メバリング

【メバリング】2016年 風の無い日にフロートゲーム 久々の本命ゲット

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

週末のフィッシングショーと、仕事のバタバタで、先週末の釣行の記事が書けていなかったのですが、ようやく少し落ち着いたので、釣行記をアップしたいと思います。

先週末は幸いにも風が弱かったので、改めてメバリングをしっかりやろうと、フロートゲームが展開できるポイントへ、仕事上がりにひた走りました。

そう簡単には釣れてくれませんでしたが、粘れば答えが返ってくることもあるものですね。
何とか久々に本命のメバルをゲットできました。

風の無い絶妙のライトゲーム日和

さて、ポイントに着くと、天気予報がバッチリ当って、風はほぼなく、海もいい感じに凪いでいます。

当然、波も穏やかで釣りは抜群にやり易い環境。

今回は、プラッギングに【リップルフィッシャー リアルクレセント RC-65JH/TZ】を使ってみようと思っていたので、フロートリグのタックルと合わせて2タックル準備です。

フロートリグは【ヤマガブランクス ブルーカレント91/TZ LongCast】にて、凪でのプレッシャーを意識して遠投勝負のタックルです。

ラインはPEの0.2号です。

フロートは、風も波も弱いので、視認性を確保したくて、この日は遊動式の【オーシャンルーラー アクティブフロートRS】にケミホタルをセットして使用します。

オーシャンルーラー アクティブフロートRS

沖のシモリ周りを中心に、まずはフロートリグで攻めますが、この日はさっぱり反応がありません。

そこで、すぐにリグを調整して、ヒトヒロ近くリーダーを取り、ジグヘッドは軽めの0,2gにして、ひたすら漂わせるイメージで探っていきます。

1時間ほど探ってみましたが、バイトは2回。そして、その2回ともグーフーです。

気分を入れ替える為に、一度、プラグゲームに変更します。

【マグバイト ミミック】をセットしてフルキャストをすると、スプールの糸巻き面が見えるほど飛んでくれます。

【リップルフィッシャー リアルクレセント RC-65JH/TZ】はジグヘッド用のロッドですが、プラッギングでも全く問題なく使えることは確認できました。

しかし、残念ながらプラグがひったくられることなく、時間が経過していきます。

プラグにバイトが出ないので、痺れを切らせて、今度はジグ単でボトムワインドにチャレンジしてみます。

3.5gの【デコイ デルタマジック】に、【サーティフォー 34 キメラベイト】をセットして投げ込むと~

ボトムを取って、1シャクリ目で根掛り・・・

ラインの入射角が低いので、一度根掛ると脱出不能です。

仕方なくラインを切り、もう一度セットしてルアーを投入すると・・・まt直ぐに根掛り・・・

少しリグを軽くすれば回避できるかも?と思い、【デコイ デルタマジック】2.5gにチェンジしてみますが~

やはり、1投目で根掛り。

さすがに、ここはボトムでのライトワインドに向いたポイントではないと諦めることに。

しばらく時間が経過し、かなり潮位も落ちてきたので、再びフロートリグに戻します。

月は出ていないのですが、今シーズンに成果が出ている【サーティフォー オクトパスjr】のくろきんをセットして流し始めます。

沖ではいい感じに流れがあり、リグが程よい勢いで流されるのですが、思いの沖ではバイトが出ません。

そこで、何気なく、岸に近い海藻エリアにリグを投入して流してみると~

いきなり、コココン!!と明確なバイトが出ました。

心の準備が出来ていなかったのですが、しっかり食ってきてくれたようで、遅い合わせでもしっかりフッキングできました。

引きからはそれほど大型ではないのはわかりましたが、貴重なバイトだし、メバルの引きっぽいので、慎重にやり取りをしてランディング~

久々にメバルちゃんの顔が見れました。

綺麗な魚体は、色合いからしてブルーバックでしょうか?

フッキングは、いつもは口の横のカンヌキに掛かることが多いのですが、この日は上唇にフッキングしていました。ある意味、簡単にフックオフになる、危ない場所へのフッキングでしたが、何とか取れずに取り込めて良かった、とほっと胸をなでおろします。

しかし、去年は【サーティフォー 34 フィッシュライク】のときわぎん、が圧倒的に釣果を上げていたのに、今年はなかなかそれでは釣れなくて、結果が出ているのは、ほとんどが【サーティフォー オクトパス】のくろぎんです。

使う側の気持ちの問題が大きいのかも知れませんが、当たりカラーが変わると言うのは面白いですね (^^;

サーティフォー オクトパス くろきん

サーティフォー フィッシュライク ときわぎん

 

タイミング的に、ド干潮間際だったので、最後のタイミングが来たか?と期待してフロートで探り続けたのですが、その後は一切反応無し。

1匹しかメバルが居ないはずはないのですが、私の技量では、これ以上捻り出すことはできませんでした。

と言うことで、この日は1匹の釣果にてストップフィッシングとしました。

久々のメバルゲット まとめ

以上、首の皮一枚ギリギリ残った感じの釣りでしたが、途中で諦めて帰っていれば釣れなかった1匹という考え方もできますので、やはり、諦めてはダメということでしょうか (^^

去年の今頃は、毎回の釣行でもう少しバイトや釣果があったのですが、今年は水温が高かった影響と、フロートポイントでは、それ以外のマイナス要因もあり、今年は本当にバイトが少ないです。

とは言いつつ、先にも書いた通り、メバルが全く居なくなっている訳ではないので、狙えば釣れる可能性もあるし、ある程度サイズも期待できるので悩ましい限りです。

地元でコンスタントに釣果が望めるポイントがあればいいのですが、それも難しいので、スキルアップとポイント開拓を目的に、地道にチェックを続けていきたいと思います。

しかし、、、フィッシングショーで見たようなメバルを釣るには、やはり磯メバルを狙うしかないのかな? (^^;

ヤマガブランクス ブルーカレント91/TZ Long Cast
メバリングなど、フロートの釣りへの相性はもちろん、バチのシーバスにも相性Good!

リップルフィッシャー リアルクレセント RC-65JH/TZ
ブルーカレントに比べてマイナーな感じですが、感度は抜群ですね。アジングを試したい。

■タックルデータ
ロッド:ヤマガブランクス ブルーカレント 91/TZ Long Cast
リール:シマノ ソアレCI4+ 2000HG
ライン:PE 0.2号+フロロカーボン4lbリーダー

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)