィールドである大阪湾の湾奥であれば、尺を超えるアジはほぼ釣れないので、魚のサイズに合わせれば0.2号~0.3号のエステルラインを使っておけばほぼ心配は無いという状況であり、伸びないというライン特性をふんだんに活かすことができるメリットを考えると、エステルライン以外の選択肢は出てこない感じです。

しかし、これがメバルになると話しが違います。

港湾の奥の方の常夜灯などに集まっているチビメバルで楽しませてもらうこともあるし、ジグ単で少し深いレンジを狙うこともある。

また、遠浅なエリアでフロートリグなどを遠投して広く探ることもあれば、TOPウォーターをプラグで狙うこともあれば、潮の流れを意識してシンペンやシンキングミノーでサブサーフェス~中層を狙うこともある。

アジングでもいろいろなシチュエーションに合わせていかないと釣れないのは重々承知しているのですが、メバルは湾奥という限られた環境下であっても、いろんなことを試さないと釣れない。

裏を返せば、いろんな釣り方で釣れるのがメバルということになります。

これはこれで非常に楽しく、個人的にも大好物の釣りなのですが、ひとつ厄介な点はどんな狙い方でメバルを釣ろうとしているかによって、ラインを何にするかが変わってくるということです。

基本的には、① PEライン、② フロロカーボンライン、③エステルライン の3種類になります。

もっと基本的なラインとして、ナイロンモノフィラメントもありますが、ライトゲームで使うような極細ラインでは非常に伸び率が大きくなってしまうので、ここでは敢えて取り上げません。

比重がフロロカーボンラインよりは軽いのでTOPウォーターでのプラグゲームメインという方には、アリではないかとは思いますが。

話しを3種類のラインに戻すと、細さと感度という点ではPEに勝るラインはありません。

細さはルアーの飛距離に影響しますし、伸びないという特性は感度の面では絶対的なアドバンテージがあります。

しかし、PEラインは比重が非常に軽いが故に風に非常に弱いという弱点を抱えています。

リーダーの結束が不便という点では、エステルラインも同じですが、これについては慣れてしまえばしゃべりながらでも楽に結束することが可能です。

少し話は逸れますが、ライトゲームにおいて、PEラインとリーダーの結束方法で特に私がおススメするのは『武田式 3.5ノット』です。

どんなノットかは過去の記事に詳しく記載していますのでそちらを見てください。



ただ、簡単にこのノットについて言わせてもらうなら、強度も高く結束作業が簡単なので、ライトゲームには絶対におススメできるノットになります。

このノットを覚えてから、ここ最近ではライトゲームではFGノットを組むことは皆無になりました。

FGノットと同等とは言いませんが、ライトラインにおいては実釣において必要十分な強度は確保できるノットだと思います。

と言うことで、リーダーの結束は慣れ次第と言うことで解決できるとしても、風という自然環境への弱さについては解決する方法はありません。

PEラインは非常に高性能ではありますが、使う環境を選ぶという点では結構厄介なラインということです。


オールマイティなフロロカーボンラインも、太くなってくると厄介

そこで、次に候補として上げられるのがフロロカーボンラインになります。

正直、このラインが一番オールマイティで使い易いラインだと思います。

いろんなメーカーさんから多くの種類のラインが発売されているので、選択肢が多いのも魅力です。

後で書きますがエステルラインのように結束部が弱いこともないのでリーダーは不要ですし、ラインの比重があるので風などの影響も受けにくいラインです。

しかし、このラインの弱点は硬さです。

根ズレなどに強いというのがメリットとしてあるのですが、スレに強いと言うことは、ラインの表面やラインの素材そのものが硬いと言うことになります。

ラインの素材が硬いとどうなるか?何が悪いのか?ですが、ラインが放出される時にガイドに触れる(ガイドを叩くと言う言い方もある)度合いが強くなり、結果としてルアーが飛びにくくなります。

バスフィッシングのように、軽いと言っても3g以上くらいあるようなリグならルアーが飛んでいく慣性力が勝ってルアーがしっかりと飛んでくれるのですが、ソルトのライトゲームでは1gに満たないリグを投げることも珍しい話しではなくて、そんな軽いリグを扱う時にはラインがガイドを叩くと著しくルアーが飛ばなくなってしまいます。

実際、自分が使った感覚としては、比較的ガイドが大きなモノがセットされているリアルクレセントやブルーカレントでも、3lbのフロロカーボンラインでは快適に軽量リグをキャストするのは難しいと感じます。

ライトゲームでフロロカーボンラインを使うとなると、やはり2lbをMAXとして、それ以下のラインを使われることをおススメするところです。

また、フロロカーボンラインもナイロンラインよりは伸び率が小さいと言いつつ、ある程度は伸びます。

且つ、モノフィラメントラインは細くなるほど伸びやすくなるという特性があるので、ライトゲームで使う極細ラインともなれば尚のこと伸びます。

こうなると、繊細なバイトなどはキャッチし辛くなります。

極細ラインの扱いに慣れていない方はバイト云々よりもまずトラブルフリーを優先させてフロロカーボンラインという選択肢は大いに正解だと思いますが、少しライトラインに慣れてくると物足りなさを感じるもの事実かと思います。

