こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

少し遅くなってしまいましたが、今回は予告通りの『ナイトゲームダブルヘッダー』の後半戦になります。

一旦家に帰ってからの、深夜からのアジング釣行。

前半戦の手応えでは少し厳しくなってきている感がありましたが、時間的な余裕がある後半戦をどう戦うか?

それなりに苦労しつつの釣行となりました。

では、その釣行記いってみたいと思います。

お時間のある時にお付き合いいただければ幸いです。


潮位の落ちていく時間帯をどう乗り切るか?

改めて釣り場に着いたのは日付も変わり深夜の1時半頃。

小潮で夜の時間帯はダラダラと下げていくタイドグラフになっており、ポイントの全体水深があまり無いだけに条件的には厳しい感じです。

まずは改めて状況を把握する為に、街灯の灯りが届くエリアからスタートすることに。

ジグヘッドは【土肥富 オッズ Odz Flow Drive Head 1.2g】で、狙えるだけ沖を狙ってみることにしました。

ワームは【サーティフォー 34 プランクトン 1.8in “うこん”】です。

着水すぐのタイミングで巻き始め、表層を探るも反応無し。

そこから恐る恐るレンジを下げていって魚の居る層を探します。

結局、ほぼボトムと思われる手応えが返ってくるところまで探り、誘いながら手前に攻めてきたところで、かなり手前でバイトが出てくれました。

『潮位が下がっても結局手前なのか?』

と思い、次のキャストではフル遠投せずに近場を攻めてみることに。

ジグヘッドが1.2gなので結構速い誘いになってしまい、バイトがあっても乗らないことが数回。

しかし、ロッドをハイポジションでキープしてリグがベタ底にならないように探っていくと~

トンッ!

しっかりとした吸い込みバイトをキャッチ!

フッキングも決まって、後半戦のファーストフィッシュのキャッチに成功しました。

しかし・・・かなりサイズが小ぶり・・・

IMG_7597

居付き的な魚はやはりサイズが小さいのか?

とりあえず釣れたので、どのくらい魚がまとまって残っているのかをチェックします。

確かにバイトは少し増えた感じはしますが、バイトの勢いが無い。

如何せん、潮の動きも緩慢な上に中途半端な時間帯なので、魚の活性はかなり低いようです。

そんな状況下で、何とか2匹目を追加。

IMG_7599

更に、サバがヒット・・・

ここ最近の傾向では、サバが釣れる時はその周囲に高確率でアジも居るので前向きに捉えてキャストを続けます。

すると、しばらくしてひと際明確な

コンッ!!

フッキングすると、重い~~~~

グイグイとボトムへ引きずり込む引き。

これは、ボトムロック確定。

アジとは違う、継続的且つトルクフルな引きで、なかなか浮いてきてくれずに苦戦します。

どうにか浮かせて、最後は無事にキャッチ成功。

まぁまぁサイズのタケノコメバル。

ジグヘッド、丸呑みでした (^^

IMG_7600

ボトムロックを狙っていないのですが、そんなレンジまで落とさないとアジのバイトも出てくれません。

明らかに数釣りは成立しない感じがプンプンします。

ここで、一息ついて、時間もあるので少し移動しつつ他の場所の様子もチェックしてみることにしました。


回遊とレンジを見つけらればプチ連発

さて、移動した先は少しレンジが期待できる潮通しのマシな場所です。

まずは周囲を目視でチェックしますが、水面での生命感は確認できません。

そこで、ここでも引き続き1.2gのジグヘッドで手早く広くチェックしてみることに。

しばらくは反応の無い時間が経過します。

一見良さそうだけど、ダメなのかな?と疑い始めたタイミングで誘っていたリグの重みが

フッ・・・

典型的な抜けアタリ!

すかさずフッキングすると、グッと重みがロッドに乗りました。

まぁまぁの引きなので、サイズアップが期待できます。

バラさないように気を付けて一気に抜き上げ~~

上顎ガッチリのナイスフッキング。

IMG_7602

続けてリグを投入すると、すぐにバイト。

そして連続フックアップ。

更にさらに、次のキャストでも連続バイト。

食い込みも良くて、確変突入か~~?というところ。

IMG_7605

しかし、バイトはここまで。

一瞬の時合です。

周囲には居るだろうと、即座に狙いを変えて移動してみますが、上手く魚の移動先が捕捉できません。

どこに行ったのか?とウロチョロしてみると~

ツンッ!ジィィィィィィ

一瞬サバかと思いましたが、引きはアジ。

上がってきたのは、これまた少し良いサイズ。

そもそも体高もあって、なかなか良い個体です。

そして、ここから数匹連発!

そして、ピタリとバイトがストップ。

こんなことを繰り返しつつ、気が付けばクーラーボックスにはそれなりの数のアジを確保できていました。

しかし、決してイージーではなく、かなり苦労しながらの数稼ぎです。

気が付けば西の空が少し明るくなってきたので、ここで前回良かった【ティクト フィジットヌード 2.7in】にチェンジして表層付近を狙ってみることに。

すると、やはり朝マズメのパワーか?

ドン!!

と持っていくバイトで気持ちの良い引き!

元祖のホソナガワームは破壊力が違いました。

プチデイアジを数匹ゲットし、満足できたところで後半戦の釣りを終了することにしました。



ダブルヘッダー 後半戦アジング まとめ

結局、ほぼ朝まで寝ずに徹夜の釣りになってしまいました。

流石に仕事上がりのままでの貫徹の釣りはしんどいですね。

帰りの車の運転は少しフラフラでした・・・

年甲斐もないことはしてはいけません。

帰ってから、捌く前にちょっとサイズをチェックしてみましたが、20cm超えてませんでした~

体格は良くて美味しそうですけどね(実際、脂ものっていて美味でした)

IMG_7631

サイズ的には少し頭打ちというところです。

ただ、釣り的には時間にも余裕があり、試したいことを一通り試せたのでいろいろと勉強になりました。

今週の平日は結構忙しいので何回調査に出れるか不明ですが、実は週末にSAFCの今年の最終戦が控えています。

11月中旬~下旬は気温もかなり高くて桜が公園で咲いていました!!

しかし、この週末にかけて一気に下がるようですので、いろいろと条件も変わりそう。

不安要素の多い釣りになりそうですが、ここまでの釣りで試してモノにできた情報をしっかりと活用して、週末の釣りに繋げたいと思っています。

しかし、それまでに1回は調査しておきたいなぁ~~

■ロッド:サーティフォー 34 Providence FER-58
■リール:シマノ 16ストラディックCI4+ C2000S + ティクト CBSスプール-SS
■ライン
 メイン:東レ ソルトライン🄬 スーパーライト ポリエステル 0.3号
 リーダー:東レ パワーゲーム🄬 ルアーリーダー 3lb
■ワーム:
 ティクト フィジットヌード 2.7in
 サーティフォー 34 プランクトン 1.8in

■NABRA Chase Fishing TOP へ