こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

さて、今回は、ここ最近、しつこく使い込んでいるベイトフィネスタックルについて、ちょっとした気付きがありましたので記事にしてみたいと思います。

こちらのブログでも過去、ベイトフィネスに関連する記事は幾度となく書いてきましたが、今から考えると間違っているな~と感じることがあるのも正直なところです。

しかし、これとてやり続けているからこそ気付くことかと、前向きに考えています。

と言うことで、今回はバスフィッシングから派生して、最近ではソルトでもファンを増やしつつあるベイトフィネスについて、タックルの観点から書いてみたいと思います。

では、お時間のある時にお使い頂ければ幸いです。


バスとソルトの、ベイトフィネスの要件の違い

少し前の記事で、最近のベイトフィネスタックルで何が凄いと感じるかについて、ロッドの進化が凄いという記事を書いています。

それは、特にソルトのライトゲームを考えた時に、今までソルト用のベイトフィネスロッドはほとんど出ておらず、ほぼバス用のロッドを流用していたが故に、実際にソルトルアーゲームを主軸にして考えられたベイトフィネス用のロッドは凄いと感じるというお話しでした。

ようは専用機がなかったジャンルに、専用機が投入され始めたので、そりゃ従来の流用品よりも相性が良いところが目につくという話しです。

そして、それは何か?と考えると、リグのウェイトの違いが一番大きいと言えると思います。

バスフィッシングの場合は、例えばネコリグをベイトフィネスで使うにしても、1/32ozのネイルシンカーを使って、4インチカットテールを投げるとしたら、リグ自体の総重量は5g程度は間違いなくありますので、軽いと言っても実際にはそれほど軽くないのです。

それに比べてソルトのアジングやメバリングの場合は、0.6g~0.8gのジグヘッドに0.5g~1gまでの細くて軽いワームをセットすることがメインになるので、リグの総重量で2gアンダーのものを投げないといけないと言うことで、まさに真に軽いリグがどれだけ投げれるか?が問われることになります。

この時、ひとつは、アンダー2gのリグの負荷でもしっかり曲がってくれて、リグを弾き出してくれる性能を持ったロッドがソルトライトゲームでは必要であり、【】などはそんな性能を備えているので凄い、というお話しでした。

このように扱うリグのウェイトが違うので、実はリールに求める性能も違うということを、レオンさんのブログサイトを読んでいて、改めて気付かされました。

バスのベイトフィネスは、従来からベイトタックルで扱ってきた10g台~7gくらいのリグよりは少し軽いリグを扱えればよいので、従来のタックルのチューニングで何とかなり得る話しですが、実はソルトルアーシーンでベイトタックルを使う時には、従来の延長で考えていたのではクリアできない違いがあったのです。

全く発想を別モノとしてアプローチしないといけない、ということに改めて気付きました。

ソルトベイトフィネス(チューン含む)



投げるリグも違えば、投げ方も違う!!

レオンさんのブログの記事をお読み頂いたでしょうか?

そうです。

ソルトシーンのベイトフィネスタックルでは、リグが著しく軽いが故にキャスト直後のタイミングで強くブレーキがかかってしまうと著しく飛ばなくなるのです。

どうしてもバスから入っているし、昔からベイトリールのブレーキ理論がそうであったが故に、疑うことなく信じてきたのですが、『キャスト直後のスプール高回転時にはしっかりブレーキが掛かり、キャスト後半の着水に向けてのタイミングではブレーキが弱くなる』という仕組みはソルトベイトフィネスにはミスマッチな話しだったのです。

しかし、この仕組みが軽いリグを飛ばなくさせる要因になっているのです。

そもそも軽いリグを扱う時点で、50m以上のキャストなどできるはずもないし、仮に実際そこまで飛んだとするならば、軽いリグだとバイトを感知することが物凄く難しい話しになると思います。

ラインが弛んだり、風に流されたりするので、遠投をすればするほど釣りが難しくなる、ということなのです。

なので、20m~30mくらいの範囲を投げれるタックルがあれば、それで目的を達成できると言うのがソルトシーンのベイトフィネスなんですね。

この点については、バスフィッシングでも、どちらかと言うと飛距離の問題ではなく、キャストのアキュラシーとカバーなどから魚を引きずり出す為の太いラインが使えるというのがメリットとして認識されているところかとは思います。

