釣り関連雑学

【スロットリミット】キャッチ&リリースのルールについて

こんにちは!
今日は、魚のキャッチ&リリースについてのお話しです
日本ではあまり聞いたことのない発送で
面白いな~ と思ったので、記事を書いてみます。

昨日、テレビ(釣りビジョン)を見ていて知ったのですが
諸外国では、釣った魚のキープができるサイズを制限しているところが多いようです。
日本でも、渓流などは、そういう場所もあるのかも知れませんが
海では、あくまで紳士協定と言うか、マナー的な感じですね。
昨日見た話しは、ルールに更に奥があり
リリースしないといけないのは、規定よりも小さい、若い魚と
更に、規定より大きな魚もリリース指定をしているとのことです。
発想として、小さい魚は、これからどんどん産卵して個体を増やすのに頑張ってもらわないといけない。
また、通常よりも大きな魚は、そこまで育つ先天的な遺伝子や、利口であると言う遺伝子など、大きくなれる素養を持っているから、リリースして、種の反映に寄与してもらいたい
ということのようです。

スロットマシーンの、両端はリリースで
真ん中だけキャッチOKなので
「スロットリミット」 と言うルールのネーミングになっているそうです。
このルールの適用により、確実に個体数が増加しているとう実証結果も出ているそうです。
自分の認識では、日本では基本的に小さな魚はリリースするけど、大きな魚は、食べる人は持って帰るという印象です。
しかし、過去に見たいろんな方のブログなどを見ていても
やはり、大きくなれる個体や、ルアーや釣り餌に反応する遺伝子の貴重性について語られている記事を見てきました。
管理釣り場や渓流などはこのような制限もできるかも知れませんが、海などでは難しいかも知れませんね。
でも、そのような発想が浸透すれば、いろんな魚種の個体数が増えるかも知れないな~と思って見ていました。
私自身は、ほぼ99%リリースしますので、キャッチする方にどうこう言う話しではないのですが、アングラー全体にこのような発想が浸透すればいいな~と思った次第です。




■NABRA Chase Fishing TOP へ





POSTED COMMENT

  1. むぎわら より:

    それは興味のある話ですねー!
    確かにそう解説、データがあると知っているか、知らないかでかなりの差が出ますね。
    魚について、その先まで考える。
    いいと思いますね。

  2. GONTA より:

    コメントありがとうございます~
    既に絶滅危惧種なども身近なところでも多いので
    釣り人全体で考えたい話しですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です