こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

さて、今回は前記事にて『開始する!』と宣言したチニングについて書いてみたいと思います。

チニングについては大きく2通りの狙い方が確立した釣り方として存在します。

『底ズル』と『壁ドン』です。

まずは、それぞれの釣りについて簡単にご説明した上で、掲題の話しに展開したいと思います。

では、お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。


ルアーで釣るチニングの2つの対局メソッド

チニングについては、ソルトでシーバスを開始した翌年くらいに、ナイトゲームでシーバスが釣りにくくなる夏場においての釣りものとしてやり始めました。

夏場はタイドグラフ的に夜間の潮位差があまり出ず、結果としてシーバスの活性が上がりにくくて釣りにくい(釣れないとは言いません)ものです。

しかし、チヌ・キビレについては、夏場においてもシーバスに比べて比較的安定して相手をしてくれることを知り、シーバス釣りの延長としてキャストして巻いてくる『底ズルの釣り』から入りました。

そんなチニングにも、数年後に転機がきます。

それはライトゲーム(アジング)を開始した年に、タケ師匠に教えてもらった『縦の釣り』でした。

最近では『壁ドン系』と言うようになっていますが、その中身はまさに『縦に誘う釣り』になります。

コンスタントに巻いて誘う『底ズルの釣り』では、比較的遠浅なポイントでのキャスティングの釣りで、文字通りボトムをズルズルと引い誘います。

バイトは巻いている最中にカジリついてきたり一気に食ってきたりするので比較的ダイレクトに出るので非常にエキサイティングです。

因みに、シーバスのデイゲームで鉄板の釣りをしていても良くチヌ・キビレが釣れたりますが、それはこちらの巻いて釣る釣りのカテゴリーに含まれると思います。

昼間は魚からもルアーが見えやすいので、早く巻いても食い気のあるチヌ・キビレは障害物の近くなどから飛び出て食いつくという感じです。

一方、『縦の釣り』では昼間の落とし込み釣りのようにワームを落としていって誘ったり、場合によってはテクトロのように横に引いて誘ったりする釣りで、静の釣りになります。

落とし込み釣りでは、イガイやカニをエサにして落とし込んで誘い、バイトはラインで取ったり、目印のパイプで取ったりしますが、ナイトゲームだと目視でバイトを取ることができません。

これだけ聞くと、ナイトゲームでは成立しない釣り方に思えますが、実際にはナイトタイムのチヌ・キビレは警戒心も薄くなっており非常にアグレッシブで、まさに

ドンッ!!

というバイトが出てくれます。

なので、ラインはほぼ張った状態でも充分バイトが取れるので、ひたすら集中して『手感度・人感度』でバイトを拾っていくことになります。

狙うのは護岸沿いの足元であり、狙うレンジもMAXでもボトムまでなので、港湾部では深くても10mも無いポイントが多いのではないでしょうか?

なので、非常に近距離戦であり、フッキング直後からドッグファイトが始まります。

この静から一気に動になる展開がたまらなく面白いのです。

これら二つのスタイルは、どちらが良いとか有利というものではありません。

遠浅のショアポイントで落とす釣りはできませんし、足元からドン深の港湾部で底ズルの釣りは効率も悪いし、そもそも魚が付いているのはほぼ足元の護岸の壁やスリットなので、投げて巻く釣りでは釣りにくいものです。

実際、私の周りでも底ズルが好き、という方もおられれば、壁ドンが好きという方もおられます。

私個人としては、どちらかと言うと壁ドンが好きです。

と言うことで、これまで数年、壁ドンを楽しんできた中で、壁ドンにマッチするタックルについて書いてみたいと思います。


縦の釣りはレンジコントロールが大事

タックルを考える時に、対象の釣りの特性は無視できません。

感度という面で言うと、アジのような繊細なバイトを取る釣りで、シーバスロッドは合いません。

しかし耐久性という観点では、チヌ・キビレやシーバスをアジングロッドで掛けてもランディングネットがあれば何とか取り込めるものです。

ライトゲームロッドでも折れるということはほぼありませんし、細いラインでもドラグでしっかりとコントロールできれば切られずにやり取りができるものです。(ただし、障害物が無い場合に限りますが)

要その釣りにとって重要なポイントが、タックル以外で補完可能かどうか?というのがポイントかと思います。

ということで『縦の釣り』におけるチニングを考えてみると、ロッドについてはかなり許容範囲が広いと思います。

少々柔らかくても対処できるし、逆に硬くても食い込ませる方法をロッドティップの柔軟性だけに頼らなくても解決できたりします。

それはラインスラッグを利用するということです。

一方でリールについては、サイズはあまり気にしなくても良いかと思いますが、スピニングリールとベイトリールでは操作性に大きな差を感じることになります。

その理由はレンジコントロールのための操作性です。

仕掛けを投入し、ラインを放出して仕掛け(リグ)を沈めていく訳ですが、縦の釣りではその日その日で結構レンジ(棚)が変わります。

且つ、同じ日であれば似たレンジにバイトが集中することが多いのが経験的な実感です。

明確に自分がどのくらいのレンジを探っているのかを把握できていないと、2匹目、3匹目を効率よく狙っていくことができません。

この点ではベイトリールは非常に操作性が高いのです。

手でラインを送り出していけるので、何回送り出したかを覚えておけば、1匹釣った後に、すぐに同じレンジを攻めていくことが可能になります。

スピニングリールでもドラグを緩めてラインを手で引き出したりすることは不可能ではありませんが、実際にやってみると非常に操作性が悪いことがわかっていただけると思います。

