こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

少し日付が遡りますが、先週の3連休中に調査したハゼクランク釣行について書きたいと思います。

3連休中は気温も低く、これと言って目立つ雨も降らずで、ここ最近では比較的安定した天候だったのではないかと思います。

そんな週末の最終日の早朝。

アジングで軽く締めくくっておこうと思っていたのですが、なんとと言うか、やはりと言うか、軽く仮眠するつもりが気がつけば薄明るくなってしまっていました・・・

そのまま知らん顔して朝までゆっくる眠ろうかとも思ったのですが、せっかく起きたので~

と言うことで、短時間で手軽に調査可能なハゼクランクに行くことにしました。

まぁ、ハゼさえ居てくれればほぼボーズは無い釣りですし、数が釣れれば持って帰って美味しくいただくこともできるのが魅力のハゼクランク。

しかし、この安直さが後で痛い目に繋がるのは、この時には知る由も無いのですが。

では、簡単に釣行記いってみたいと思います。

今回は短いので軽くお付き合いください (^^


薄明時から調査開始するものの・・・

いざ、車を走らせてポイントへ~

半袖で出撃しましたが、気温は23℃で肌寒いくらいです。

完全に朝夕は秋の様相です。

この日はクランクゲームなので、タックルはベイトタックル。

【リップルフィッシャー リアルクレセント ベイトモデル RC-67】を準備。

リールはPEラインを巻いた【ABU Revo ALC BF-7】です。

ロッドにラインを通していざポイントに行くと、いつもは相当数いるはずのエサ釣りの方々の姿が一人も見えません?

あれ??これって??アカンパターンとちゃいますの??

明け方が満潮なので、普段は露出している護岸の石畳も水没。

そして、過日の台風21号で打ち上げられたゴミはほぼそのまま残ったままという状況。

釣りがしにくいから釣り人が居ないのか?

釣れないから居ないのか?

とりあえず調査を開始します。

水質はかなりクリア。
IMG_6552

岸際の浅瀬はスケスケです。

そして、昨年などでは見られた浅瀬に群れているチビハゼの姿は見当たりません。

最初は、水深もあると言うことで【ムカイフィッシング ED-HAZE】で釣りを開始。

海岸線に対して斜め切りで撃っていくも全くの無反応。

どんどん歩きながら撃っていく、撃っていく、撃っていく・・・

全くアタリが出ません。

ハゼのバイトは結構強烈なので、フッキングしないまでもアタッてくれば必ずわかります。

しかし、そのわかりやすいはずのバイトが全く出ません。

撃てる範囲は投げつくし、折り返して更にキャストを続けるも、本当に全くのノーバイト!

浅瀬の底も、砂底のように見えて、なんだかヘドロが打ち上げられているようにも見えます。

知人のブログで見たのですが、台風21号の時は完全に水没していたエリア。

今でこそいつも通りの顔をしてくれていますが、その当時は大変なことになっていたエリアです。

ハゼも流されたというか、かなり影響を受けたことでしょう。

日が上がれば少しは状況が変わるかも?と休憩を挟みつつ何度もチェックしたのですが、結局ハゼからの反応は一切得られないままでした。


仕方ないのでルアーのテスト!

と言うことで、せっかく朝起きて出撃したのに、何も収穫なしで帰るわけにもいきません。

場所を移動しようかと思いましたが、スタートも遅れているので朝練で許されている残り時間はあまり無いので移動で時間を使うのは得策ではないと思い諦めました。

と言うことで、購入しつつ使えていなかったハゼクランク用のルアーの使用感を確認することに。

それは、【ムカイフィッシング トレモ 35MR】です。
IMG_6553

エリア用のルアーのハゼクランク転用パターンですが、ハゼクランク用のカラーを数個調達していました。

ルアーの形状やリップの長さなどから、あまり深く潜るタイプではないと思っていましたが、実際に投げてみると、かなり手前まで来ないとボトムタッチはしてくれません。

しかし、これは【ジャストエース アンフェア】も同じで、【ジャストエース アンフェア】はハゼがよく釣れる実績有のプラグなので、それが問題にはならないとは思います。

一方で引き心地は“ブリブリ感”満載で、アピールは抜群。

これも、【ジャストエース アンフェア】を巻いた時の感触と似ていますが、リップの幅が広い分、更にブリブリ感があります。

ここまでは良かったのですが、ひとつ課題が・・・

ベイトタックルで投げた時の飛距離はかなり厳しい感じ。

重心移動などが入っている訳でもないので、キャスト時のルアーのバランスは安定しておらず、風が無い状態でもルアーはすぐに失速してしまいます。

試しに、ルアーを【ムカイフィッシング ED-HAZE】に戻すと、飛距離の差は歴然です。

極端かもしれませんが、1.5倍くらいは【ムカイフィッシング ED-HAZE】の方が飛ぶ感じです。

ウェイトの明記が無いので、一度ちゃんとデジタルスケールで測ってみないといけないなと感じました。

試していないので何とも言えませんが、スピニングタックルでもっと細いライン(フロロカーボンラインだと2lbくらい)で使えば、もっと潜ってくれるし、飛距離も稼げるのは間違いないと思います。

そういう意味では、スピニングタックルとの相性の方がよいかもしれません。

しかし、そこはベイトタックルでハゼクランクをしている時点でヘンコなので、素直に従う訳にもいきません。

一応、ウェイトチューンを施して持ち込んではいたのですが、浅瀬で浮き上がりの具合を見ているとまだまだ浮力が勝っている感じが確認できたので、もう少しウェイトを追加してチューンしてみたいと感じました。

IMG_6554

撃沈ハゼクランク まとめ

と言うことで、少々無理やりに出撃したハゼクランク釣行でしたが、全く期待を裏切られる結果となりました。

昨年はあんなに居たハゼくん達はどこに行ったのか?

淀川などではそれなりに釣れているようで、河川で釣れるなら湾奥でも、とは思うのですが、現実はそうなってはいません。

普通、大雨で激流になることを考えると、河川のハゼの方が流されて少なくなっていそうな気がしますよね (^^

今年は台風や大雨の影響で、本当にハゼクランクに出撃する機会が少なく、今後の予定を考えてもなかなか行けそうにないので、プラグの調整も含めて、また来年のシーズンかな?という感じです。

■ムカイフィッシング トレモ35MR
リアフックがサイズ違いの2フック仕様なのが面白いプラグです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トレモ35MR(F) HAZE8(ハゼ赤)【ゆうパケット】
価格:1404円(税込、送料別) (2018/9/28時点)

楽天で購入

■ムカイフィッシング ED-HAZE


■ABU Revo ALC BF-7
ソルト利用可能なリールで、ソルトベイトフィネス用ではコスパは最強かも?



■NABRA Chase Fishing TOP へ