ブログ運用関連

【Googleフォト】 使ってみました 【Freeクラウドサービス】

こんにちは!

今回は、Googleが提供しているサービスの活用に関するお話しです。対象は、【Googleフォト】です。スマホやデジカメで撮影した写真をフラウドサービス上で保管・共有ができるサービスです。

スマホなどで気軽に撮影した写真は、時々整理をしても増える一方ですよね。しかも、iPhoneユーザであれば、SDカードなどに書き出せ無いので、スマホ本体以外に移したり、バックアップを取るのが面倒です。

ICLOUDなどのストレージサービスを利用すればバックアップは可能ですが、利用したり編集したり、出し入れしたり、という面では不便さが払拭できません。その点、このGoogleフォトは、写真を利用する面でも非常に使い勝手が良くなっています。

パソコンであれば、内部ドライブやリムーバブルメモリなどを指定して、そこからアップロードすることができます。スマホにアプリを入れれば、スマホ内の写真を自動でバックアップしてくれる便利なサービスです。

しかも、無料!

これは、使わない手はありませんね。スマホ本体の容量不足で悩んでおられる方は、このサービスを利用することで悩みが解決できます。

【Googleフォト】の利用を開始すると、PCで自身のGoogleアカウントでログインした状態にすると、Googleアプリの中にアイコンが登場します。他のGoogleアプリと同様に利用開始のハードルは非常に低いのが特徴と言えます。
2015092_2
FREEのストレージサービスな訳ですが、サービスの内容的には、アップロードする写真の画像品質をGoogleにお任せで指定しない場合は、利用に当たっては完全無料で容量制限もありません。
お任せと言いつつ、決して画像品質が大きく悪化する訳ではなく、「高品質」で保存されます。

と言いつつ、「画質状態が不明な状態の保存はイヤ」「写真撮影時のファイルサイズに拘わりたい」と言う場合は、15GBの保存領域が指定されており、その領域が消費される仕組みになっているようです。15GBと言うのもかなりの容量です。私は、利用開始時に1500枚ほどの写真をバックアップしましたが、4GBほどしか領域を使用しませんでした。

私はiPhoneユーザですが、スマホのアプリのハードコピー画面はこんな感じです。
アシスタントのメニューを選ぶと、Googleフォトにバックアップをしている状態が表示されます。何件の写真をバックアップ中であるかや、バックアップ完了の通知などが表示されるようになっています。
また、コラージュとして、Googleフォトで同一撮影日の写真が自動編集された写真の集合体が表示されたりします。

こちらが、コラージュとして表示されるイメージです。同一日に撮影された、関連性のある写真が3枚選択されて、以下のレイアウトで自動的に編集された1つのファイルが作成されます。気に入れば、これをライブラリに保存しておくことも可能です。
また、フォトのメニューを選択すると、撮影された日別に整理されて表示されます。釣果の場合は、釣れた日が一目瞭然で分かりやすいのが嬉しいところです。
 
また、本サービスは、当然、iPhoneユーザ向けだけではないので、Android端末用にもアプリが準備されています。まぁ、当たり前ですね (^^;;
20150902_1
 

と言うことで、私もまだあまり使い込んでいませんが、写真の整理や保管に困っていた方には間違いなく導入価値のあるサービスだと思います。
繰り返しになりますが、スマホの容量不足で悩んでいる方には、非常にいい話しではないかと思い紹介しました。

私も、iPhone5Sを利用しており、購入時にはそれ程ストレージ容量の必要性を感じなかったので16GBモデルを買ってしまいました。しかし、写真以外にも、インストールしているいろんなアプリでストレージの容量を消費しますし、アプリの起動や利用の為にもメモリの残領域が必要になるので、16GBでは完全に最近容量不足なっていました。

しかし、不要な写真を整理してもそれ程残容量を確保することができず、容量不足にストレスを感じていたところでした。今回、【Googleフォト】を導入することで、古い写真をスマホ本体から気兼ねなく削除でき、スマホの容量不足問題を解決することができました。
同じお悩みを抱えておられる方は、是非、一度、試してみてください。Googleのサービスのビジネスモデルには、ただただ驚かされるばかりです (^^

■NABRA Chase Fishing TOP へ


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)