また、縦の釣りでは比較的フォール中にバイトが出ることが多いのも特徴なので、ドラグを緩めてラインを送り込んでいて、バイトがあった時にすぐにドラグを締めてフッキングするのは至難の業になります。

ここで、ベイトリールであれば、ラインを送りだしている時にバイトを感じれば、一旦はスプールを親指で押さえてフッキングをすることもできますし、ハンドルを少しでも回せばクラッチが戻るのでクラッチを戻してからフッキングすることも十分可能です。

基本的に投げない釣りなので、1gを切るような軽いリグでもベイトタックルで扱うことに何ら問題は発生しません。

と言うことで、『縦の釣り』ではベイトリールが非常に使いやすいというのが私の出した答えです。

因みに、このことはタケ師匠が先に気づいていました。

私も始めた時はスピニングタックルでやっていたのですが、少しやってみた後でベイトタックルを使ってみると、その操作性の良さに驚かされました。

少し大袈裟かも知れませんが、先人の知恵というのは重要です (^^


接近戦ではラインコントロールが大事

次にやり取りについて考えてみます。

冒頭書いたように、キャスティングの釣りではないので、ヒットする場所は自分から非常に近い位置になります。

例えその日のレンジがボトム付近であっても自分との距離は数メートルしかありません。

また護岸というストラクチャーを狙いますので何かにつけてストラクチャーとラインが擦れる可能性が高い釣りになります。

何も無い平面の垂直護岸であればまだ良いですが、スリットが入っていたり、船を横付けする為のバンパーが設置されていたりすると、魚はフッキングされると障害物に逃げ込もうとするので、ラインを擦られて切られる確率が一気に高くなります。
スリット

ganpeki

ここでベイトタックルのメリットが生きてきます。

スピニングタックルであれば余程ギチギチにドラグを締めていない限りはファーストダッシュではラインを出されることが多くなります。

最初が一番勢いが良いですからね。

しかし、ベイトタックルであれば、ラインの強度限界を意識する必要はありますが、一旦はスプールを親指で押さえることでラインを出さずに魚と引っ張り合いができます。

最初の突っ込みを押さえ込んで障害物から引き離してしまえば、一気に釣り人が優位に立てます。

後はやり取りのやり易さになるのですが、スピニングリールではラインを出す出さないはドラグの設定に依存するしかありません。

しかしベイトリールではクラッチを切ることでラインをすぐに出すことができますし、そのラインの出方も指で調整することが可能です。

ファイト前半で魚が元気な時は常時クラッチは切った状態を維持することで、急な突っ込みにあってもラインを送り出して耐えることが可能ですし、浮かせた後のランディング時にも最後の抵抗で不意に走られてもクラッチを切っておけば切られるリスクは大幅に抑えることができます。

ランディング直前のラインの出ている長さが短くなっている時が、ラインが伸びてくれるのりしろが無くなるので一番危険です。

こんな状態でも、クラッチを切ってランディングの準備をしておけば対処可能になります。

因みにこの操作はレバー付きのスピニングリールでも可能ですが、前章の操作性という点は補完できないので、トータルで見るとベイトタックルに軍配が挙がるということになります。


チニングにおけるベイトタックルのススメ まとめ

と言うことで、『縦の釣り』である『壁ドンチニング』におけるタックルの考察でした。

ベイトフィネスと言うと流行に乗っているだけのイメージが付きまといますが、決してベイトフィネスを推奨している訳ではありません。

『壁ドンチニング』には最新のベイトフィネスリールは必要ありません。

あくまでもベイトリールの基本性能が『壁ドンチニング』に向いていると言うことです。

今でこそ私もいろいろなベイトリールをソルトフィッシングに投入していますが、スタート時はヤフオクで5000円くらいで買った安価な【テイルウォーク エラン マイクロキャスト】を使っていました。

使用上まったく問題も感じませんでしたし、不満もありませんでした。

投げる釣りではないので、ボールベアリングの性能に拘る必要もありません。

唯一意識した方が良い点としては、ハイギアのリールの方が良いというところでしょうか。

やはり、ヒット直後に少しでも自分に有利な状態に持ち込むには50cmでも1mでもラインの巻取りが多い方が有利です。

それ以外はほぼ特別な機能を求める部分は無い釣りだと思います。

【追記】
因みに、タイコ型のリールの導入も検討したことがあります。

昔からのタイコ型リールは、ハンドルを1回巻けば1回転という所謂ギア比1:1のものでしたが、最近ではギア比が高い製品も出てきています。

落とし込み釣りと言えばこちらかな?と思ったのですが、ここには昼の釣りと夜の釣りの違いがありました。

昼間はリール・スプール、そしてラインが全て目に見えていますが、ナイトゲームでは前述したようにハッキリとは見えません。

基本的な構造はベイトリールもタイコ型リールも同じと言いつつ、ベイトリールはロッドの上に付いており、タイコ型リールは下部に付けることになります。

ベイトリールにおいては常にラインを指で触っていますが、タイコ型リールはそうではありません。

スプールエッジを指で押さえていることはあるかと思いますが、ラインそのものを常に触ることはありません。

わずかなバイトを目に頼らずに感知する為には、ラインに常に触れている方が有利であることが、やってみればわかります。

まさに適材適所。

昼の釣りで良いとされるものが、必ずしも夜でも良いとは限らないのです。

ただ、遊び心をくすぐってくれるアイテムであることは間違いありません。

私もデイゲーム用に1台準備しています。


これからの季節、チニングが本格化してきますが、『壁ドンチニング』を試してみたい方や、スピニングでやっているけど操作性に不満がある方は是非ベイトタックルを試してもらえればと思います。




■NABRA Chase Fishing TOP へ