こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。
秋雨でスッキリしない日が続きますが、気温もすっかり下がってきて釣りには最適な季節になってきました。

どんどん積極的にフィールドに出て行かないといけませんね。

そんな中、またまた東レさんから新しいラインがリリースされる情報を頂きました。

バスフィッシング用のフロロカーボンライン【東レ ソラローム®️ ルアーフロロ】です。
IMG_6644

過去は魚種別、スタイル別の細分化されたラインナップがメインでしたが、先行して発売されている【東レ ソラローム®️ ルアーPE】などのように、最近ではルアーフィッシングという大きなカテゴリーで統一された製品がトレンドになってきているようです。

タックルをリグ別に何本も準備するようなスタイルなら、細分化された製品の特性に合わせて使い分けるのも良いかと思いますが、オカッパリなどで少ないタックルで何でもやりたいというスタイルなどでは、汎用的なラインは選び易くて心強いところです。

今回の【東レ】も、初心者から安心して使える扱いやすさと強さを合わせ持った製品とのことです。

また、この製品の新たな特徴としては、80m巻きで販売される点かと思います。

バス釣りでは、ボートであっても、オカッパリであっても、50m以上投げるシーンは稀なので、80m巻かれていれば問題なし。

実際、100m以上巻いていても、50mより下に巻かれているラインはほぼ使われずに巻き替えの時に捨ててしまうことが多くないでしょうか?

であれば、最初から実釣に必要な長さだけしっかり巻いておいて、ライン巻き替えの時は気持ちよく全部巻き替える方が巻き替えの作業も楽ですし確実です。

中途半端にラインが余って、捨ててしますロスも回避できます。

スラロームシリーズとしては、昔はスーパーハードをこよなく愛用していたのですが、世代も変わりどんどん新しいラインになってきていますね。

強度はポンド表示されているので同じはずなのですが、新しいラインの方が明らかに強いと感じるのは私だけでしょうか?

と言うことで、とりあえず3lbと12lbを入手させていただきました。

IMG_6642

バスのフィネスとしては3lbはギリギリのイメージがありましたが、ライトゲームをやるようになってその感覚も大きく変わってきています。

3lbはなかなか切れません!

ということで、琵琶湖でのバス釣りにて是非使ってみたいと思います。

12lbはベイトフィネス用としては太いので、テキサスかビッグクランクででも使ってみたいと思います。

■NABRA Chase Fishing TOP へ