こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

昨夜は久々に無風の釣りを満喫することができました。

無風って、ライトゲームでは本当にありがたいですね~

しかし、悪いことも当然ある訳で・・・

はい、風もないと潮が動いてくれないんですよね・・・

どんどん潮位は変わるのに、潮は動かない~

もう少し潮が動いてくれれば、プラグのゲームも成立していたかも?なんて考えながらも振り返り釣行記になります。

お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。


最初の一匹にたどり着くまで四苦八苦

先週は雨なども多くて、約1週間ぶりの釣りになります。

車を降りると完全無風の感じ。

これは釣りがしやすそう!と急いでタックルの準備をしてポイントに入りました。

タックルはいつものベイトタックルです。

状況次第ではいきなりプラグゲームもあるかも?とスナップだけリグってポイントに立ったのですが、流石にそこまで甘い話しは無く、海の表層は平和な感じ。

まったくもって生命感無しです。

そこで、プラグをセットせずに【土肥富 オッズ Odz Flow Drive Head 0.6g】に、【サーティフォー 34 タープル】をセットすることに。

久々に投入するタープルですが、何となく、海水温も上がってよりプランクトンを意識している魚が増えてくれていれば、との思いでの選択です。

釣れるのであればすぐに答えは出るだろう、とタカをくくっていたのですが、これが予想に反して反応がありません。

潮はいい感じに少し濁りを帯びており、いかにも釣れそうな雰囲気なのですが、魚からの反応は無し。

この状況で釣れないはずはない、と自分の感覚を信じて粘ってみると、しばらくして~

コンッ!

ようやくバイトをキャッチ。

フッキングも成功して、何とかこの日のファーストフィッシュをゲット。

サイズ的にはアベレージの20cm弱の魚でしたが、ボーズ回避の貴重な1匹です。

IMG_8952

魚が居ることは確認できたので、引き続き探っていくと~~

しばらくして

ココンッ!

セカンドバイトも外すことなくフッキングに成功。

心地の良い引きを味わいつつ2匹目をゲット。
IMG_8953

サイズは伸びませんが、数は釣れそう。

そんなことを喜んでいた矢先~

ドンッ!

そして、ゴンゴンとヘッドシェイクの感覚が・・・

またも黒い重戦車をフックアップしてしまいました。

しばらく格闘して浮かせるまでには至りましたが、この日もネットをもってきていないので抜き上げでプチリ。

ここで、気分転換に少しポイントを移動することにしました。



潮通しの良いポイントで狙い通りにヒット

さて、移動した先では、リグをチェンジして釣りを再開。

【土肥富 オッズ Odz Range Cross Head 0.6g】に、【INX label 稚魚シャッド Baity 稚アミSP】のセット。

ライトを利用してしっかり蓄光させてアプローチ開始です。

潮通しの良いポイントなので、流れを意識しつつ探っていくと~

ツツン!!

バイトをキャッチするも乗らず。

しかし、フックアップしていないのでしつこく狙っていくと~

ドンッ!

ひったくり系のバイトでヒット。

結構良い引きです。

しかし、そこはベイトタックル。

強引に巻き取って一気にランディング~~

上がってきたのは、今日イチサイズのナイスメバルでした。

IMG_8954

やはり潮通しの良いポイントにはGoodサイズがついています。

引き続き丁寧・慎重にアプローチしていくと~

コンッ!

引きが弱いので、実際は瞬殺でランディング。

サイズは伸びませんが、少し数釣りモードになってきてくれた感じです。

IMG_8955

期待通りにバイトが続かないので、少しポイントを移動。

しかし、潮通しの良さだけは意識しての場所選びです。

すると~、移動してすぐに

ドンッ!

20cmアップが登場してくれました。

ワームは丸飲みで活性の高さが伺えます。

IMG_8958

更に探っていくと~

ゴミとは明らかに違う違和感をキャッチ。

しかし、フックまで食ってきてくれなかったので、再度、丁寧に通してみると~

粘って狙った3投目!

ドンッ!!

少し小さい魚のバイトのように感じていたのですが読み違えていました。

一気にロッドが絞り込まれますが、慌てず騒がず、落ち着いてやり取りをしてランディング!

良い引きをしてくれたので少しサイズアップか?と思ったのですが、20cmジャストクラスのメバルでした。

IMG_8961

ここで、ワームの釣りはほぼ満喫できたので、残りの時間は違うことをして過ごすことにしました。

表層プラグには反応無し~

さて、最後に試すのはプラグです。

表層でのライズは確認できないのですが、潮が何かのきっかけでもう少し動いてくれれば、メバルも浮きそうな雰囲気がプンプンしています。

まずは、入手したての【ルーディーズ メバミノー Fモデル】を選択。

飛距離や泳ぎの感じを確認してみることに。



飛距離に関しては、3.6gあることと重心移動システム搭載なので、全く申し分無い感じです。

そして、泳ぎ。

オルガリップレスよりはリップがしっかり立っているので、もっとブリブリ感が出るのかと思いきや、結構しっかりと巻いて使ってもヌルヌルした泳ぎをします。

リップが立っているとは言え、非常に小さいリップなので、『気持ち水を噛んでいる』というイメージです。

同じく独立リップのプラグである【マグバイト MAGBITE グレーシー】は非常にブリブリ感のあるプラグなのですが全く違う感覚のプラグです。

そして、巻いてもほぼ潜りません。

なので、流れの弱いところでサブサーフェスを狙うのであれば、シンキングモデルでも良いな、と感じさせてくれるルアーでした。

そして、肝心の釣果ですが、時折ボラのジャンプはあるものの、表層での反応は待っても待っても変化無し。

前回の釣行では風が強く、特定の場所にプランクトンが吹き寄せられていたのでシーバスがライズしていたのですが、この日は風も無いのでそんな事象も発生しません。

場所を移動しつつ、水面に注視して反応の変化を待ちましたが、結局反応は得られずタイムオーバー。

プラグでのお楽しみは今後に持ち越しとなりました。


無風のナイトメバリング まとめ

ということで、今回も何とかメバルに遊んでもらうことができました。

アベレージのサイズが少し上がってきているかな?と感じますが、バイトの集中度合などはまだまだ本格化の前段階という感じ。

しかし、何かをきっかけに一気に本格化することも普通にある話しなので、今後も地道な調査は避けられません。

そろそろプラグで釣りたいモードが高まってきました。

表層でのエキサイティングな釣りが成立する展開を期待しています。

■INX label 稚魚シャッド Baity 1.8in
このワーム。確実にメバルに効きます!稚アミSPは今の時期おススメです (^^

■ルーディーズ メバミノー
写真だけだと、スミスのガンシップに似ているとの評価多し!
フローティング大好き人間の私も、ちょっとシンキングが欲しくなっています。



■タックルデータ
ロッド:INX label × Fishman FBX-TS79UL Tres SABIO
リール:アブガルシア Revo ALC BF7
ライン:東レ ソルトライン🄬 スーパーライトPE 0.3号
リーダー:東レ パワーゲーム🄬 ルアーリーダー 6lb

■NABRA Chase Fishing TOP へ