タックル関連情報

【バスタックル】issei AKチャター 更に使い易い10g登場

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んで頂きありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

ここ最近、バスフィッシングに出撃できていないのですが、YouTubeで紹介されていたあるルアーが気になっていました。

ちょうど、タケ師匠と月曜会の待ち合わせの時に、釣具店に寄ると売っていたので、後日入手してみました。

さて、そのアイテムとは何か?

では、お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。

issei AKチャターの軽い版が登場

少し前から登場していたんだと思いますが、実際に売っているところを発見したのは、前述の通り数日前。

それが、【一誠 issei AKチャター 10g】になります。

初代のAKチャターは1/2ozのみのラインナップでした。

いろんなウェイトを出さずに1/2ozだけに絞ってきたのは一誠さんらしいと感じていました。

ウェイト差でユーザーが悩まないように、確信のウェイトだけで勝負というところですね。

しかし、実際に使ってみると、1/2ozは水深の浅いエリアや、ウィードが濃いエリアでは非常に使いにくいというのが実情でした。

浅くても早く引けば良いのでしょうけれど、元々波動の強いルアーだけに、超高速でブンブン巻いているだけではなかなかいろんなシチュエーションに合わせることも難しいところ。

ウィードが濃いと、ロッドを立ててウィードの面を引こうと思っても、ほぼスタックしてしまいます。

ウィードにスタックすると、ほぼルアーはロストしてしまいます。

実際、城北ワンドでは数個なくしてしまいました。

ということで、少し軽いバージョンが欲しいな~と思っていたところ、isseiのYouTubeで10gバージョンが使われているのを見てしまい、発売を心待ちにしていました。


ブレードのサイズが同じ点に注目しつつ実釣

では、詳細について見ていきたいと思います。

まず、ウェイトが違うのでヘッド部のサイズが違うのは当たり前ですが、キモとなるブレードについてチェックしてみました。

サイズや形の違いについてオリジナルの1/2ozと比べてみたのですが、なんと、ブレードは完全に同じものが使われているようです。

何はともあれ、使ってみなければわからないということで、実釣投入してみることにしました。

気温も下がってきてウィードはかなり目立たなくなってきた城北ワンドへ出撃

まず、飛距離については4g差くらいでは全く気になりません。

そして、何より大きな違いに気付いたのは浮き上がりの速さ

ロッドを立てて普通の速度でリトリーブしても表層付近まですぐに浮き上がってくれます。

ブレードの抵抗は同じのままで、ウェイトが軽くなったのでリグとしての浮き上がりが良くなった感じです。

少し沈めても、ウィードや障害物の抵抗が気になるところではロッドを立てて回収することで根掛かりしそうな気がしません。

これは、いろいろな制約が多い陸っぱりアングラーにとっては非常に有難い違いです。

1/2ozの時はキャストして着水してから必死でリトリーブしないとボトムのウィードや岩などに引っ掛かってしまっていたのですが、10gだとこの辺りの自由度が高くなった感じです。

また、近距離のブッシュ撃ちでも、少しフォールの速度が下がるため、キャストからリトリーブ開始までの時間の余裕も確保できる感じ。

琵琶湖や大きな河川などでは1/2ozでいいかと思いますが、小規模な野池などでは10gの方が明らかに使い勝手が良いことがわかりました。

リグのアピールはそのままに、巻き速度や引くレンジの自由度の高さという点で、10gのAKチャターは今後の投入シーンが多くなること間違い無しのルアーであることを確信しました。

AKチャター 10g 実釣インプレ まとめ

ということで、AKチャターの10gでのインプレでした。

投入するシーンによるとは思いますが、いろんなシーンによりマッチさせ易いのは10gの方だと思いました。

水深のあるエリアや、スピード感をもって広くチェックしたいシーンの場合は1/2ozの方がいいかと思いますが、浅いエリアやウィードの表層を引くなどと言った使い方については10gの方が使い易いのは間違いありません。

ウェイトが軽いと言いつつ、フックも同じサイズなので決してリグとして弱い訳ではありません。

インプレでも書いた通り、浮き上がりの速さなどの特徴を利用して、沈めて使う場合もゆっくり引いても根掛かりを回避し易いなど、攻め方の幅が出せる点が大きなメリットだと思います。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)