チニング

【チニング】自作スモラバで、チニングに挑戦

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

チニングでのフォールの釣りで、一旦は既製品のダイワ チヌラバを導入してみたのですが、ウェイトが重いものしかないことと、やはり単価が高いので根掛りの可能性が高い釣りではコスパが問題。

と言うことで、久々に自分でジグヘッドをタイイングしてみました。

ベースは1.8gのジグヘッドを使用。

バスのイメージで、グリパンやウォーターメロン系のラバーしかなかったので、ナチュラル系でタイイング。

ウィードレスガードが付いていますが、これはカットしようと思います。チヌラバでも経験したのですが、ワームを付け替えているとグニャグニャになるし、そもそも魚がヒットした時点で折れ曲がって大変なことになるので。

ラバーの量もカラーも自分の好きなようにセッティングできるのと、コストも削減できるので、しばらくはこれで試してみたいと思います。
ラバーの固定は、スレッドではしっかりフレアしないので、極細ワイヤーを利用しています。

ベースのジグヘッドのウェイトを測っていませんでしたが、完成品のウェイトはほぼ変わっていないはずです。

後は釣れるか?と、ナイスサイズが掛かった時にフックがもつのか?という点が気になります。

更に、釣具部屋でごそごそしていると、こんなものが出てきました。

Odz(オッズ・土肥富)さんから発売されていた(今残っているか不明)スコラバーという製品。

テキサスリグをラバーチューンする為のアイテムですが、これにジグヘッドを刺してしまえば簡単にスモラバができるのでは?

ということで、試してみましたが、結果は下の写真の通り・・・

やはり、ラバーをしっかり押さえ込めていないので、見た目にキレイにフレアしてくれません。

バス用のワームストッパーをフックに押し込んで、そのままラバーまで押し込めば、もう少しフレアしそうですが、手間ヒマと出来上がりを考えると、きちんとタイイングした方が良さそうです (^^;

チヌヘッドは、シンカーの際にワームストッパーが無いので、あまりタイイングには向いていない感じなので、チヌヘッドは、単体で使用し、スモラバは、バス用のフックのしっかりしたジグヘッドを使用していくのが良さそう。

また、実釣結果はアップして行きます~

■NABRA Chase Fishing TOP へ

POSTED COMMENT

  1. やんまー より:

    ぼくも自分でスモラバをタイイングしてみたんですがこんなにキレイになりますせ〜ん(^^;;
    スレッドでタイイングしてるのがダメなんですかね〜?
    ちなみにフックはがまのラウンド29を使ってます

  2. GONTA より:

    はい。スレッドで巻くと、締め込みがピンポイントにならないので、きれいにフレアしませんね。
    今度、実演でお見せしますよ (^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)