こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

さて、少し日は空いてしまいましたが、先週末の金曜日にナイトメバリングに行ってきましたので、その釣行記を書いておきたいと思います。

潮回り的には若潮で23時前が干潮というあまり宜しくない感じではありましたが、スタートが遅かったこともあり、干潮からの上げが狙えると言うことや、週末ということで、少し遅くまで挑戦してみました。

ここ最近、すっかりメバルの顔を見ていないので顔を忘れてしまいそうですが、クオリティフィッシュを釣るには今のタイミングは決して悪い時期ではありません。

また、状況が悪いと言いつつ、季節は進行していっているのは間違いないので、いつのタイミングで状況が好転するかはフィールドに出てみないとわかりません。

と言うことで、自信は無い中でのメバリング釣行記、いってみたいと思います。

お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。


風も弱くて状況は悪くない感じのスタート

さて、フィールドに着いたのは22時半頃とかなり遅い時間帯。

ド干潮がちょうど22時半頃なので、上げのタイミングでメバルが浮いてくれることに期待です。

また、ここ最近の釣行ではなかった風の弱い状況。

気温もそれなりに高くて、すっかり春の夜という感じです。

状況からしていきなりプラグで狙いたかったのですが、前回の釣行ではシーバスの活性が高かったのでまずはジグ単の釣りからスタートすることにしました。

タックルは、今回もベイトタックルは封印してスピニングタックルを選択。

【リップルフィッシャー リアルクレセント 65JH/TZ】に【東レ バウオ®エクスレッド 4lb】を巻いた【シマノ 16ストラディックCI4+ C2000】でスタートします。

潮位が低く、静かな水面。

しかし、明暗部には何やらアミ?の大群が集まっており、それにハク?イワシ?のようなエンピツサイズの小魚が付いていて水面で静かにピチャピチャしています。

それを時折シーバスが捕食しています。

やはり明暗部は危険が危ない・・・

と言うことで、敢えて灯りの少ないエリアから釣りを開始しました。

水面での生命感はありませんが、敢えて水面~水面直下をジグヘッドでトレース。

去年ならこんな感じで一撃でバイトが出たのにな~と想い出に浸りながら、バイトの無い時間を過ごします。

しばらく表層付近を丹念にチェックしましたがバイトは無し。

見ている限り、水面でのライズも無し。

状況は決して悪くないハズなのに、何故??

と首をヒネリつつ、一旦休憩&リグ交換をすることにしました。


レンジを下げて、キタ~~~

さて、ジグヘッドの重さを少しだけアップして、0.5g→0.7gにチェンジ。

この日のセッティングはラインが少し太いので、本当は1.0gくらいの方が釣りはし易いのですが、あまり重くするとレンジを下げてもリグの動きが早くなってしまうので、極力ナチュラルに中層~ボトムレンジを探る為に敢えて0.7gと言う選択です。

ラインテンションを確認しながらレンジを下げていき、ボトムに着いたらそこから少し浮かせるイメージでゆっくりリトリーブ~

すると、数投目に~

コッ!ココンッ!

来ました!!ヒットです!!

引きは決して強くないのですが、それなりに走って抵抗してくれていますし、狙い方からしてメバルである期待が高く、慎重にやり取り。

そして、水面に浮いてきたところで一気に抜き上げ~~

足元に横たわる魚体を暗がりながら確認すると、少し白い??

ナント、上がってきたのはタケノコメバル・・・
IMG_5017

確かに、タケノコメバルもスイミングで食ってくる魚ではあります。

釣れてくれたのは嬉しいのですが、期待値が大きかっただけに、残念度も大きい~~

とりあえず写真を撮って、海にお帰りいただきました。

タケノコメバルが釣れるというのは決して悪いことではありません。

メバリングでボトムを狙い過ぎた時にヒットするターゲットではありますが、何らかのシモリ・根がある可能性が高いので、ヒットしたゾーンを再度丁寧に探っていきます。

すると、しばらくしてまたもバイトが!

今度こそは!と気合を入れてフッキング~

今度もしっかり乗ってくれました。

またもや引きは弱い感じですがそれなりに走って抵抗してきます。

小さくても良いのでメバルであってくれ~と心の中で祈りましたが・・・

上がってきたのは、やはりタケノコメバル。

しかもサイズダウン~~
IMG_5018

どうもタケノコの里を見つけてしまったようです。

少しレンジが低すぎるのか?と思いレンジを上げて狙ってみますが、期待どおりにバイトが出ません。

この頃になると、ラインがそろそろ怪しい感じになってきました。

やはりバス用のラインは硬いので、4lbだと操作感に制約を感じます。

極力ラインのテンションを張らずに巻くので余計にヨレが発生します。

この日使っているリールはラインローラーもノーマルなので、その影響も少なからず出ている感じ。

時間的にもそろそろ限界かな~と思っていたところで、久々に

コンッ!

レンジはボトムではないので、最後の期待を込めてフッキング&やり取り開始。

引きは先ほどと同じ感じで、グッドサイズのメバルの引きとは比較にならないのですが、メバルであってくれ~と祈りを込めてランディング。

しかし、上がってきたのはやはり小型のタケノコメバルでした。
IMG_5020

これだけまとめて釣れるということは、明らかにナニかがあるのは間違いありませんが、この日はこのポイントにメバルは入ってくれていないようです。

ということでここで時間切れ。ストップフィッシングとしました。


メバリング Day-22 まとめ

以上、今回も結果が出なかったメバリングでした。

水温は急激に上がってきているようで、アミなどのプランクトン系のベイトは激増している感じ。

メバル以外の魚の活性はかなり高いのですが、どうも肝心のメバルに辿り着けません。

そろそろシーズンも終盤なので、今シーズンはもうメバルの顔が拝めないかも?と思うと残念なので、もう少ししつこく狙ってみたいと思いますが、シーバスやキビレの活性も上がってきているのでメバルに絞って狙うのがどんどん難しくなってきています。

浮気心は魚に見透かされるのでよくないのですが、次回釣行ではベイトタックルにてメバルを狙いつつキビレの状況もチェックしてみようかな?とも思っています。

二兎追うものはなんとやらですが、そこはライトゲームの楽しみ方としてちょっと脱線も良いのかな?

ずっと使っていなかったランディングネットもチェックしておかないといけませんね (^^

<参考>タックルデータ

ロッド:リップルフィシャー リアルクレセント 65JH/TZ
リール:シマノ 16ストラディックCI4+ C2000
サーティフォー 34 ゼログラVerⅢ
ライン:東レ バウオ®️エクスレッド 4lb




■NABRA Chase Fishing TOP へ