こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

昨日は恒例の週末釣行をすべく準備をしていたのですが、午後からは晴れるはずの天気予報が大きく外れて、夕方から夜半にかけても小雨がパラつく天気でした。

しかし、せっかく準備をしていたのでとりあえず出撃することに。

雨の後ということで風にもかなり悩まされましたが、いろいろと釣れてスリルを楽しめる釣行となりました。

新しいエステルライン、強さだけでなく扱い易さも特徴を感じた点があったので、それも含めてインプレを書いてみたいと思います。

では、釣行記とラインインプレ、いってみたいと思います。


ボトム狙いでロックにキビレ!

タックルを準備してポイントに入ると、天気予報から大きく外れるような風の強さ。

聞いてないよ~~と思いつつ、釣りができる場所の選定に入ります。

いつも釣っているポイントは横風がモロに当たっていて、キャストはしてみたもののラインが風に流されてリグが思うように沈んでくれません。

因みに、この日はアジのサイズを考えてジグヘッドは0.8gの【土肥富 オッズ Odz Flow Drive Head】で攻めていただけに余計にリグが沈んでくれません。

釣りにならないので、少し風避けができる場所へ移動することに。

この場所だと少し気は遣いますがボトムまで狙える状態なので、ここで腰を据えて釣りをすることに。

ボトムを中心に探っていくと、非常に単発ですが

ツツッ!!

とアジのバイトが伝わってきました。

ワームまでは吸い込んでいるようですが、ジグヘッドまではお口に入っていないようで、即アワセをしてもフックアップしないし、聞き合わせをしてもスッポ抜ける感じです。

アワセるタイミングを見計らいつつ探っていくと~

コツッ!!

ん??

バイトが違う?

しかし、いつものように反射的にフッキングはしており、魚はしっかりと乗った感じです。

アジング用に緩めたドラグは出されるばかりで上がってきません。

ボトムロックなのは明らかなので、あまりラインを出していると根に張り付かれてしまいます。

少しだけドラグを締めて、ラインの強度を信じてポンピングしながら魚を浮かせます。

最後の最後で手前の護岸に張り付かれれそうになりましたが、最後は強引に抜上げ!!

こういう時、ショートロッドは不利感があります。

上がってきたのは、まぁまぁ良いサイズのガシラでした。

このクラスなら、エステルライン【東レ ソルトライン® スーパーライト ポリエステル】でも全く問題ありません。

IMG_7243

前回の記事でも書きましたが、狙っているレンジはずっと同じなのに、夏~秋にかけてはほぼ釣れなかったボトムロックが釣れるのが冬の到来を感じさせてくれます。

とりあえず魚の顔が見られたのでホッと一安心。

風が強くて釣りにならない状況では、何もできずに撤収することも覚悟したくらいだったので~

アジのバイトは感じられていたので、本命を狙って釣りを続けます。

アジの乗らないバイトを辛抱して、辛抱して探っていくと~

カンッ!!

かなりハッキリしたバイトが!

フッキングの瞬間、これまた強烈な引きでロッドが絞り込まれます!

更にサイズアップしたガシラかな?と思ったのですが、ロッドを通してカンカンと頭を振って抵抗する感触が伝わってきました。

キビレです!

サイズが良くわからなかったのですが、何とか上がってくるので、それほど大きなキビレでは無さそう。

水面まで浮かせたところでサイズを確認すると、結構大きなサイズ。

キビレって結構重いので、ビミョ~~と思いつつ、エイヤ~で抜き上げ!

ラインは今度もしっかり耐えてくれて、無事にキビレもゲットすることができました。

IMG_7245

アジのバイトがこれだけあるのに、なぜ外道ばかりが釣れるのか??

明らかに個体数の多いはずのアジが釣れずに、ロックフィッシュやキビレばかりが釣れるのは不思議な感じです。

そんなことを考えつつ、何とかアジを!と探っていくと、アジらしきバイトにアワセそこなった次の瞬間

カンッ!!

また、ヒット直後に重々しくボトムめがけて走る引き・・・

本当にアジと全く引きの質が違うのは面白いですね。

何とか浮かせて抜き上げてみると、今度はタケノコメバル!!

IMG_7248

これで3目釣り達成?

