その他日記

【体験レポート】NAVITIME ドライブサポーター スマホ版 かなり使える

こんちには!

先週末、ちょっと時間が出来たので、メバリングの新規開拓の為に、少し遠くまで出かけてみました。
知らない場所などへの遠出においては、カーナビは強い味方ですよね?

しかし、私は昔からカーナビを付けていません。

新車で乗り換えた時も、カーナビは付けませんでした。

何となくナビに頼るのは好きになれないのと、地図を見れば十分わかるし、最近ではGoogle MAPでもナビゲーションしてくれるし、車載する専用のカーナビなんて要らないと思っていたからです。

 

しかし、とある事情でスマホ版の【NAVITIME ドライブサポーター】をお試し版でインストールしてみたのです。


 

NAVITIME ドライブサポーター 初体験

インストール後、ずっと使っていなかったのですが、今回、全く行ったことがなく、土地勘もない場所に行くということで、ふと、このアプリの事を思い出し、使ってみました。



はじめは、最寄りの高速のインターチェンジまでは行けるから、高速を降りてから目的地までのルートがわかればいいや、くらいにしか考えていなかったのですが、実際に使ってみると、これがなかなか、侮れない程に使えるのです。

 

下の画面コピーは、この記事用に設定してみた画面なのですが、現在地から目的地までのルートと高速料金、所要時間が出てきます。

 

所要時間はあくまでも渋滞などがない場合の時間なので、自分が移動する時間帯はある程度考慮しなければなりませんが、それでも、全く情報が無いよりは目安も持てて助かります。

 

電バスとの料金比較が出来るのも面白い機能です。

また、自分の車を車種登録しておけば、燃費からガソリンの使用量まで計算してくれます。
現地の天気予報までお知らせしてくれます。

 

 

実際の音声ナビゲーションが完璧

ルート設定すると、案内開始ボタンをタップします。

すると、ナビゲーションが開始される訳ですが、更に音声案内開始をタップすると、文字通り音声案内が始まります。

左右どちらかに曲がらないといけない場合は、2km前からガイダンスが始まり、直前まで数度にわたり曲がる方向を案内してくれますので、間違えて曲がるべき交差点を行き過ぎる危険性は全く感じませんでした。

また、曲がる方向から、走行する車線までどちらを走っておいた方がいいかをガイダンスで教えてくれます。




GoogleMAPなどでは、案内が若干曖昧でしたが、このアプリではほぼ完璧でした。

このガイダンスの性能は、高速道路よりも一般道の方が優劣を実感できます。

今回は、かなり辺鄙な道路から国道~市街地まで、一通り走ってみましたが、どのルートにおいても運転していて不安を感じることなく使うことができました。




プチ遠征の参考情報を得るにも便利

今回は、明らかに高速道路を利用しないと行けない場所でしたが、普段の釣りにおいて、プチ遠征くらいの規模だと、高速道路を必ず使う必要があるか?悩むケースもあります。

この【NAVITIME ドライブサポーター】であ、高速を使わずに行くと、どのくらい時間がかかるのかもわかります。

 

遠くになるとあまり参考になりませんが、中途半端なプチ遠征先なら、行きや帰りだけでも下道で、と思った時に、高速道路を使った場合とどの位違うのか?を見つつ、どちらのルートを使うかを検討する参考になります。


 

NAVITIME ドライブサポーター お試し期間を有効に

【NAVITIME ドライブサポーター】、ちゃんとお試し期間が2ヶ月設定されているので、その期間で使用感や機能を確認した上で課金利用を迎えることができます。

お試し期間では利用できない駐車場などの情報もありますが、カーナビゲーションとしての機能は十分確認することができますので、現在車載のカーナビに不満があり、乗せ換えを考えておられる方や、レンタカーの利用が多くて自分のカーナビが無い方、そして、私のように”カーナビなんか高いお金出して要らない”と思っておられる方は、一度試してみてください。

結構、満足度が高いサービスを受けることができると思います。

他にも、オプションで様々な機能が提供されていますので、もう少し使い込んだら改めて記事をアップしてみたいと思います。




■NABRA Chase Fishing TOP へ



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)