こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing (N.C.F.) GONTAです。

SAFC第1戦の貧果から明けて一夜、打ちひしがれているキャラでもないので前向きに生活しています(笑)

さて、今回は日常生活関連のお話しです。

減塩にまつわる取り組みと、それを支えるアイテムの検討。

お時間のある時に読んでいただければ幸いです。


発端は減煙・禁煙

私は喫煙者なのですが、最近では喫煙者は肩身が狭い思いを強いられることが多くなっています。

歩きタバコなどは言語道断ですが、ビルなどの中にも喫煙所が設けられていないところも多く、タバコを吸いたい時に吸えない状況が多くあります。

しかも、タバコに対する増税圧力も強く、こんなに頻繁に増税される商品もあまり無いんじゃないか?と思えるほど価格アップは留まるところを知りません。

ワンコインではお釣りが来なくなる日も近そうです。

ここまで喫煙者が虐げられるのであれば、禁煙した方がいいじゃないか?と考え初めている今日この頃です。

私の思考は、健康観点ではなく、コスト観点というのがポイントでしょうか (^^;;

さて、何とかしたいと思ったは良いものの、いきなりバッツリと禁煙するところまで行けないのが意思の弱いところです。

しかし、せめて吸う量は減らしたい。

喫煙のポイントは、喫煙しようとする行動のベースが習慣に強い影響を受けているというところかと思います。

JTのプルームテックを吸ってみて思ったのですが、実際にはニコチンを摂取してもほぼ満足感は得られません。

ニコチンが体に与える影響があることは全く否定しませんが、プルームテックのようにニコチンのみを摂取しても、感覚的な満足感はほぼ得られず、いくらでも吸ってしまうのです。

タバコだと数本まとめ吸いをすると、少しクラクラすると言うか、しんどい感覚に襲われるのですが、プルームテックだと5本分くらいをまとめて吸っても対して体にインパクトがありません。

そこで改めて思ったのが、『タバコ、辞められるんじゃないか?』ということです。

自分の日常を振り返ってみると、タバコを吸いたくなるシーンというのは生活パターンとセットになっており、そのパターンのひとつのアイテムとしてタバコが存在します。

なので、生活パターンが崩れす出張などでは喫煙量が減ったとして、実際にはそれほど喫煙に対する渇望感がなかったりするのです。

このことに気づいた為に、タバコを絡めない生活パターンをつくってみよう、と思いたちました。

改めて考えてみると、タバコを吸いに行きたくなるシーンは、仕事や何かの区切れ目です。

ここで、タバコを吸いに行かずに、他のことをすれば良いのでは?

そこで思いついたのが、飲み物でリフレッシュすることでした。


リフレッシュに活躍してくれる飲み物と言えば?

リフレッシュと言えば、仕事の終わりであればアルコールかと思いますが、仕事中だとコーヒー・紅茶などが主役では無いでしょうか?

