こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

大変ご無沙汰しております。

え~~3連休の週末でしたが、連休中にウィルス性の胃腸炎を患い、数日間は体調不良でブログのアップも滞っておりました~

インフルエンザも大変ですが、ウィルス性胃腸炎もこれと言った特効薬が無いので、うっかり罹患してしまうと辛い日々を過ごすことになってしまいます。

皆さんも手洗い・うがいはしっかり行ってもらった方がよろしいかと思います (^^;;

ということで、今回のブログは、先週末の釣行と今週の釣行の2本立て!!

しかし、内容的には1本にまとめてもよい感じです・・・

季節的に移行期にあるとは思いつつも、2月も中旬のこの時期にこんなもんだったっけ??というところです。

年による違いがあることは重々認識しているので、今年は今年の状況にアジャストしないといけないと思い、調査を怠らないよう出撃を繰り返しています。

では、そんな2回分の釣行記ですが、お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。


週末の釣行は、厳しいの一言

まずは、先週末の金曜日の釣行です。

風が夜半にかけて弱くなる予報だったのですが、釣り始めはかなりの強風でのスタートとなりました。

ラインはPEライン。

風に煽られるので軽いリグは護岸にラインが引っかかって致命傷になります。

そこで、仕方なく【土肥富 オッズ Odz Flow Drive Head 1.0g】で開始することに。

ワームは【サーティフォー 34 オービー 1.6in はなちらし】です。

ド定番です。

まずは表層からチェックするも、残念ながら反応無し。

風が吹き付けて寒いので、さすがに浅いレンジは厳しいかな?と思い、徐々にレンジを下げていきますが、機体している

ツンッ!

はありません。

風は一向に止まず・・・

どこかにはいるはず!!と信じて、場所を変え、レンジを変えて探りますが、本命のメバル様からの反応は得られません。

もう、ちゃん付けではダメなので、様付けです!!

かなりの時間諦めずに探り続けましたが、どうにもこうにも反応無し。

ということで、仕方なく狙いを変えることに~

こんな時に癒してもらうのはロックフィッシュです。

リグを【デコイ デルタマジック 3.5g】にチェンジし、最近のお気に入りである、目立ってナンボの【オンスタックルデザイン ワインドシャッド40 ケイムラ・ピンクファントム】でボトムを爆撃開始です。

すると、心優しいボトムロックはすぐにアプローチに応えてくれました。

軽くひと流し目で~

ドンッ!

サイズはほどほどですが、しっかりした引き抵抗でガシラをゲット!
IMG_8480

更に継続してボトムを爆撃すると~

ドンッ!!

更に動かし始めの誘いで、タケノコが

ドンッ!!
IMG_8481

変えたねらい目に短時間でちゃんと応えてくれました。

更にしつこく探って~

ドンッ!

ガシラちゃんがヒット。
IMG_8484

サイズはそこそこですがアドレナリンを放出させてくれる一撃であることは間違いありません。

この日は風も弱まる気配を見せず、体の芯まで冷えてしまったので、ここでストップフィッシング。

本命の顔を見ることはできませんでしたが、お楽しみは次に機会に期待持ち越しとなりました。




日を改めて週明けの釣行で、本命ゲット

さて、冒頭でも書きましたが、体調を崩した週明けの釣行。

数日空いていることもあり、気分もリセットでの再挑戦です。

ここまで釣果が不安定だと、リベンジというモードではなく、純粋にチャレンジの精神になってきます。

メバルがこの時期居ないはずはない。

この一点に集中力と信念を込めての出撃となりました。

この日もあいにくの風。

気温も上空の寒気の侵入でかなり寒さも厳しい状況です。

カイロを装備しようかとも思いましたが、やりたいことをチャッチャと試して、結果が出ればすぐに撤収で良し。結果が出なくても、それはそれで早く見切るで良し、ということでカイロ無しで出撃しました。

潮回りは小潮で、ほぼド干潮のタイミング。

ただし、ここから上げてくるので、そこで魚の活性が上がることに期待です。

一旦は、ジグヘッドも0.6gをセットしましたが、風の状況を見て0.6gでは沈まないし釣りにならない感じがあったので、改めて【土肥富 オッズ Odz Flow Drive Head 1.0g】をセットして釣りを開始することにしました。

この日の最初の具は、【サーティフォー 34 タープル】です。

ケイムラ&点発光ラメの効果に期待です。

水面をチェックしてみると、相変わらず夜光虫はふんだんに居ます。

そこだけを見ると、表層で釣れそうなのにな~と思いつつ、表層付近をメインにチェック開始。

しかし、ここ最近の延長で浅いレンジでの反応が全くありません。

仕方なくレンジを下げていきますが、ノー感じな状態が続きます。

ヒントが無いのは本当に辛い!!

何かに絞ってやりきるのが一番精度が上がっていいと思うのですが、そのやり切れる材料が無いのでどうしようもありません。

レンジを下げるとリグの操作が難しくなり、釣りもスローにならざるを得ないので、本心はやりたくないのですがバイトが無いのでレンジを下げていかざるを得ないという状況。

そして、ボトムに近いかな~~と思うくらいまで下げた時に~~

コンッ!

ようやくのバイト!!

重さはそこそこある。

しかし、引きが無い・・・

上がってきたのは、やはりのガシラ様でした。

釣れていないので贅沢は言えません。

ありがたい貴重な一匹です。

この魚を狙うなら、軽いリグでやらなくてもいいんだけどな・・・

と思いつつ、かすかな期待を込めて同じリグで釣りを続けていくと~~

ツンッ!

今度も明確なバイト!!

しかも、ヒット直後から

ビビビビ~~

よく引きます。

これは、タケノコ??いや??

獲物を正体を確認すべくやり取りして抜きあげてみると~~

なんと、本命のメバル様でした。

このレンジでヒットするんだ・・・

探し当てたと言うよりは、交通事故にあった感じ。

ただし、事実として貴重な情報です。

今日の残りの時間はこれでやりきることにして釣っていくと~

ドンッ!!

ドンッ!!

やはり、メバルは交通事故だったようです。

再現性の無い状況に打ちひしがれつつ、あまり無理をして体調不良を再発させてもいけないと思い、この日の釣りはここまでとしました。


メバリング 2夜分の釣行 まとめ

ということで、2日目にしてようやく本命をゲットしたものの、全く今後につながりそうにないヒットに悩むことしきりです。

数は釣れなくても、せめてもう少しイメージと合う釣れ方をしてくれれば、そのイメージを膨らませることができるのですが、とにかくそれがありません。

ぶっちゃけ、書けることも前述のFACT以外にあまり無し~

なので、グダグダ書かず、今後の精進を誓って終わりにしたいと思います。

あ、唯一の確信情報としては、やはり【INX label 稚魚シャッド Baity】は釣れますね。

これだけはほぼ間違いないと思います。

ただし、まだ試せているカラーが少ない(実質は稚アミSPくらい)ので、手持ちのカラーをもう少し実戦投入して釣果を確認してみたいと思います。

ロッド:INX label × Fishman FBX-TS79UL Tres SABIO
リール:アブガルシア Revo ALC BF7
ライン:東レ ソルトライン🄬 スーパーライト 0.3号
リーダー:東レ パワーゲーム🄬 ルアーリーダー 6lb

■INX label 稚魚シャッド Baity 1.8in
2.3inもプラグで釣れるようになれば効果を発揮してくれると感じています。




■NABRA Chase Fishing TOP へ