その他日記

【車で動き回る釣り人】は一考の価値あり JAF は必要?

こんにちは!


タイトルの通り、私は基本、車で釣りのポイントを回ります。

 

車で移動すれば、多くのタックルを持ち回れるので、釣り物を急遽変更する事も可能ですし、確かに便利なのは便利です。

 

しかし、車が何らかの理由で動かなくなったり、動かせなくなったりしたらどうでしょう。

 

立ち所に身動き出来なくなってしまいます。

 

これらのリスクから解放されるには、徒歩や自転車、電バスによる釣行になるんでしょう。
ライト師匠はマメに電バス釣行を敢行されていますが、私にはなかなか重い腰が上がりません。

 

なぜ、急にこんな話しをするかと言うと、私の乗っている車は新車購入時からかなりの年数と走行距離を経ています。

 

日本の国産車は優秀で、これまでは目立った不具合はなかったのですが、ここ最近、危うく身動き不能に陥るかと思うシーンに出くわしています。

そこで、車のトラブルシューティングと言えばJAF?ってことで、ちょっとJAFについて書いてみたいと思います。

車のトラブルで上位を争う【バッテリー上がり】ですが、私の場合、家にボート用のバッテリーが沢山あるので、いざとなればそれを使えば何とかなるだろうと甘く考えていました。

 

しかし、先般、自宅の駐車場に置いてある車に、朝乗ろうとすると、セルモーターがウンともスンとも言いません。

 

ん?と思って、ふと気付いたのですが、前日の帰宅時に車内で探し物をしていて、車内灯をつけたまま放置してしまっていたのです。

 

バッテリーはほぼ完全に放電し切っていて、アクセルを踏みながらセルモーターを回そうとしても、全く無反応。

 

ここまでバッテリーが上がっていて、よくリモコンキーで開錠できたな?と思うくらいバッテリーがスカスカになっていました。

 

さて、ここで、まず頭に浮かんだのがJAFですが、数年前に車の任意保険に付属しているロードサービスで賄えそうなので、解約した事を思い出しました。

 

そこで、保険証書を引っ張り出して、保険会社のロードサービスに連絡をすると、なんとサービスの対象は出先でのトラブルだけで、自宅でのトラブルはサービス対象外との事。

 

マジかいな?そんな事知らんし、と思ってもどうしようもありません。

 

そこで仕方ないのでJAFを呼んだのですが、非会員なので、しっかりガッツリ、1万4千円も取られてしまいました(涙)
20160119_1

バッテリーそのものはこの料金に入っていない訳ですから、バッテリーも弱っていてダメということであれば、更に1万円以上の費用がかかると想定されます。

オートバックスなどの量販店などであれば高いバッテリーや安いバッテリーの選択肢もありますが、JAFにその場で売ってもうらうと、恐らく高いんでしょうね (^^;

因みに、JAFのホームページでロードサービス実績が公開されているのですが、やはり4輪車におけるサービス利用のトップは、バッテリー上がりです。
20160119_7

面白いのは、2輪車でもトップはバッテリー上がりなのです。4輪でも2輪でも、バッテリーが上がってしまってはエンジンがかからないのは同じですね。
20160119_8

 

ドアロックが開錠できない

そして更に私自身のトラブルの話し。

 

先日、釣りを終えて車に戻り、リモコンキーで開錠しようとすると、ウンともスンとも言いません。

 

最近、リモコンキーの反応が悪いなと思っていたのですが、釣りの間にキーが冷えたのが原因か?リモコンが効かなくなっていたのです。

 

開錠出来ない事には動きようもありません。ドアが開けば、中にはスペアキーがあるのですが、ドアが開かない事には話になりません。

 

キーを持ちながら、どうしようかと途方に暮れつつ釣り具を片付けて、改めてリモコンキーを押してみると、何とか反応してくれて開錠に成功しました。

 

どうやら、片付けている間に、片手で握っていたので、手の温もりで温度が上がり作動してくれたようです。
典型的な電池切れの症状です。

 

すぐにリモコンキーの電池を交換したのは言うまでもありません。

 

今回は何とかリモコンキーが反応してくれて危機を回避できましたが、反応しなかったなら、やはりJAFを呼ぶしか無かったかと思います。

 

しかし、車のセキュリティはリモコンキーと連動していて、リモコンキーで開錠しないとセキュリティは解除されません。
もし、JAFに来てもらって力技で物理的にドアロック
だけを解除していたらと思うと、セキュリティのアラーム音を考えるだけでゾッとします。

 

改めてJAFのコストを検証してみる

このように、ここ半年で上記2件のトラブルに見舞われました。リモコンキーの不具合は何とか運良く回避できましたが、ここでJAFを呼んでいたらどのくらいかかるのか?と思い調べてみました。

一般道での夜間のヘルプの場合
20160119_5

会員なら無料ですが、非会員なら、バッテリー上がりと同じくらいの料金が発生します。

では、会員になるとどのくらい会費がかかるのか?
20160119_4

契約期間を長くすると、入会金が安くなっていくシステムになっています。

が、年会費は4000円ですね。

1年に1回でもお世話になれば、かなり有効ですが、非会員で発生する費用を考えると、3年に1回くらいお世話になったとしても、元は取れている感じですね。

私の場合は、最初に書いたように、車自身が古くなってきているので、いつどこでトラブルが発生するかが読みづらくなってきています。

と言うことで、今回、私は【入会の価値有】と判断して入会してみました。
まあ、継続するのは車買い替えまでになるかも知れませんが(^^;;

JAFはロードサービス以外にもメリットがある

ここまで、JAFのロードサービス中心に見てきましたが、JAFの会員になるとロードサービス以外にも様々なサービスを受ける事が出来ます。

飲食店でも、会員証を見せると割り引いてくれる場合もありますので、会員の方は改めてロードサービス以外のサービスも確認しておくべきですね。
20160119_9

また、特に目を引いたのが、駐車場のシェアサービスです。
街中に車で買い物に行った時など、駐車場が空いてなくて、駐車場探しで街中を徘徊させられた経験がある方も多いのではないでしょうか?
スアホのアプリでも、駐車場を探せるアプリはありますが、空き情報まで見ようとすると有料サービスというのが一般的ではないでしょうか?
なので、駐車場の場所だけ確認できても十分とは言えません。

このサービスは、一般の駐車場だけでなく、貸す側として登録されている一般家庭の駐車場も利用範囲に含まれています。
なので、サービス名が【軒先パーキング】となっています。
20160119_10
料金はクレジット決済で、その場で支払必要はなく、時間貸しではなく1日単位での利用になるようです。

しかし、どのくらいの利用対象があるのかを見ていかないと、利用価値があるかは判断できません。
実際に自分の普段の利用範囲で検索してみたところ、1件もヒットしませんでした(涙)

しかし、しかし、まだまだこのサービスも始まったところのようなので、提供される駐車場が増えてくれば利用価値が出てくると期待しています。

車で動き回る釣り人にとってのJAFの必要性 まとめ

と言うことで、最後の方はおまけ的な情報でしたが、車が古くなってきているとか、最近車の調子が悪いけど乗り換える予定は無い、といった方にはJAFはある程度の価値があるのではないかと思います。

特に、出先の釣り場の駐車場などで何かあった場合、リカバリのしようがありませんしね。

以上、今更のJAFですが、ちょっと改めて見直してみました。

JAF公式ホームページ



■NABRA Chase Fishing TOP へ


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)