こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

今回はどうでもいい話しですが、安く釣り具をゲットできたネタです。

仕事で定期的に東京に行っているのですが、行動拠点の新橋の駅前ビルにてタックルベリーが地下1階にあるのを発見していました。

初めて見つけて入店した時は特に欲しいものもなくお店を後にしたのですが、今日寄った時にふと買い足さないといけないものがあることを思い出しました。

そのひとつがピンオンリールです。

小物などをセットしておけるコードの自動巻き取り装置(装置は大袈裟?)ですが、ずっと使っていたピンオンリールのコードが切れてしまっていて新しものが必要になっていました。

このピンオンリール、無くても良いように思いつつ、ラインをカットするハサミやクリップカッターなどをセットしておくと結構便利なのです。

しかし、実際に釣具屋でピンオンリールを探してみると意外と値段が高いことに驚かされます。

ノーブランドの製品でも500円で買えるものは少なく、シマノやダイワ、ABU、エバーグリーンなどの有名ブランドの製品となると平気で1000円を超えてきます。

ワームやプラグなどの消耗品において、そこそこ値が張るものを平気で買うくせに、耐久消費財については意外と購入時に値段を見て悩んでしまうのが小市民です。

いろいろな釣り関連ブログで、100均のダイソーでピンオンリールを売っていると言う記事を良く目にしますが、探すのが下手な私はいつも見つけることができません。
※店員さんに聞けって話しですが・・・

そんな私が見つけたのが、タックルベリーのPB(プライベートブランド)製品のピンオンリールでした。

定価がどうなのかがわかりませんが、辛うじて200円台で売っているのが目に止まり買ってみることにしました。

実際、100円で売っても利益が出そうな製品ですが、これがなぜ高く売られているのか?未だに理解できません。
IMG_5444

そして、ここでPB製品探しに火がついてしまいました。

他にPB製品でお買い得なモノはないのか?

そんな観点で店内を物色すると~

ありました!!

ライトゲームのプラッギングで使う為のスナップです。

メバリング用のプラグなどは、本体自重が2g程度なので大きなスナップはバランスが悪く、極小系のスナップを使っているのですが、これがまたそこそこいい値段がするものが多い。

軽さと丈夫さの観点で、カルティバの【カルティバ 耐力スナップ】を使っているのですが、コスパが悪い・・・

強度も間違い無いし、非常に軽いし、プラグのバランスも影響を受けずに使い勝手が良いのはわかるのですが、ちょっとしか入っていないのに高い・・・

また、コンパクトさと使い易さから【アクティブ アジスナップ(メバルスナップも同じ)】も使っているのですが、プラグをセットして使うと1回の釣行でスナップが開いてしまい、実質毎釣行にて使い捨てというのが現状です。

とは言いつつ、使いやすいしバリューパックのコスパが高いのは間違いないのですが。


そこで見つけたのがタックルベリーのPB製品のスナップです。

大手メーカー品だと、#000くらいの極小スナップまで出ていたりするのですが、実際に使う時の使い勝手を考えるとあまりにも小さいスナップは使い辛いものです。

そこで、このタックルべリーのPBスナップ。
IMG_5445

何でも【ベリー〇〇】という商品名にするのはいかがなものか?という気はしますが、ネーミングについては目をつむれば、これはなかなかコスパが高い。

20個入っていて130円です。

スナップもプラグごとロストしなければ結構長く使えるものですが、数回の釣行を経ると歪んできたりしてセットし辛くなったりするのが現実です。

しかし、この【タックルベリー ベリースナップ】くらい安ければ、毎釣行でダメになっても気になりませんね。

なお、スナップは各釣具メーカーさんからいろんな製品がリリースされていますが、奇をてらった製品は汎用性に欠けていたりして、いろいろなプラグやジグヘッドでの利用を考えた際には使いにくいものもあります。

しかし、この【タックルベリー ベリースナップ】は至ってノーマルな形状をしているので、利用の用途を選ばない感じなのが良い感じです。

タックルベリーのTB商品は店舗に行かないとネットショップでは買えないのが残念ですが、みなさんもお近くにタックルベリーがあって立ち寄る機会があれば、一度物色してみられるのも悪くないかと思います。

■NABRA Chase Fishing TOP へ