最後に、フロロカーボンラインの弱点をもう一つ挙げるとすると、巻き替え直後のトラブルの多さです。

フロロカーボンラインは硬いが故に、スプールに馴染むのに時間がかかります。

スプールに馴染んでいないラインは、キャスト時のライン放出時に膨らみ必要以上にスプールから出ていってしまうので、バックラッシュやピョン吉の原因になりやすくなります。

PEラインのようにしなやかなラインでは起こりえない頻度で前述のトラブルが発生します。

なので、フロロカーボンラインを使われる時は、必要最低限の太さ(強度)のモノを選ぶことと、釣行までの時間をしっかりとる(釣行の1週間くらい前に巻いておく)こと、そして静電気排除の目的も兼ねてラインコーティング剤(PEにシュ!など)を吹き付けておくことをオススメします。

以上、幅広く適応してくれて強度面では安心して使えるけど、トンガった特性を求めることはできないのがフロロカーボンラインという感じです。


最後はエステルラインの考察

最後に登場するのがポリエステル素材で作られているエステルラインになります。

エステルラインと言えば、少し前まではアジング用のマイナーなラインで、伸びがPEライン並に少ない為、感度は良いが切れやすく、リーダーの結束が不可欠といった扱いにくいラインというイメージが強いラインでしたが、ここ最近ではかなり市民権を得てきており、いろいろなメーカーさんからエステルラインがリリースされています。

ラインの改良も進み、ナイロンラインの扱いやすさに近い性能になっているエステルラインも売り出されていたりします。

■サンライン 鯵の糸



このエステルライン、扱いに慣れてしまうと、先にも書いた通りアジングでは手放せないと言えるほど釣り易いラインで、伸び率の低さからくる感度の良さに加えて、ラインの比重がある程度高いので、フロロカーボンラインほどまでとは言えないながらも、風にも強くいろいろな自然環境に対応してくれます。

ただ、このラインにも当然ですが弱点はあり、何度も書いている通り、伸びが無いのでフッキング時の合わせ切れを起こす可能性が高いことと、太さ(号数)に対してフロロカーボンラインほどの強度が発揮できないという点です。

豆アジングなどでよく使う0.2号クラスで0.9lb~1.0lbが標準的な強度。

これでも400gくらいの魚なら抜き上げることができるので、スレンダーなスタイルのアジなら問題ないのですが
メバリングとなると少し事情が変わってきます。

メバルはアジに比べるとマッチョなボディなので、同じサイズならウェイトもアジよりは重くなってきます。

これに加えてトルクフルな引きを考えると、極細のエステルラインでは心もとないのは事実。

せっかく良型のメバルをヒットさせても、やり取りや抜き上げでラインブレイクとなると魚にも優しくありません。

しかし、そんな弱点を踏まえてもエステルラインにはライトゲームに相性が良い特性があります。

伸びが無いと聞くと、硬いラインというイメージを持たれますが、実際に使ってみるとフロロカーボンラインに比べると明らかにコシが無く、PEラインに近いしなやかさを持っているのがエステルラインで、最近のライトゲームロッドのトレンドであるマイクロガイドシステムにはすこぶる相性が良いのです。

スピニングタックルだと仕組み上、キャスト時にラインが螺旋状に放出され、それがガイドに当たるのですが、エステルラインはフロロカーボンラインほど放出時のラインの暴れが発生せず、小さなガイドシステムでもスムーズにラインが抜けてくれるので、軽量リグのキャストではフロロカーボンラインよりも明らかに飛距離を稼ぐことができます。

標準的なガイドシステムのロッドならフロロカーボンラインとさほど違いは感じませんが、マイクロガイドシステムではこの差が顕著に表れてきます



このエステルライン、最近では感度の良さに注目されて管理釣り場のトラウトでも利用されるようになっていますね。


まだ、それほど多くのメーカーから出ている訳ではありませんが、VARIVASさんから発売されています。

■VARIVAS スーパートラウト エリアマスターリミテッド



ジャンル違いではありますが、価格も安く実売価格で税抜きで1,000円弱!

結構使えそうな感じです。

この商品は強度面では標準的なので、今回のブログの主題である強度面でのビハインドをクリアする商品を探してみました。

そして辿り着いた“最強のエステルライン”が、よつあみさんからリリースされている【よつあみ チェルム アンバーコードSensitiveGame S-PET】です。



このライン、0.2号で1.2lbあります。0.4号では2.2lb!

私がよく使っている【サーティフォー 34 ピンキー】で、0.2号で0.9lb。0.4号で1.6lbです。

有名どころの【ティクト ジョーカー Joker】で、0.2号で1.0lb。0.4号で1.8lb。

アンバーコードがいかに強いか、というのがわかっていただけるかと思います。



強いとなると硬い=扱いにくい、となる可能性はありますが、そうだとしてもこの強さは魅力です。

価格についても標準的なエステルラインと変わらないので、強度が欲しい時にはアンバーコードという選択はありではないかと思います。

コスパで考えると、ナチュラムのオリジナルエステルラインもかなり良いラインだと思います。


ラインは使ってみないと善し悪しはわかりにくいところがあるので、一度使ってみたら使用感含めてインプレをしてみたいと思います。

■NABRA Chase Fishing TOP へ