こんにちは!

いつもこちらのブログを読んで頂きありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTAです。

昨日はGWの中日でしたが、月初に休むことも出来ずで昼間は仕事に〜

しかし、釣り友さんから、GW中にどこかでコラボしましょうと約束していたので、昨日の夜にコラボ釣行として出撃してきました。

新たなインプットを得ての釣行でしたが、なかなか上手くハマりません〜

では、釣行記いってみたいと思います。

お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。


準備が悪く、出鼻をくじかれるスタート

さて、釣行は20時過ぎから、

現地で釣り友さんと合流して、話しをしながら釣りの準備をしますが、2人とも気になったのは風…

この日は残念ながら天気予報通りで、結構きつい西風が吹いています。

獄〇島の悪い連鎖を断つためにも、この日は何とか本命のメバルを釣っておきたいところです。

しかし、この日は大きな失敗がひとつ。

車に積まれているタックルは獄〇島釣行のまま。

ベイトタックルはこの日の風では厳しそう。

頼りのスピニングタックルでしたが、残念なことに【リップルフィッシャー リアルクレセント 81LC-TZ】しか積んでいませんでした。

湾奥の繊細な釣りをするには明らかにオーバースペック・・・

しかし、どう考えてもスピニングタックルで挑むしかなさそうなので、しぶしぶロングロッドをセットして釣り場に向かいました。

釣り場に着いたタイミングがほぼ満潮直前くらいの時間帯。

バチでも沸いていないかと明暗部を確認するも、極小のハクの群れが確認できるだけ~

あまり期待できない雰囲気ですが、とりあえず本命ポイントの様子を見にいくことに。

西風に晒されてはいましたが、風が当たる面はもしかすると魚が寄っているかも?と思いつつ、風表のポイントを釣り友さんにお任せして、私は護岸の風裏になるところのサーチを開始しました。

すると数分後に、背後で魚の気配が??

見ると、釣り友さんが何やら魚を釣り上げています!!

確認すると、20cm弱くらいのメバルとのこと。

しかも、プラグで足元を流していきなり食ったとのことでした。

これは風でベイトが寄せられてメバルが浮いているのか??

急いで風表側を探ってみますが無反応?

そんなはずは無いだろうと右往左往しますが無反応。

釣り友さんも、その後は全くのノーバイトとのこと。

たまたま居たのか??

しかし、メバルが一匹狼で居るなんてことは考えられません。

表層はたまたまとしても、少しレンジを入れてやれば食うかも?との思いで少しずつレンジを入れて探ってみますが反応無し。

因みに、この日は最初からジグヘッドでのスタートでした。
IMG_4866

風が強いことと、ロッドが強すぎることから、いつもより重めの【ルーディーズ メバダートヘッド 1.8g】に【メジャークラフト ふぉ~る虫】をセットしていました。

ジグヘッドが少し重いのかな?とも思いましたが、メバルが居ればフックアップしないまでもバイトくらいはあっても良いはずです。

しかし、期待とは裏腹にバイト無し~~

そこで、少し狙いを変えてみることにしました。


噂に聞きし、ボトムすれすれのちょい上レンジ

先週にタケ師匠が釣れたという、深いレンジの魚を探してみることに。

しかし、風が強い上にPEラインなので、1.8gのジグヘッドと言えどもなかなかリグが沈んでいってくれません。

ラインが風に押されてどんどん流されては行くのですが、一向にボトムに到着してくれません。

もう少し細いフロロカーボンラインで狙いたかったのですが、これも準備の悪さの結果。

やりたいことができずにスラストレーションが溜まります。

そこで、逆にこの状況を利用しようと、フルキャストして表層付近を手早くチェックすることにしました。

プラグで釣れた実績のゾーンを次から次へと探っていきますが、手応えほぼ無し。

一度だけバイトっぽい反応があったような気がしましたが、同じラインを通してもバイトは無いので、きっと浮きゴミに当たっただけという感じです。

ボトムは攻めきれない。

表層はバイトが無い。

一応、プラグに替えて表層を狙ってもみましたが、ラインが風に流されるのでゆっくり巻くもへったくれもありません。

完全にお手上げの状態。

時々釣り友さんと合流しつつ状況を聞くも、一度だけシーバスっぽいヒットがあったがジャンプ一発でバレたとのこと~

ここ最近はシーバスなら狙えば釣れる感じでしたが、この日は表層で捕食しているような雰囲気も無く、シーバスでもさえも探すのに苦労しそうな状況です。

あちこちと探しまわりましたが万事休す。

釣り友さんとも相談して、この日はこの辺で諦めることにしました。

まぁ、唯一の救いはお誘いした釣り友さんが本命を釣ってくれたことでした~


帰り道の駄賃でボトムロックをゲット

戻りながら、何ヵ所か釣り友さんにポイントの特徴を紹介していくことに。

いつもはボトムロックが相手をしてくれるポイントも、この日は完全にお留守の状態。

これは完全試合をやってしまったな~と思いつつ、最後のポイント。

ここもいつもはタケノコメバルが安定的に相手をしてくれるポイントなのですが、ここもなかなかの渋さ・・・

こんなことある~~?なんて日だ!!

と冗談交えつつ話しをしてたところ、ステイからの誘い上げで~

モソッ!

曖昧なバイトでしたが、無意識に体は反応してフッキング!

すると、ロッドに待望の生命感が伝わってきました。

やっと釣れた~~

恐らくタケノコメバルだとは思いつつ、慎重に浮かせてランディング~~
IMG_4851

サイズもまぁまぁでしたし、引きもそれなりに楽しめました。

そして、ボーズ脱出のありがたい1匹でした。

やはり、ボトムロックに【デコイ デルタマジック】は鉄板ですね。
IMG_4867

絶大なる信頼をもって使えるリグがあると言うのは大事なことだとおもいます。

完全にこれで締めができたので、ここで本当のストップフィッシングとしました。


コラボメバリング Day-20 まとめ

と言うことで、またまた結果を得ることができなかった釣行でした。

下のレンジのメバルを狙うのがこの日の課題でしたが、天候も悪さしてなかなか思うようにならず。

最初にいきなり釣り友さんがメバルを釣った時には、久々に良い釣りができるかと期待したのですが、結果は惨敗でした。

しかも、その後、ボトムロックに逃げるも散々・・・

辛うじてボーズは逃れたものの、最後の最後でのおまけフィッシュのような状態でした。

今年はどうも様子が違います。

その違いにアジャストできないところがまだまだ甘いなと反省しきりです。

それと話しは変わりますが、前回の記事にて頭出ししたのがメバルの表層ゲーム用に調達した【ジャッカル ライザーベイト 004】でした。

IMG_4829

漂わせる為のオルガリップレスやメバペンに対して、巻いて誘うルアーとしてシンペン以外のアイテムとして調達しました。

まさにバチのシーバスにはジャストミートのルアーではないかと思いますが、あくまでもベイトに付くようなメバルに出会えた時に使ってみたいルアーです。

【タックルハウス ライジングミノー】以来の巻けば浮き上がるプラグ。

少し期待しています (^^;;





■NABRA Chase Fishing TOP へ