メバリング

【メバリング】 復習と検証の朝練釣行

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

昨夜は本来なら出撃しない週末ですが、朝方のタイドのタイミングと天候がいい感じに見えたので、ちょっとだけ調査する事に。

木曜日の復習もしないといけないし、検証目的で短時間釣行に出掛けました。

結果は、サイズが揃ったメバルが釣れて、週末なのでキャッチ&イートになりました。

では、お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。

反省を込めてPEラインで復習開始

タックルの準備を早々に済ませてポイントへ。

この日は、前回釣行でラインブレイクが連発した反省も込めてPEライン(4lb)にてメバルに挑みます。

前回の記事にいただいた勉強になるコメントを踏まえて、メインラインを2lbのフロロにしつつ太めのフロロをリーダーに組むことも考えたのですが、釣行最後でブチ切られたイメージが払拭できず、ある意味弱気のラインシステムになりました。

風に弱いPEラインですが、この日はほぼ風がないので、ジグヘッドも軽めを選択します。

【サーティフォー 34 ドライバーヘッド】0.5gにワームをセットしようとして、ハタと気づいたことが。

前回の釣行で使い切った【サーティフォー 34 オービー1.6in】のはなちらしカラーを補充しておかないといけないのに、それをせずにポイントに入ってしまいました。

今更取りに戻る訳にもいきませんので、ローテーションボックスに残っていた唯一のオービーはなちらしカラーをセットして釣りを開始します。

ショートレンジに第1投を投げ込んでリグがなじんだ直後に、リグに違和感が??

“あれ?今アタッたかな?”と思いつつ、そのままリグをさびいていくと

ガンッ!!

といきなりバイトが。なんとも幸先のよりヒットです。

少し強めのドラグもなんのそのでラインを引き出していきます。

あれ?シーバスかな?と思いましたが、引きからしてメバルっぽい。

慎重に寄せてライトで確認すると、茶色い魚体が水面に浮いています。

先日の悪夢が頭を過ぎりますが、ラインを強くしているので、ラインを信じて身長に魚をリフト。

ロッドを大きくしならせながら上がってきたのは期待通りの大きなメバル。

いきなりの25cmでした。

少しの間、小休止?

先日と同じくらいの個体数がいるのか?と期待しましたが、先日に釣れた他のポイントを探ってみても反応がありません。

さすがにそんなに甘い話しは無いよな~と思っていると、クンッ!とバイトが。

反転系というより、追い食い・居食い的なバイトで、フッキングには成功しましたが、ほどほどサイズには強すぎるラインシステムなので、瞬殺です。

20cmにちょっと足りない?くらいのメバルちゃんでした。

先日ほどの活性は無いにしても、魚は居ると確信できたので、丁寧に探っていくと、時々明らかにバイトと思わしき反応をキャッチするのですが、ことごとく乗りません。

そういう反応の時は、ワームがいつもこの通り・・・

結構渋いようです。

【サーティフォー 34 オービー1.6in】のはなちらしカラーはこの1本。

大事に使ってはきましたが、これだけショートバイト引っ張り回されるとワームもボロボロです。

どうにかこうにか刺し直して釣り続けます。
スローに、且つ丁寧に探っていき、ショートバイトに備えていると、超微妙なバイトをキャッチ。

しっかり食い込んだ確信が持てるまで待ってからフッキング。
しかし、フッキングと同時に飛んで上がってきたのはこのサイズ・・・

サイズダウンしていく傾向はあまり良い傾向ではありません。

この日は短時間釣行と決めていたので、良いサイズも釣れたことだし帰ろうかと思いつつ、一度大きく場所を変えてみることにしました。

下げモードからの、アゲアゲ釣果

ワームを、ボロボロの【サーティフォー 34 フィッシュライク1.5in】にチェンジしてみます。

カラーは、はなちらし。ワームの形状の違いがどのくらいのバイトの差になるかも検証です。

移動先でしばらくバイトがないまま探り続けていると、ククッ!と明らかなバイトが。

しかし、乗りません。

そこで、再度同じゾーンを通し直してみると、またも小さいアタリが。

そのままでは乗らないので、一瞬止めてフォールを混ぜると

ガツンッ!

と、バイト&フッキング成功。

この魚も最初の魚くらい良く引いて楽しませてくれます。

ランディング時には緊張が走りますが、丁寧に且つ大胆に抜き上げ!

やはり、25cmサイズのメバルでした。

このサイズのメバル、本当によく引いて楽しませてくれます。

いいサイズだし、久々に持ち帰ろうかという思いが頭に浮かびますが、バッカンを持ってきていないので暫しフックを外しながら悩みます。

もし、もう1匹いいサイズが釣れたらもって帰ろうと決めて、魚をネットにキープしつつ釣り歩きます。

すると、すぐにいきなりひったくり系の激しいバイトが。

ファーストランが強烈で楽しい~~~ (^^

更にサイズアップかと思いますが、抜き上げてみるとサイズダウン。

しかし、この魚も引きの強さを納得させてくれるナイスコンディションです。

反転バイトらしく、口の横にしっかりフッキングしています。

【サーティフォー 34 ドライバーヘッド】は反転バイトに強いフック形状とのことですが、本当に反転バイトを逃すことなく高確率でフッキングに持ち込んでくれます。

ワームも、フィッシュライクでもしっかり食ってくるので、カラーが当たっているということでしょうか?

これで、良いサイズが2匹になったので、メバルさんにしてみれば残念なお知らせですがお持ち帰り確定です。

しかし、時間も予定の時間を消化しつつあるので、戻りながら気になるポイントを撃っていくと、魚が付いている確率が高いエリアを通過するときに、これまた強烈なバイトが!

最初の時間帯のショートバイトが何だったのか?と思わせる勢いの良いバイトです。

ドラグをジィジィ鳴らしながら走りまわってくれますが、この日は残念ながらラインが勝っているのでこちらが有利です。最後はフッキングが良いことを信じて抜き上げ。

すると、リグ丸のみ状態でした (^^

この魚も余裕の20cmアップ。25cm近いサイズです。

かっこいい魚体に惚れ惚れしつつ写真を撮って、約1時間の釣行を終了することにしました。

しかし、しつこいですが、本当に何度見てもメバルはカッコイイ!

お持ち帰りは、この魚も含めて、3匹となりました。

メバリング 復習・検証釣行 まとめ

と言うことで、今回はフロロ×フロロのラインシステムの検証はできませんでしたが、同じような攻めで釣果も再現でき、良い復習釣行ができたと思います。

今回は【サーティフォー 34 オービー1.6in】の手持ちが無く焦りましたが、後半は【サーティフォー 34 フィッシュライク1.5in】でもしっかりと魚とのコンタクトを確保できました。

カラーは”はなちらし”が当たっていたようですが、前半のショートバイトはオービーのテールのボールがアピールし過ぎて、そこへのバイトが集中したのかもしれないと思っています。

一口で吸い込んでしまえるフィッシュライクに替えてからフッキング率も上がったので、いろんな種類のワームをローテーションさせる意味は大いにあるな、と勉強になった釣行でした。

そして、久々にキープしたメバルでしたが、家族でおいしくいただく最小限の数にしました。

刺身とたたきをメインにおいしく頂きたいと思います。

<参考>タックルデータ

ロッド:リップルフィッシャー リアルクレセント 65JH/TZ
リール:シマノ ソアレCI4+ C2000PGSS
ライン:PE4lb+東レ バウオ エクスレッド 5lb

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)