本命が釣れずに、いいのか悪いのか?という感じですが、1時間以上釣りをしたところで風が弱まってきてくれました。




風が治まってくれて、本命のアジをゲット

風が弱まってくれれば、思いのラインが通せて釣りが快適にできます。

バイトはあるので、少しだけボトムから浮かせて誘ってみることに。

且つ、ロングワームはどうも食い込みが悪いので、バッグに唯一1本だけ残っていた【マグバイト Booty Shake 1.4in】を使ってみることに。

すると、ワームと狙い目を変えてすぐに、アクション後のカーブフォールで

ツツッ!ビビビビビ~~

フッキング直後のダッシュ感!!

これぞアジの引きです!!

ギュ~~ンと引き込む引きは爽快そのもの。

メバルが面白いのもダッシュ力なのかな?と思いつつ、バレないことを祈りつつ一気に回収~

無事に本日初の本命をゲットしました。

IMG_7246

サイズは夏頃に逆戻りした感が否めませんが、しっかりと吸い込んでくれていて気持ちの良い1匹でした。

更に探っていって、バイトを待ちます。

すると、すぐにしっかりバイトをキャッチ!

今度もアジの引き。

バレないように慎重にやり取りして~~

で、ポロリ (涙)

めげずにキープキャスト!!

すると、すぐに良いアタリが出てくれて、今後はタイミングも自分的にはジャストタイミング!

自信をもってランディング。

無事に2匹目をゲットできました。

IMG_7249

とりあえず、複数匹釣れれば、1匹目が偶然ではなかった感が持てるので嬉しいですね。

サイズは小さいのですが、『掛ける楽しみ』がアジングの神髄であることを改めて感じさせてくれます。

後、もう少し釣っておきたいと粘ってみます。

さすがにアジがスレてきた感じがしたので、少しだけ場所を移動してみることに。

先ほど釣れた場所と条件が似たような場所で釣りを再開すると~

開始数投げる目ですぐにバイトをキャッチ!

フッキングも気持ちよくきまって、やり取り開始。

バイトは小さいのですが、フックアップ後の引きはかなり強いので、引きは十分に楽しめます。

抜き上げも成功して、何とか3匹目をゲット。

IMG_7250

やはり、アジの活性が低く感じられる時は、セコいと思いつつ、短いワームは効果がありますね。

ここでもバイトはポロポロあるものの、なかなかフックアップに至らず。

その後はポロリ1発でバイトが減ってきました。

そろそろ撤収のタイミングかな~と思っていたところ、足元で

コンッ!!

フッキングすると、アジとは違うトルクのある引きが~

ロックフィッシュかキビレか?最後までわかりにくかったのですが、水面に浮いてきたのはキビレでした。

サイズがかなり小さい手のひらサイズだったので迷わず抜き上げ!

ライトで魚体を確認してみると、サイズは小さいながらもマチヌでした。

IMG_7251

マチヌは縞模様が綺麗でかっこいいですね (^^

そろそろ撤収を考えていたタイミングだったので、アジはまだ釣り足らない感じがありましたが、ここでこの日はストップフィッシングにすることにしました。


アジング Day-27 まとめ

という事で、最初は風でかなり悩まされましたが、結果的には魚種も豊富に釣れて楽しめました。

ショートロッドは感度抜群なので、ヒット直後に魚種がわかるのが面白いですね。

また、アジングについては前アタリが結構ハッキリわかるので、渋い時にはかなりメリットが明確に感じられます。

そして、ラインですが、伸びなどの点では既存品と同じ性能を発揮してくれていますが、使ってみたところで更なる特徴として感じるのが『しなやか感・しっとり感』です。

エステルラインはどうしても素材の特性上ギシギシ感があるのですが、その感触が少し弱めでフロロやナイロンラインのようななめらかなしなやかさがあります。

これは実際に作られる中で意識的に工夫された点だとのことですので、従来のエステルラインの扱いに違和感がある方は試されても面白いかもしれません。

以上、湾奥アジング釣行記でした。

■東レ ソルトライン® ポリエステル
とうとう販売開始されましたね。


■サーティフォー 34 Providence FER-58
さすがにシーズン中だからなのか?在庫切れが目立ちますね。



■東レ ソルトライン®
フロロなら2lbが使い易いですね~



■NABRA Chase Fishing TOP へ