コーヒーブレイクと言う言葉があるくらいですし。

ただ、安くて砂糖だらけ?の缶コーヒーをガブガブ飲むのも不経済ですし体にも良くなさそう・・・

ならば美味しいコーヒーを飲んでみようか?と思考が進みます。

美味しいコーヒーを喫茶店などで飲むと、これまたお金がかかりますが、自分でドリップするようにすればコストもかからずに済みます。

本格的にドリッパーにフィルターをセットするのは職場ではハードルが高くなりますが、最近ではフィルターと豆が1パックずつセットになった便利なものが沢山出ています。

普通にスーパーなどでも売っていますが、ネットで少し調べてみるとこれがビックリ。

とても美味しそうなコーヒー(しかもドリップパックになっているもの)が非常に安価で売られているのです。

そこで、今回は澤井珈琲さんの製品を買ってみることにしました。

単価に換算すると、20円~30円くらいです。

しかも、数種類をアソートパックにしてくれているので、飲み飽きる心配もありません。

他にももっと良い商品があるかも知れませんが、これを飲みながら、時間のある時に探してみようと思います。

IMG_4350

コーヒー飲むなら、MAGでも楽しむべき

さて、飲むべきコーヒーの品定めまでは済んだのですが、良く考えるとこれを使うにはマグカップが必要です。

普通に100均で売っているマグパックを会社に持っていっても良いのですが、環境を変えるにはその気にさせてくれるアイテムが必要。

と言うことで、ネットでマグカップ探しをしてみました。

最初に頭に浮かんだのは『サーモス』でした。

保温弁当箱などでも有名です。

他には、水筒という観点で見れば、象印などのステンレス水筒も良さそうです。



しかし、探していて目に飛び込んできたのが【CORKCICLE コークシクル】でした。

最近、カリフォルニアから日本に入ってきたブランドのようですが(製品はMade in Chinaですが・・・)デザインがシンプルでとにかくCOOL!

値段はまぁまぁするのですが、コーヒーを飲むモチベーションを上げる為にも、気に入ったものを使ってみよう、と言うことで、実際には楽天ポイントなどを使いながらポチってみました。

商品ラインナップ的には、500cc~750ccクラスのマグボトル


500ccクラスの大きめの保温タンブラー
※表示としては470cc


そして、更に大きな710ccクラスの保温タンブラー


そして、350ccクラスの保温タンブラーなどがあります。

私は、ドリップパックで入れて薄くならないギリギリの容量の500ccクラスのマグにしました。

IMG_4331

カラーは非常にバリエーションが多いのですが、私はグレーのような“グラファイト”と言うカラーにしてみました。

パステル系のカラーから、金属むき出し系のカラーまで、かなり広いニーズに応えてくれるラインナップになっています。

見ているだけでも楽しくなってくる感じです。

ポチった翌日届いたので、さっそく会社に持っていって使ってみました。

この製品は高さはありますが、開口部は大きめのマグカップくらいなので、ドリップパックも普通にセットすることができます。

IMG_4351

しかも、お湯を注ごうとして驚き!

何に驚いたって、コークシクルではなく、電気ポットに対して驚きました。

最近の電気ポットは注湯機能に『ドリップモード』があるのです。

通常モードだと勢いよく出てきますが、ドリップモードだと少量でチビチビとお湯が出てきてくれるので、溢れる心配もせずに安心してお湯を注ぐことができます。

ドリップパックを1つセットして、ドリップパックの底部ギリギリになるまでドリップして飲んでみましたが、薄さは一切感じないくらいで、自動販売機で飲む紙カップのコーヒー3杯以上は楽しめる感じです。

また、保温機能ですが、本体部分は3層構造のステンレス製なので、側面から冷めることはほぼありません。

メーカーさんのHPの記載では、9時間以上の保冷能力と、最大3時間の保温能力があるそうです。

蓋は透明の樹脂製なので、この部分には保温・保冷機能はあまり期待できなさそうです。

ただ、割れた時に飛び散らない機能を備えているとか・・・

そんな機能、マグカップの蓋に要るんですかね??
その他は、蓋のパッキンはシリコン製。

また、マグのボトムにも滑り止めのシリコンが装着されていて、すべらない配慮がされています。。

デビュー当日としては、なかなか快適なコーヒータイムを提供してくれました。

IMG_4333

減煙を支えるコーヒータイム CORKCICLE  まとめ

と言うことで、コーヒーをゆっくり入れて飲むことで、タバコを吸いに行く回数は半減以下にすることができました。

少しの時間とは言え、コーヒーをドリップしている時間さえも、ちょっと落ち着いて気分を変える為の良い時間として過ごすことができました。

タバコを我慢するのではなく、タバコを吸っていた時間を別のことで楽しむ

ニコチン中毒からカフェイン中毒になるだけ?と言う話しもありますが、減煙・禁煙には有効な手段なのかな?という感じです。

【コークシクル CORKCICLE】が良き友になってくれることを期待します。

まだ始めたばかりなので、途中経過は定期的にアップして効果のほどをお知らせしたいと思います。

■コークシクル CORKCICLE


■NABRA Chase Fishing TOP へ