こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

ここ最近仕事も忙しくて釣りに行くチャンスが無く、アメリカのバストーナメントや、ノットに関する記事などを書きしたためていたのですが、やはり週に一度はフィールド調査を行わねばと言うことで、昨夜は久々にナイトゲームに行ってきました。

前回の釣行では、フィールドの状況はイマイチな感じだったので、何かと不安要素多しの状況。

しかし、前日の雨から一転、昼間は天気も良く、風も弱い予報だったので、素直に状況改善を期待しての出撃でした。

3月に入り、フィールドは春に向かって上向いてきているのか???

お時間のある時にお付き合いいただければ幸いです。


出だしは超低調な感じ・・・

さて、釣行間隔が空いてしまい、前回の釣行から1週間ぶりくらいの釣行です。

ポイントについて、いつものベイトタックルを準備し、リーダーを結束し直して釣りを開始しました。

※このリーダーの結束(ノット)については、近々記事をアップしたいと思います。

スタートは、風が無いので軽めのリグから開始。

【土肥富 オッズ Odz Range Cross Head 0.6g】に【INX label 稚魚シャッド Baity 1.8in 稚アミSP】のセット。

代り映えしないと言うか、懲りないセッティングですが、これが一番釣れると信じているので、集中力を維持するためにも、このセッティングで開始することの意味は大きいと思っています。

気温も高く、ほぼ無風だったので、まずは表層からチェック開始。

キャストをしながら周囲をチェックするも、表層でのライズらしきものはありません。

昼間の気温は高かったけど、まだ海は変化無いのかな?と思っていると

コ~~ン!

元気なバイトで一気にロッドティップが持っていかれます。

あまり大きくは無いと思いつつ、貴重な1匹だったので慎重にランディングすると、少しフォルムが違う??

なんと、1匹目はムラソイでした。

IMG_8791

毎年、メバリングの表層ゲームで釣れることが多いので、そんなに驚きはしませんでしたが、ちょっとガッカリな1匹目となりました。

やはり、メバルはまだ本調子ではないのかな~と思いつつ、次の魚を狙っていきます。

すると、しばらく探ったところで~

ツツ、コンッ!

再び浅いレンジでヒット!

この魚も元気に走って楽しませてくれます。

上がってきたのは、今度は本命のメバルでした。

サイズは20cmちょうどという感じですが、まずは久々のメバルにホッと一息というところでした。

IMG_8793

久々のナイスサイズの連発

ここで気分転換も含めて、少しだけポイントを移動しました。

大潮なので潮はかなりしっかり動いています。

そんな動きで活性が高くなってくれている魚に期待して釣りを再開。

軽くキャストして、ものの数メートルも巻かないくらいのところで

ゴッツ~~ン!

いきなりロッドが絞り込まれました。

完全にひったくるようなバイト。

暗闇の中でもロッドがかなり大きく曲がっていることがわかります。

躊躇しているとストラクチャーに潜られかねないので、一気に巻き上げてぶっこ抜き!!!

抜き上げる時の重さも相当でしたが、上がってきたのは久々に見る良型のメバルでした。
IMG_8801

高まる気分を抑えつつ、魚が落ち着いたところで計測してみると~

25cmジャストサイズ!

結構、このサイズは久しぶりになります。

IMG_8798

気分よく、ここで帰ろうかと思ったのですが、せっかく風も無いし、もう少しだけ探ってみようと釣りを継続。

そうそう簡単に釣れる訳もなく、しばらく無反応が続きましたが、突如としてその時が来ました。

ドンッ!!

これまた、バイトと同時に一気にロッドが絞り込まれます。

先ほどよりもヤバい曲がりと引き。

これ、抜けるのか??

と不安を抱きつつも、ネットは無いので思い切ってぶっこ抜き!!

上がってきたのは、先ほどよりも更にサイズもよく、何よりも体高もあるナイスプロポーションのメバルでした。

IMG_8804

よく引いたはずです。体格を見て納得。

しかし、このサイズが連発するとは!