が、リグがある程度重さがあるが故に、、『キャスト直後のスプール高回転時にはしっかりブレーキが掛かり、キャスト後半の着水に向けてのタイミングではブレーキが弱くなる』仕組みでもある程度期待の範囲の飛距離が確保できるのです。

ソルトシーンであれば、20m以上飛んでくれれば、明暗部などは十分攻略できるし、スピニングタックルともそんなに大きな飛距離の差は出ない(スピニングでも軽いものは飛ばない)ので、そこを確実に狙えるタックルがあれば十分釣りは成り立つし楽しめる、ということになります。

こんなことを改めて考えながら、実際に自分が釣りをしているシーンを回想してみると、ロッドは緩急を付けて鋭く振りぬくのではなく、大きくゆっくりとロッドにリグのウェイトを乗せて投げる

これが実際に一番安定して飛距離を確保できる投げ方になります。

慣れてくると、どうしても、少しでも飛ばしたくてキャスト時のスイングスピードが速くなってしまうのですが、結果を見るとそんなことをしてもバックラッシュ率が上がるだけ。

バックラッシュしないにしても、飛距離は軽く大きく投げた時とほぼ変わらないというのが実績です。

このように投げ方が違うことが何に影響するのか??

それがリールのブレーキ性能やスプール性能に影響があることに気付かされました。

100%違うことは無いのも事実ですが、バスフィッシングのベイトフィネスゲームと、ソルトシーンでのベイトフィネスゲームでは、リールに求める性能がそもそも違ったのです。

では、何が違うのか?

それについては、先にレオンさんの記事をご覧になった方はご認識済みかとは思いますが、次のパートで書いてみたいと思います。


リールに求めるブレーキ特性が大きく違う

先ほども書いた通り、『リグが軽い=ブレーキの影響を顕著に受ける』ということなので、ソルトシーンのベイトフィネスでは極力ブレーキはかけない方が飛ぶ、ということになります。

もちろんこれはバスフィッシングでも同じです。

ブレーキはかけない方が飛ぶのは当たり前です。

しかし、繰り返し書きますが、リグがある程度重いと、飛んでこうとする慣性力が強いのでブレーキの抵抗を受けながらもリグは飛んでくれます。

ビッグベイトなどは、メカニカルブレーキさえも強めに設定した方が安定して投げることができます。

扱うリグが重い場合は、メカニカルブレーキにしても、遠心ブレーキやマグネットブレーキにしても、とにかく強めに効くのがバックラッシュしない要因になるのです。

ロッドのスイング直後のルアーが飛び出す瞬間が一番スプール回転が速くなるので、この瞬間をまずコントロールすることがバックラッシュを防ぐのに大事なポイントです。

そして、次はキャスト後半の着水前の失速時。

ここではルアーは慣性力を失いつつある中でスプールは回転し続けようとするので、適切にブレーキを効かせてあげないとバックラッシュしてしまいます。

ただ、ここに関してはサミングというアングラー側の操作でカバーできる部分でもあるので、各種ブレーキにどこまで頼るのか?はアングラー側のスキルの問題にも大きく影響してくる話しです。

いずれにしても、最初は強く⇒途中は緩く⇒最後はやや強め、というブレーキのかかり方が一般的なルアーをキャストする際に理想的なブレーキということになります。

しかし、この程度感がソルトベイトフィネスでは違っており、その差が実釣では大きな違いになってくる感じです。

前段でも書いた通り、速く鋭くロッドを振りぬくような投げ方をしないソルトベイトフィネスでは、最初から最後まで常に緩くブレーキが効いていてくれるのが、飛距離確保とバックラッシュ回避の両方の目的を達してくれる条件になるということに最近気づきました。

このことに気付き、リールにフィードバックされたのが、渓流のトラウトゲームを中心にされていた故本山博之さんになります。

因みに、本山さんは昔はバスフィッシングの第一人者であり、スモールマウスの釣りなどにおいてもスペシャリストとして有名な方ですが、晩年は渓流などのトラウトゲームを追及されていたようです。

具体的には、ダイワ社のフィネスゲーム用ベイトリールである【アルファス Air】を改良されて、【アルファス Air ストリームカスタム】の監修をされ、リリースされています。

