その他日記

ライブドアブログからWordPressへのお引越し方法

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

引っ越しに着手してから数日が経過しました。
新しい釣行記事を書いていきたいのですが、移行した記事の不具合が多くて、その修復と並行で進めており結構大変です。

引っ越し手続きの参考にさえて頂いた記事の管理者さんも『はっきり言ってナメてました。』と書かれていましたが、同感です。

ただ、記憶は新しい内に記事にして残しておいた方が良いだろうと思い、今回はお引越しに関する手順や注意点について書いてみたいと思います。
ライブドアブログから引っ越しをされる方には必ずや役立つ内容かと思います。

一連の手順について事前にしっかり確認

まず最初に、引っ越しの段取りについてしっかり把握しておくことが大事だと思います。
ネットで調べると、ライブドアブログからの引っ越しを実施した方が愚弟的な手順についてアップされている情報が多くありますので、それらを見て、何の準備が必要なのかを確認してください。
私はこちらのブログを見て事前確認を行いました。

【2019年版】livedoorブログからWordPressへの引っ越し手順
ブロガーの皆さんそれぞれに環境が違うかと思いますので、自分に似た環境の方の情報を参考にするのが良いかと思います。

引っ越しに必要な事前準備(レンタルサーバの準備)

自分のブログを運営するサーバを自分で買ってくる人はさすがにおられないかと思います。
従来であれば無料ブログサービス企業さん(livedoorやamebloなど)が貸してくれるサーバ環境でブログを構築していた訳ですが、このサーバ環境を自分で調達しなくてはなりません。

ブログ用のレンタルサーバーサービスを実施されているサービスプロバイダさんは沢山ありますが、さくらインターネットさんやエックスサーバーさんを利用されている方が多いようです。

理由の一つとしては、レンタルサーバサービスに加えて、ブログサイトを構築する為に必要なサービスがセットで提供されているところかと思います。
具体的にはWordPressをレンタルサーバにインストールできるところまでが提供されています。

WordPressはオープンシースソフトウェア(OSS)とは言いつつ、ド素人がゼロからスタートするのはさすがにハードルが高いところ。

この辺りのスタートアップの手助けになるサービスが提供されているサービスプロバイダさんならどこでも良いかと思いますが、無料や激安のサービスプロバイダさんの場合はある日突然サービスが提供されなくなった、なんてことになると厄介ですので、私は有名どころであることと、参考にしたサイトの方も選んでいたことから【エックスサーバー】さんを選択しました。

契約の申込みに当たっては、提供されるサービスのグレードで利用金額が違ってきますが、個人のブログ運営程度であれば、それほど高スペックな環境も必要ないであろうと言うことで、『×10』というサービスを申し込みました。

申し込みに当たっては難しいことなどはおほぼ無く、自分のサーバIDや連絡先のメールアドレスなどを登録するくらいで終了します。

申し込みをすると、エックスサーバーさんからレンタルサーバの管理機能が利用できる管理コンソール(エックスサーバーさんではインフォパネルと言われています)へのアクセスアドレスとログイン時に必要なIDやパスワードが送られてきます。

また、自身のサーバIDやパスワード等もメールに記載されていますし、引っ越し元のブログから抽出したファイルを新しいサーバにアップする為のFTPソフト(ファイル転送・同期ソフト)の設定手順や、メールを利用する場合にはメールの設定手順、そしてDNSサーバの設定情報なども記載されていますので、このメールは大事に取っておく必要があるかと思います。

独自サーバの準備ができればインフォパネルにてWordPressのソフトのインストールまで実施してしまってください。正直、非常に簡単です。
私が参考にしたサイトでも画像付きで詳しく記載してくださっていますので、合わせて確認してみてください。

【2019年版】livedoorブログからWordPressへの引っ越し手順

1 2 3 4 5 6

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です