ここ数週間は何かと渋かっただけに、非常に嬉しい誤算です。

さすがに、このサイズを2本抜いたのでプレッシャーもかかっただろうと判断し、またまた少し移動することにしました。



深いレンジにもメバルは居ました!

次に移動した場所は、少し前に沖の深いレンジで連発したポイント。

2週間くらいは経過していますし、気温も水温も違うので、まぁダメだろうと思いつつ最後のオマケのつもりでチェックしてみることにしました。

既にこの日の満腹中枢は満たされているので、ダメ元です。

リグは変更せず、スローにフォールさせながら探っていきます。

風が全くと言っていいほど無いので、この誘い方が非常に楽にできます。

大潮なので、気付けば潮位もめちゃくちゃ下がってきています。

ボトム付近かな~と思って軽く横方向を意識して探ったタイミングで~

コツ・・・

押さえ込むような静かな違和感。

でも、バイトと確信してフッキング!!

グッ!とロッドに重みが乗ります。

しかも、少し前の釣行時とは重さが違う??

ギュンギュン引くので、一瞬小さなキビレか?と思いましたがヘッドシェイクが全く無いし、この走り方は明らかにメバルのトルクです。

少し慎重にやり取りして抜き上げてみると~

25cmとまではいきませんが、これまたGoodサイズのメバル。

IMG_8805

20cmをちょい超えるのが精いっぱいだったこないだから考えると、考えられない結果です。

しかも、この日のここまでの釣果は全て表層付近だったのですが、このタイミングでボトムでのヒット。

そう言えばこないだも同じようなタイミングだったような気も??

こないだは、この状態から数匹連発したのでもう少しだけ探ってみることに~

すると、数投目に

コツッ・・・

また来ました!!

今度もそれなりの引き。

夜光虫が光る水中を暴れまわって上がってきたのは~

余裕で20cmオーバーのメバル様

ボトム付近の魚は少し白っぽい?

タイドのタイミング的に活性が低いところを釣ったせいかもしれません。

IMG_8808

しかし、このエリアのこのレンジ。。。

釣れる!!

確実に再現性アリ!

毎回必ず居るかどうかはもう少し実績を積んで確認しないといけませんが、同じエリアで同じ釣り方で同じように複数のメバルが釣れたので、何かのメバルが溜まる理由がありそうです。

もう少し調査ですね。

この日はこれで満足できたし、潮位もかなり落ちてしまったので、ここでストップフィッシングとしました。


アベレージ上々のメバリング釣行記 まとめ

と言うことで、3月に入っていきなり良い釣りをさせてもらいました。

タイミングですね~

決してパンパン数が釣れる訳ではありませんが、これだけサイズが揃ってくれると感謝感謝です。

改めて25cm以上クラスのメバルの引きにも脱帽。

本当にトルクフルで楽しませてくれます。

【INX label FBX-TS79L Tres SABIO サビオ】もよく曲がる竿なので、とにかくやり取りが楽しい。

しかも抜き上げの時もロッドがラインのたるみを解消してくれる役割を果たしてくれる感じで、とにかくバレにくいですね~

今週はこの釣りで終わりそうな感じですが、メバリングを堪能させていただきました。

ここから数日雨も続くようなので、春に向かってフィールドの状態が一気に上向いてくれることを楽しみにしています。

■タックルデータ
ロッド:INX label × Fishman FBX-TS79UL Tres SABIO
リール:アブガルシア Revo ALC BF7
ライン:東レモノフィラメント ソルトライン🄬 スーパーライトPE 0.3号
リーダー:東レモノフィラメント パワーゲーム🄬 ルアーリーダー 6lb

■INX label 稚魚シャッド Baity 1.8in
この時期、このワーム、手放せないです。


■東レ ソルトライン® スーパーライトPE
見やすいし、扱い易いし、他のラインより強いとは言いませんが、品質は安定しています。
0.3号はバランスが良いですね。



■NABRA Chase Fishing TOP へ