その他日記

iPhone6S 【防水性検証】 これって待望の防水機能?

こんにちは!

9月25日に、iPhone6Sの発売に因んでiPhone6Sの機能について記事をアップしたところですが、今回は、iPhone6Sの防水性検証をしている記事をたまたま発見したので紹介してみたいと思います。

個人的には、かなりの驚きと期待をもって記事を読みました。
20151002_1

Android端末においては珍しくもない防水機能ですが、iPhoneユーザーにとっては結構待ちわびている機能です。特に、私たちアングラーにとっては釣り場で記録を残す為にスマートフォンは持ち込みたいものの、水周りでの使用は非常に気を遣う問題でした。

防水機能を有したケースに入れたり、簡易な方法としてジップロックに入れて釣り場に持ち込んだり。
とにかく、水との接点を持たないよう、ひたすら気を遣う日々でした。


が、今秋に発売されたiPhone6Sには、公式には発表されていない防水性が備わっているとか?

アップルも公式に発表していない、この防水性有の情報ですが、実際にiPhone6SとiPhone6S-Plusを利用して検証しており、記事の最後の方には、その根拠と言えそうな内容まで掲載されています。

何やら、防水性を維持する為に、基盤部分にシーリング機能(アップルで特許取得)が取り込まれているようです。これは、マジの防水性なのか?
20151002_2

実に、48時間、水に漬けても、画面の3Dタッチの機能や、カメラ機能、ライトニングの充電口の機能まで、問題なく動作しているのです。

更には、検証動画も!

メーカーが公式に発表していることではないので、防水性について私は一切責任を負えませんが、結構信頼できる情報のような気がします。

確かに、iPhone5Sが発売された時に、防水機能を搭載するのも時間の問題と言われていましたし、IP-X規格などの保証がなくても、水濡れ程度なら安心できるだけでも大きな違いです。

因みに、iPhone6においては、防水性はほぼ期待できないようです。
私の持っているiPhone5Sに至っては、全く話しにならないので、本気でこの機能は気になります。

もう少し、真剣に調べてみたいと思います。

■防水性の検証記事はこちら

■NABRA Chase Fishing TOP へ



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)