こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

今回は予告通り、アジング釣行の記事になります。

前回の記事でアジングバージンポイントへの釣行のお話しを記載しましたが、今回は連続釣行の記事です。

風の状況が全く変わり、非常に釣りやすい状況となった今回。

かなりいろいろ楽しめる釣行となりました。

ラインにとっても非常に過酷な耐久テストになったと思います (^^

では、釣行記いってみたいと思います。

お時間のある時にお付き合いいただければ幸いです。

風が治まり、快適フィッシング

この日は釣り開始時から風が弱く、好きなところを狙える状況。

アジがどこにどのくらい入っているのかをチェックするには絶好の条件です。

まずは人が比較的多く集まっている周辺で釣りを開始してみましたが、表層、中層、ボトム、どこもバイトが得られないので、潮の動きやすい場所を探して移動することに。

誰もいない場所ですが、常夜灯と潮の動きの条件が合わさっている場所に陣取って釣りを開始しました。

キャストを開始すると、1投目からすぐにバイトが!

リグが沈みきらない内に食われている感じ。

フッキングすると、ズッシリ重い手応え。

そして、ジィィィィィィィィ

一気にラインが持っていかれます。

はい、サバです。

魚任せにしておくと時間がかかって仕方ないので、ラインにケアをしつつ強引に寄せて一気に抜き上げ。

足場が悪いので、針を外してオートリリース。

アジがいるかはまだわかっていませんが、とにかくリグを下に落とすため、キャストして着水したら極力フリーフォールをさせて、できるだけ沖側で深いレンジに入れるように工夫してみました。

すると、誘い始めから

ツツッ!

アジらしきバイトをキャッチ!

アジがいます。

そこで、かなり大きくロッドでアクションを付けて誘ってみることに。

大きく誘い上げた後のフォールで~~

コンッ!!

明確で気持ちの良いバイトが出てくれました。

すかさずジャストタイミングでフッキング。

ヒット直後は、一瞬サバか?と思うくらい良い引き。

しかし、サバのような強烈な引きに変わることなく、程よい引きが続きます。

上がってきたのは20cmくらいある良型の湾奥アジでした。
IMG_7372

長いワームも丸のみです (^^

同じイメージで釣りを続けると、すぐにバイト。

大きく誘うとしっかり食ってくれて、教科書のようなつれ方です。

あまり沈め過ぎると根掛かるし、根掛かりを嫌って上のレンジで誘うと一撃でサバの餌食に。

しばらくは、サバ:アジ=7:3くらいの割合で釣れ続きます。
IMG_7370
IMG_7381
IMG_7375

しかし、ずっと釣れるかと言うとそうでもなくて、バイトの無い時はレンジを変えても反応無し。

そんな時はリーダーをリグり直して、釣りを再開すると、釣れてきます。

小さなエリアで、潮の流れの影響を受けながら魚が回遊している感じです。

そこで、釣れない時は少しだけ狙いのラインを変えてみると釣れたり。

ワームも3インチクラスのワームが底をついたので、ワームボックスに入っている『使っていない』カラーのワームを試してみると、それでも釣れてしまいます。
IMG_7387

ケイムラだとか、点発行ラメだとか、そんなこと関係無いモードに突入です。

とにかく、ほぼずっと釣れ続いて、抜き上げポロリも含めると50匹以上は釣った感じだったので、この日はこれくらいにしておこうと思い、撤収することにしました。
IMG_7385



帰りの駄賃でも、爆釣は続きます

とにかく一ヵ所で釣れ続いたので、他の場所の状況はどうだろう?と、戻りながら明暗ポイントのチェックをしていくことに。

ジグヘッドもワームもそのままで、切れたら帰ろうという軽いモードで釣り始めましたが、キャストしたワームのフォール中で既にバイトしてきています。

アワセずに待っている、勝手に吸い込んで掛かっているくらい魚が多いようです。

オマケのつもりで竿を出したポイントでもひたすら釣れ続き、帰るに帰れない状況に。

超過は満足なんだけどな~と思っていたところで、バイトではない

コッ!

というかすかな手応えの直後、しゃくって誘ったロッドの手応えが無くなりました。

これはタチウオですね。

ケイムラはタチウオにアピールしてヤバいので、ケイムラもグローも入っていないカラーを選択していたのですが、そんなことも関係無いようです。
IMG_7386

とにかく動かせば食ってくる感じ。

ラインを回収してみると、見事にリーダーの先端で切られていたので、これをきっかけとして、本当にストップフィッシングにすることにしました。


ライン耐久テストアジング まとめ

はい、と言うことで、結局3桁はさすがに行かないながらも、アジとサバを合計すると3桁に肉薄する勢いで釣れ盛ったナイトアジングでした。

釣りは、釣れないよりは釣れた方が面白いし、いろいろ発見も多くて勉強になります。

こんな状況がいつでも経験できればよいのですが、北風も冷たくなってきたので、この群が抜けてしまうと本格的にアジングも終了という感じでしょうか?

1.0gでカウント10も沈めると根掛かりのピンチに晒されます。

水深はそんなに深くないので、気温が下がれば水温も下がり、アジも抜けていくかと思います。

また、ラインについては今回も【東レ ソルトライン🄬 スーパーライト ポリエステル】の0.2号を使ったのですが、とにかく切れないですね。

決して大袈裟でもなくて、あれだけ釣っても切れないというのは、今後の釣りの安心感に繋がります。

サバなどは、サイズも大きいしめちゃくちゃ走るのですが、スプールを押さえて強引に寄せても切れません。

そして、最後に、釣ってストックしておいたアジに面白い生き物がバイト?してきました。

何匹か残していた場所で、アジが暴れている訳でもないのに、アジが動いています???

目の錯覚か?と思ったのですが、アジを引きずっていた生き物がいて、暗がりの中でよく見てみると、なんとハムスターくらいの小さなドブネズミでした。

野生のネズミはモルモットくらい大きいイメージだったので、こんな釣り場の隙間で小さなネズミが生活しているんだと思うと、少し微笑ましく感じましたし、ネズミがアジを食べると言うのは聞いたことが無かったので、少し驚きでした。

さて、このアジがいつまで居てくれるのか?

もう少し継続して釣りをしながら様子を見て、自分の経験録の引き出しにしまっておきたいと思います。

■サーティフォー 34 オクトパス こもちわかめ
このグリーン、やはりアジに効くんですね~

■サーティフォー 34 キメラベイト
緑と言えば、ケイムラカラーの“ときわぎん”ですね!



■NABRA Chase Fishing TOP へ