その他日記

【時事ネタ】見所ピックアップ フィッシングショーOSAKA 2016 Bゾーン編

こんにちは!

年度末が近くなると、何かと忙しくなりますね。昨日中にアップしようと思っていたのですが、時間が取れなくて日をまたいでしまいました。

それでは、フィッシングショーOSAKA 2016のAゾーンの続編として、Bゾーンと3号館の記事を書いてみたいと思います。

Bゾーンのトップバッターは、アピア

Aゾーンをフラフラしながら、少し休憩をしてBゾーンへ突入です。

入ってすぐ、真っ赤の目立つブースにて、アピアさんのブースが目に飛び込んできました。
ブースそのものが凄いインパクトです。

ブースの表に展示されているのですが、昨年に上がった120cmのタイリクスズキのレプリカが置かれていました。そのサイズを見て、驚きながら、ロッドコーナーへ。
新しいブランクスのロッドを手に取り、今までの先重り感がかなり無くなっていることを感じました。

また、裏手の方には、またまたレプリカが置いてあり、手に取っていいと言われたので、調子に乗って持たせてもらいました。

サイズもさることながら、重さがハンパなく、重さも本物に合わせているのかとお聞きすると、重さも合わえているとのこと。
尾っぽを持った四十肩の左肩が悲鳴をあげるほどの重みでした。

これはこれで、面白い体験でした。

 

Bゾーン本命 ヤマガブランクス&リップルフィッシャー

改めて字で打ってみると、文字数が多いメーカーさんですね (^^;

まあ、そんなことはさて置き、ある意味、自分の中では今回のショーでは大本命のブースです。

アースフィールドさんでロッドは触ったり振ったりさせてもらっていますが、多くのラインナップを一気に触って比較できるチャンスはそうそうありません。

まずは、リップルフィッシャーさんで、【リアルクレセント RC-65JH/TZ】を釣り友さんにも振ってもらい、感触や意見を聞いてみます。

張りと感度が絶妙との意見ももらいつつ、私もまだ振っていない7フィート台のロッドの感触を確認してみます。

やはり、6フィート台のロッドほどの軽快さはありませんが、しっかり感は倍増ですね。
地磯などのポイントでデカいメバルを専門に狙うならいいロッド、という感じです。

が、港湾部で、ある時はアジング、ある時はメバリング、というのであれば、やはり6フィート台かな?という感じでした。

リップルフィッシャー リアルクレセント RC-65JH/TZ

他には、モンスターインパクトシリーズのアカメ用のレッドアイをシーバス用にチューニングされた【レッドアイ・シーバスバージョン】を振ってみました。

同じ並びに並んでいる、自分の愛機【モンスターインパクト トラディション96】と振り比べて、改めてレッドアイの強さを痛感。
湾奥ではここまで要らないかな~とは思いますが、モンスター狙いの釣りでは魅力的ですね。

ビッグベイトなどの大型のルアーを安心して投げれるスペックも魅力的だと感じました。

そして、ブースの反対側にまわると、今度はヤマガブランクスさんの展示コーナーです。
リップルフィッシャーの青い看板に対して、オレンジの看板が印象的です。

 

こちらでは、やはりブルーカレントがチェックの中心になります。

 

今、釣り友さんの間でも話題の【ブルーカレント 85/TZ NANO オールレンジ】を手に取って振ってみました。

 

91/TZより短くても、パワーの面では上回っています。
何度が真剣のフルスイングを試してみて、プラグや軽量メタルジグなどが気持ちよく投げられそうな感じでした。

 

私はやった事がありませんが、メッキやカマス狙いをするには、超楽しそうなロッドでした。
また、チニングのズル引きリグにも相性抜群と思われます。

 

7フィート以上のライトゲームロッドを持っていなくて、そのクラスのロッドを狙っている方には、オススメなロッドだと思いました。

因みに、既に予約注文が沢山入っているようで、チャンスを逃すとなかなか入手できなさそうです。

ヤマガブランクス ブルーカレント85/TZ NANO オールレンジ

Bゾーンの目玉総合メーカー ダイワ

そして、お次はダイワブースに到着。 
こちらもシマノに負けず劣らぬ混み具合です。

 

ここでのお目当は、16セルテート一本。

 

順番待ちをして、16セルテートに辿り着き、早速手に取ってみます。

 

展示コーナーが明るいので、写真に撮っても逆光でリールが綺麗に映ってくれません。

 

説明をお聞きしつつ、リールを触ってみます。今回の16セルテートでは、ローターに色々と改善が施されているとのこと。

 

ローター単体でデモパーツを準備されていて、13セルテートと16セルテートのローターの歪みの違いを体感させてもらいました。

 

確かに、新しいローターの方が強度が強く、手で握ってみると、歪みの違いが実感できました。

 

しかし、私の関心を1番引いたのは、ラインローラーでした。

 

ラインを受ける部分のパーツがかなり変わっていて、13セルテートのラインローラーとは明らかに違います。

 

これが、どこまで糸ヨレ防止などに効果があるかわかりませんが、マグシールドBBを搭載したラインローラーの改良点のひとつである事は間違いありません。

 

マイナーな箇所ですが、実釣性能としてラインローラーに拘りがある私としては非常に気になる改良点でした。

 

オーシャンルーラーにて、モンスターに遭遇

そして、更に色々なブースを見つつ、たどり着いたのは、オーシャンルーラーのブースです。

 

オーシャンルーラーと言えば、日頃、アクティブフロートなどでお世話になっていますが、色々な商品群よりも、正直驚いたのは、メバルの剥製でした。  

 

36.5cm!

 

大きなお目々を隠せば、ナイスサイズのスモールマウスバスかと思わせる魚体にビックリ。

 

釣れる地域では釣れるんでしょうけど、阪神間をメインフィールドにする私達にとっては夢のサイズです。

 

尺サイズさえも夢のサイズなのに、更にそれを6cm以上も上回るサイズ。

 

こんなメバル、死ぬまでに一度でいいから釣ってみたいですね~

上から写真を撮ると、生きている魚を水槽の上から撮影しているみたいです。

自分が釣ったメバルをバッカンにキープして写真を撮った時と同じ感じ。

サイズは果てしなく違いますが、リアルな剥製に超興奮でした。

フィッシングショーOSAKA 総まとめ

イベントホールを見て回った後で、恒例の3号館での抽選会は、今年もラップでした。
これで、18年間、パーフェクトにラップです。
これは、宝くじなど、とても買えませんね。

因みに、一緒に並んだ釣り友さん2名は、2名とも1000円の商品券をゲットしていました。
羨ましい限りでした~

という事で、気がつけば夕方の閉館の時間になっていました。

最後の方では、釣り友さん繋がりで新たな出会いもあり、ネット上でのバーチャルな情報だけでなく、リアルな場だからこそ得られる情報や出会いがあり、この様なイベントと言うのは非常に大事だと感じました。

Aゾーンも含めて、たった半日しか見て回れず物足りない気もしましたが、また、来年を楽しみにしたいと思います。

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)