このリール、ダイワのリールなので基本機能はマグネットブレーキなのですが、マグフォースVなどのようにスプール回転に応じてブレーキ力が変わる可変ブレーキではなく、敢えて固定ブレーキシステムを搭載しています。

ご存知の方が多いと思いますので、詳細な説明は避けますが、ダイワさんのリールの場合、スプール側に円筒状の金属パーツ(インダクトローター)が装着されており、それがパーミングカップ側に装着されているマグネットの溝の中に入ることでブレーキがかかる機構になっています。
magforcev

ダイワ マグフォースのシステム説明

マグフォースVなどでは、高回転時にはスプール側の円筒の金属パーツが飛び出すことで強くブレーキがかかり、回転数が下がってくると、金属パーツが引っ込む(戻る)ことでブレーキ力が弱くなるという仕組みですが、【アルファス Air ストリームカスタム】は円筒状の金属パーツが固定されていて動かないので、キャストの初期から最後まで常に同じブレーキ力が働く仕組みになっています。

と言うことで、最近ではかなり扱いに慣れてきた感がある【KTF KAHENフィネススプール】ですが、KAHEN(可変)であることはソルトシーンでは実はあまり強い武器にはならないということです。

なお、【アルファス Air ストリームカスタム】はブレーキ面だけでなく、スプール径にも拘りを出しています。

現状では、汎用的なリールで標準的となっているスプール径は34mm。

ベイトフィネス専用機であれば、32mmくらいが最小径かと思いますが、なんと【アルファス Air ストリームカスタム】は31mm径を採用しています。

特殊なスプール径を採用しているが故に、他のリールとの互換性は皆無になってしまうのですが、そんなデメリットがあっても敢えて特殊な小口径スプールを選択している意味がよくわかります。

ソルトベイトフィネスでは、極細PEラインを巻くのでスプール自身の重量が軽くなり、回り始める時の負荷が軽くなるのですが、スプール径が小さいことで更に回り始める時の負荷が低減されます。

大きな口径のタイヤよりも、小口径のタイヤの方が燃費が良いのは動き始めの負荷が軽くなるのでガソリンを消費しないという理屈と同じ考え方ですね。

自転車の変速機でも、小さい口径のギアにすると漕ぐ力は軽くて済みますが、これも同じですね。

と言うことで、レオンさんも言われていますが、現状では超軽量リグ(2g~3gくらい)を投げるのに最も理にかなっており適しているリールが【アルファス Air ストリームカスタム】ではないか?と思う訳です。

器用な方は、現状保有しているアルファスなどに、スプールやブレーキユニットを移植することもできるかもしれませんね。

本体とスプールとの隙間は大きくなるので、ラインが巻き込まれるリスクは大きくなるかもしれませんが。

最後に、【アルファス Air ストリームカスタム】の唯一残念な点は淡水専用機であることでしょうか?

まぁ、何事もチューニングを突き詰めると耐久性などの性能とトレードオフになるものなので、そこは自分のメンテナンスにてカバーするくらいの努力は必要かもしれません。


ベイトフィネス用リールの要件 まとめ

以上、ソルトシーンを意識したベイトフィネスリールについて書いてみました。

【アルファス Air ストリームカスタム】をクローズアップしてみましたが、最近ではソルトのライトゲームも人気が高まってきているので、ソルト用のチューニングを施したベイトリールがリリースされてくるかもしれません。

今の段階では、あくまでもバスフィッシング仕様のリールについて海水対応しているところまで、という感じですけどね (^^

大阪フィッシングショーに行かれた方の感想では、バスフィッシングも改めて人気が高まってきているのでは?と感じるものがあったそうですが、やはりルアー業界を牽引しているのはまだまだバスフィッシングなので、バス人気が復活してくれれば業界が活性化し、ひいてはソルトなどのジャンルにも投資が回ってきて新しいアイテムがリリースされるようになるかもしれません。

アブガルシアさん辺りは、ロッドではソルトシーンを意識したラインアップを数多くリリースされているので世界の巨人が動いてくれれば、ライトソルトチューンのようなRevoシリーズが出てきてくれるかもしれませんね。

■ダイワ アルファス Air ストリームカスタム



■NABRA Chase Fishing TOP へ