メバリング

【メバリング】2016 Day-38しつこく通って、久々に快釣!

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

昨日は仕事が終わったのが日付が変わるくらいの時間になってしまったのですが、風も弱く、ライトゲーム的には絶好の雰囲気

タイドグラフ的にはほぼド干潮のタイミングだったのですが、何かが起こりそうな雰囲気を感じていたので、遅い時間からですが出撃することにしました。

詳細は本編の通りですが、久々に楽しめる釣果に遭遇することができました。

いきなりのメバルの反応

ここ最近はすっかりメバルの反応が悪かったので、密かな期待とリラックス精神をもってポイントに入りました。

ダメなら【サーティフォー 34 LINK50】の使用感チェックでもできれば良いか?的な感じです。

とりあえずは、エステルライン【ティクト ジョーカー】0.3号なので、ジグ単から開始します。
【ティクト アジスタSS】の0.2gに、【サーティフォー 34 オービー1.6in】“はなちらしカラー”の王道セッティングです。

狙いのエリアにキャストして、スローに巻いてくると、いきなりココンッ!とバイトが出ました。

心の準備は出来ていませんでしたが、すかさずフッキングをすると何とかフッキングしてくれました。

かる~~い手応えでしたが、一応、本命のメバルをいきなりゲットできました。

風が弱くて非常に釣りがし易い状況です。

ライトリグの操作感もしっかり感じられる状況。

引き続きショートレンジで探っていくと、すぐに反応が!

フッキングもバッチリ決まり、ほどほどの引きを楽しみつつ抜き上げると、ほどほどのメバルちゃん。

幸先よく、連続ゲットです。

とにかく、【サーティフォー 34 オービー1.6in】はなちらしカラーへの反応が良く、引き続き探っていくと、すぐに反応が出ます。

ココンッ!とリグをひったくっていく気持ちの良い当たりで3匹目をゲット。

サイズこそ伸びないものの、連発で楽しい釣り。
これぞ、ライトゲームという感じです。

更に更に探っていくと、またしてもすぐに反応が。

完全にこの日は群れが回ってきている感じです。

ほどほどの引きでサイズもほどほど (^^

小さいと感じつつ、少し前の釣果で感覚がおかしくなっているので、一度ちゃんと測ってみることに。

すると、これでも十分15cmは超えています。

地元の阪神間でメバリングをやっている限りにおいてはアベレージサイズかそれ以上のサイズ。

プロポーションもコンディションも良く、サイズの割には引きも強くて最高のターゲットです。

そして待望のサイズアップ達成

少し前のプラグゲームで、超小さいハクのようなベイトがフックにかかってきたことを思い出し、ここで【サーティフォー 34 フィッシュライク1.5in】のはなちらしカラーにワームをチェンジしてみます。

すると、答えが出るのはすぐでした。

表層を意識しつつ横の動きをイメージして探っていくと

ガンッ!!

と良型メバル独特のひったくりバイトが出ました。

ヒット直後、エステルライン用にドラグを緩めに設定していたので

ジィィィィィィィ~~

とラインが出されます。

しかし、何とか浮かせてきて、最後に抜き上げにチャレンジしますが上がりません (汗)

この日はネットを持ち込んでいたので、無理をせずにネットでランディング。

今日イチのナイスメバルです。

さすがにこのサイズは測ってみたくなるサイズです。

メジャーを当てると、久々の良型となる23cmクラスのメバルでした。

黒々としたナイズプロポーションです。

このサイズになると、形もカッコいいし、引きも格段に良くなるし、最高に楽しませてくれます。

その後も【サーティフォー 34 フィッシュライク1.5in】で探り続けると、ポロポロとバイトが出てくれて、飽きない程度に釣れてくれます。

この日はムラソイのヒットはなく、ことごとく本命のメバルバイトが続きます。

しかし、調子に乗っていた訳ではないのですが、ちょっと油断していて、ひったくりバイトのフッキングを逃してしまいました。

バイト感と、一瞬のフッキング感からサイズはそれほどでも無さそうでしたが、バラシた影響が気になります。

エリアを変えつつ探っていくと~

ココ・・・ゴンッ!!

と久々に強烈なバイトが!!

フッキング食後からジィィィィィィィィィィとドラグが鳴り続け止まりません。

しかし、この日はドラグの設定もちょうどラインに合っている感じでしたので、焦らずにストラクチャーから離す方向へ誘導しつつ走らせていると・・・

フッ!!

とテンションが手元から消えてしまいました。

しまった、ラインブレイクやってしまった!

と思ったのですが、結果はフックオフでした(涙)

掛かり所が悪かったのか?鉤先がなまっていたのか??

しかし、後悔先に立たずで、惜しい魚を逃してしまいました。
どこまでのサイズだったかは不明ですが、バラシはなんとも後味が悪いですね。

時間も時間になってきたので、これでキリがいいと判断して、ストップフィッシングとしました。

快釣メバリング まとめ そして気付き

と言うことで、ここ最近不調に喘いでいただけに、久々に満足度の高いメバリングゲームを楽しむことができました。

やはり、何と言っても20cmアップが混じってくれると嬉しいですね。

そして、この日気付いたことなのですが、同じフィールドに居る魚の活性はかなり連動するな、と言うことでした。

この事は、少し前にもTake師匠と話しをしていたのですが、ダメな日はボラの気配も感じないくらいに生命感が無いことが多いのですが、この日はほぼ最初から最後までどこかでボラが跳ねる状況でした。

やはり、魚種は違えど同じフィールドに居る魚については、やる気スイッチは共通するものがあるんだな~と改めて感じた釣行でした。

理由としては、やはり天気が下り坂で気圧が下がっていたのが一因ではないかと思いますが、それを気付かせてくれるのが元気なボラさんだったと言うことでしょうか。

こういう観点では、フィールドに着いたら、ロッドとルアーだけに集中するのではなく、フィールド全体の状況を冷静に観察して釣りをするのも、釣果に辿り着く為の大事なルーティーンかな?と言うお話しでした。

<参考>タックルデータ

ロッド:リップルフィシャー リアルクレセント 65JH/TZ
リール:シマノ ソアレCI4+ C2000PGSS
ライン:エステルライン0.3号+東レ バウオ エクスレッド4lb

ヒットルアー
■サーティフォー 34 オービー1.6in

■サーティフォー 34 フィッシュライク

■ティクト アジスタSS

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)