こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing (N.C.F.) GONTAです。

最近忙しくてこちらのブログを更新できていませんが、気がつけば3月も終わりますね。

今年は冬が寒かったのに、春の訪れは例年よりも早い感じで、4月に入る頃には桜はほぼ散っているのでは?という感じ。

まさに今週末に花見を逃すと、今年の花見は終わってしまう勢いですね。

いろんなところで満開の桜に出くわしては、写真に収めています。
IMG_4601
IMG_4591
IMG_4593

そんな春真っ最中の折、釣りのフィールドもさぞかし華やかになっているのでは?との期待を込めて数日前に久々にメバリングに出撃してきました。

夜でも気温は高く、ダウンを着て釣りをしていたのが少し前の話しとは思えないくらいの状況でした。

そして、肝心のメバルは相手をしてくれるのか?ですが・・・

まぁ、いくつかの発見もあった釣行でした。

お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。


上げのタイミングでも潮が動かない

この日は仕事の終わりも遅く、釣りを開始したのは日付が変わってからとなりました。

しかし、これもある意味計算通り。

夜の10時頃がド干潮だったので、上げ初めて潮の動きも出始めているはずのタイミングでした。

タックルはプラグの使用を意識してセッティング。

【リップルフィッシャー リアルクレセント 65JH/TZ】に、PEラインの0.2号をセットした【ダイワ 15ルビアス 2004H】のセットです。

プラグは信頼の釣果の【タックルハウス オルガリップレス43】をセット。

気合を入れて釣りを開始したのは良いのですが~~

世の中なかなか思う通りにはいかないものです。

ポイントに着いて状況を確認すると、潮が全く動いていません。

風も全く無いので、風の影響による動きもゼロ。

天気は良いので空にはお月様が煌々と照っています。

これは厳しいかも・・・

しかし、時間が経てば潮が動き始めるかもしれません。

そうなれば、その時がチャンス。

のんびりと釣り場の状況をチェックしつつ、その時を待ちます。

間違いなく潮は上げてきているのですが、なかなか潮が動き始めてくれません。

しかし、釣りを開始して約1時間。

ようやく、徐々に浮ゴミが流れだして潮が動き始めたことが視認できるようになりました。

そして、フィールドに生命感がよみがえってきたのです。


動きだしたベイト

潮の動き出しとほぼ期を同じくして、ベタ凪の表層に動きが出てきました。

風は無いはずなのに、水面にザワザワと波が??

良く観察していると、どうも極小のベイトの群れが浮いているようです。

これはチャンス!と集中して水面を注視していると~

ポコン!

とボイルが?

ンン??

ボイル??

今のは明らかにメバルのライズではない感じ。

しかし、明らかにベイトに何かのフィッシュイーターが反応しているし、ボイルの出方が小さかったのでメバルの可能性もゼロではありません。

わずかな期待を込めてベイト感があるゾーンにプラグを通してみると、かすかに伝わってくる、プラグがベイトに当たる手応え?

これはイケるかも?

ボイルやライズが出ないまでも、ところどころでモジり感が見られます。

良型のメバルがベイトフィッシュに反応して活性が上がってくれていれば!

そして、数投してたところでプラグにベイトが掛かってきました。

ライトで照らして確認すると、やはりハクです。
IMG_4599

しかも、極小サイズのハクで、これならメバルが付きそう!

そして、とうとうプラグに反応してくれました!

ボフゥ!!

思いっきりシーバスでした。

しかも、まぁまぁのサイズ。

モジりが小さかったのはベイトが小さかったからかも知れません。

ネットも持ってきていないので最悪、と思っていると、1回目のジャンプでフックオフしてくれました。

とても0.2号のPEラインで持ちあがるサイズでは無かったので、ここは魚にとっても私にとっても不幸中の幸いでした。

気を取り直してキャストを再開しようとすると、ヒットさせたシーバスが活性を上げてしまったのか?

見える範囲のあちこちで大きなボイルが頻発。

これでは、メバルが浮くとも思えないし、またシーバスをヒットさせると困るので、一旦別の場所をチェックしに行くことにしました。


最後の望みは、実績ポイント

移動した先は、少し前の釣行で連発でメバルをハラした場所です。

潮も動き出しているし、良い状況になってくれていれば、と期待して状況をチェックしたのですが、残念なことに思った以上に潮が動いていません。

なぜだ~~~

本当に釣りって思うようにいかないもの。

しかし、先ほどの場所は潮が動いていたので、この場所も少し待てば動きが出るかも?

とロッドを振らずにひたすら潮の動き出すのを待ちます。

待つこと30分・・・

一向に潮が動き出す気配は無く、目の前に浮いているビニール袋はずっとそのまま・・・

気がつけばかなり遅い時間になっていたので、この日は縁が無かったと諦めてストップフィッシングとしました。


春めいたフィールドでのメバリング まとめ

フィールドは確かに春でした。

ベイトなどは明らかに動きだしており、それに伴ってフィッシュイーターも動きだしています。

しかし、タイミングの悪さみたいな運は、一度ハマり出すと抜け出せませんね。

こんな時は、そんなサイクルを払拭すべく釣りに行き続けるのが良いと言うのが持論なのですが、忙しい時期に重なっておりそれができません。

気がつけば、今年の1月~3月は釣行回数も少なかったのですが、それ以上に釣果は非常に貧果でした。

過去を振り返ると、十分釣れる時期なはずなのですが、今年の天候のせいなのか?自分のタイミングが悪いのか?本当に結果が出ない期間を経験させられてしまいました。

ライトゲームは、行けば何かが相手をしてくれることが魅力なのですが、今年についてはメバルにフラれた時に癒してくれていてガシラやタケノコメバルもほぼ釣れず。

ましてや、納得サイズに出会う機会は本当に少なく、記憶に残るような釣行がほとんどありませんでした。

さて、来週から4月。

年度も新しくなることですし、流れを変えていきたいと思います。

また、今年は、バストーナメントの記事をいろいろと書いていますが、久々にバス釣りの大会にも参加しようと思っています。

シーバスをメインにやっていた時には、ライトゲームでいろんなことに気付かされました。

今度はバスフィッシングで、ライトゲームに活きる何かを得られればと思っています。

■NABRA Chase Fishing TOP へ